2021.02.24

■感想 イ・チャンドン監督『ペパーミントキャンディ』


イ・チャンドン監督伝説の傑作『ペパーミント・キャンディー』予告編

"1999年、春。旧友たちとのピクニックに場違いな恰好で現れたキム・ヨンホ(ソル・ギョング)。 そこは、20年前に初恋の人スニム(ムン・ソリ)と訪れた場所だった。仕事も家族もすべてを失い、絶望の淵に立たされたヨ ンホは、線路の上で向かってくる列車に向かって「帰りたい!」と叫ぶ。すると、彼の人生が巻き戻されていく。自ら崩壊させ てしまった妻ホンジャ(キム・ヨジン)との生活、互いに惹かれ合いながらも結ばれなかったスニムへの愛、兵士として遭遇し た「光州事件」...。
そして、記憶の旅は人生のもっとも美しく純粋だった20年前にたどり着く...。

1999年/韓国・日本/本編130分/韓国語5.1ch/ビスタ/原題:박하사탕
(英題:Peppermint Candy)「第3回アジア・フィルム・フェスティバル」NHK国際共同制作作品"


 『ペパーミントキャンディ』Amazonプライム視聴、初見。
 『バーニング』しか観てなかったイ・チャンドンの2000年のNHK共同制作の作品。『バーニング』とは雰囲気は違うけれど、これも傑作ですね。

Pep1side 
 冒頭の衝撃的な展開から、引き込まれて時間線を遡る構成の妙にまず感嘆。丁寧に張られた伏線とその回収、細かな感情の揺れ。見事な映像描写ですね。
 ラストで示される主人公の既視感。ここだけ観るとまるでSF映画の佳作を観てるようなタイムスリップ感が画面に浮遊しています。
 次は同じくAmazonプライムに入ったイ・チャンドン監督『オアシス』を観てみます。

◆関連リンク
■感想 イ・チャンドン監督/村上春樹原作『バーニング 劇場版』
■感想 イ・チャンドン監督『バーニング』NHK放映版

| | コメント (0)

2021.02.22

■感想 山田篤宏監督『AWAKE』


映画『AWAKE』予告編

 山田篤宏監督『AWAKE』刈谷日劇にて観てきました。久々の映画館は、平日だったので客は2人だけ。

 本作は第1回木下グループ新人監督賞グランプリのオリジナルシナリオの映画化作品。AI将棋の電脳戦を描いたもの。
 この手の映画でありがちな感情の起伏を極力抑えた描写がなかなかの佳作でした。

 将棋のコマ運びは端折ってあって、将棋の局面自体はあまり分からせようとした描写にはなってない。この辺りはNetflixのチェスドラマ『クィーンズ・ギャンビット』と時期を偶然同じくして共鳴している感じ。

Awake-dennousen
 欲を言えば、AI生成過程は少しでも機械学習のメカニズムに触れて欲しかった。いかにして“人工知能”が人を超えていくかが画面に表現されてたら、せっかく大学サークル「人工知能研究会」磯野マスオ役に落合モトキという面白い役者を配していたのだから、もっと傑作になったと思うので残念でならなかった。

◆関連リンク
カントク日記 #1 映画「AWAKE」これまでの制作時系列

| | コメント (0)

2021.02.17

■入手 タイガー 機械式計算機 電動タイプ E60-3

147008019_2803484019981174_5319808818162
 長野の古道具屋さんで、タイガーの機械式計算機 電動タイプを購入。
 写真右は、以前から持っていたタイガーの手動機械式計算機。その大きさがよくわかると思います。そして何と重量は11kgと大変重い。
 機械の塊であること、この重さからメカ式の集積回路であることがわかります。

 帰ってからネットで調べると、1960年発売の電動式 初号機E60-3というものであることが分かりました。とはいえネットにはほとんど情報がなく、写真も不鮮明な2枚ほどしか掲載なく大変貴重なものと思われます。

147156837_2803484079981168_8525798918979
 恐る恐る電源投入。何と動きます!動画を掲載しましたが、割り算、足し算はできているようです。ときどき内部の切り替えレバーが引っかかって、上手くいかないのでチューニングは要りそう。

 写真の黒いのはもともと持っていた同じくタイガー計算機の手動機械式。原理は一緒だけど、手回しで計算してたのが、モーターで自動で電動計算されます。

147356334_2803484253314484_2588442718315
 ガチャガチャ内部の歯車が動いて計算している様は、まるでスティームパンクのバベッジ、ディファレンスエンジンの様で格好良い!凄く手頃な値段で買えて、暫く楽しめそうです(^^)。

 今のところ、+−のボタンで、足し算/引き算/掛け算を電動で実施できるところまでは確認しました。
 × ÷ のボタンについては、今一つ作動がどう実施されるか、よく分からずに計算は模索中です。

◆関連リンク
動画をこちらのFacebookページに掲載したので、ご覧ください。
東京理科大 電動式計算機 手動・電気計算機データベース 
・情報処理学会タイガー計算器-コンピュータ博物館
機械式計算器学会

 

| | コメント (0)

2021.02.15

■感想 フョードル・ボンダルチュク監督『アトラクション 制圧』『アトラクション 侵略』


映画『アトラクション 制圧』予告編

 フョードル・ボンダルチュク監督のロシアSF映画『アトラクション 制圧』『アトラクション 侵略』WOWOW録画見。

 SFXはなかなかの本格派でハリウッド大作レベルの出来でなかなか眼の保養になりましたw。少しストーリーは大味でご都合主義なのは残念だけれど、そこは脳内補完して楽しめました(^^)。

 『制圧』は冒頭の宇宙船落下から生物的強化スーツ等、素晴らしくゴージャス。そして『侵略』は主演女優 イリーナ・スタルシェンバウムの可憐な強さとラストの寂寞感にかぶさるビリー・アイリッシュ「I Love You」がピッタリで痺れました。
3042066_92020621066_1000x0_80_0_1_cee1ae
 あと『制圧』冒頭で中国で17世紀に30万人が死んだ隕石落下事故について触れられるシーンがあるのだけれど、全く知らなかったのでググってみたら、どうやら「王恭廠大爆発」という事件らしい。「爆発範囲は半径750m、面積2.25㎢に及び、2万人以上の死者を出した。 天然ガス爆発説、隕石落下説、隠れた火山からマグマが噴出した説」ということで原因不明の爆発事件らしい。これも想像力をかき立てられますね。

 ロシアのSF映画らしくない、ハリウッドエンタメ系狙いで肩の力を抜いて楽しめるSFアドベンチャーでした。
 にしても$6.3, $14.8 millionでここまでの大作ができてしまうのってロシアは映画制作費安いんですね。

◆関連リンク
千古謎團!明朝「王恭廠大爆炸」秒殺2萬人

| | コメント (0)

2021.02.10

■感想 ニール・マーシャル監督『ヘルボーイ』(2019)

映画全篇を楽しみたい方は、リンク先はクライマックスシーンなので、観ないことをお薦めします。また相当にグロいので御注意下さい。

Hellboy (2019) Demons in London
 ニール・マーシャル監督『ヘルボーイ』(2019)WOWOW録画見。

 ギレルモ・デル・トロの前2作と比べるとストーリーが未整理で最初、なかなか映画に入り込めなかった。

 素晴らしかったのは、ロンドンに黙示録の世界が現出するリンク先動画のシーン、ここで眼が覚めました(^^;)。

 『ゴールデン・アーミー』でも、そのイメージにリスペクトされた映像が作られていた、ポーランドの地獄を幻視する幻想画家ズジスワフ・ベクシンスキー。本作でのこのクライマックスの地獄の現出も正にベクシンスキー世界を再現している。一見の価値ありです。
Hellboy2019checker
◆関連リンク
当ブログ記事 ヘルボーイ関連
・       ベクシンスキー関連

| | コメント (0)

2021.02.08

■感想 「諸星大二郎展 異界への扉」@ 長野イルフ童画館

147518903_2803782493284660_4847021241966
「諸星大二郎展 異界への扉」@ 長野イルフ童画館

"会期 2021年1月24日(日)~2021年3月13日(土)
※会期中、一部展示替えを行います。
前期:1/24~2/16、後期:2/18~3/13
休館日 水曜日(祝日は開館)
開館時間 10:00~17:00(受付は16:30まで)
会場 長野県岡谷市 イルフ童画館 2階企画展示室"

 「生物都市」『暗黒神話』『マッドメン』『妖怪ハンター』、、、ワクワクしたあの作品群の原画を観られて感激でした。諸星氏のタッチの細部を堪能しました。
146890630_2803423916653851_3476515053863
 縄文文化の地、長野県諏訪湖近郊の岡谷市で開催されている諸星展、縄文の土偶と諸星氏の原画が対比して置かれたコーナーも、その展示空間を異界の趣に変貌させていて、実に印象的な体験でした。

146796878_2803424006653842_8265145014488
 そしてミュージアムカフェで特別メニューとして暗黒星雲チーズケーキを食し、魂は伝奇空間から遥か彼方の馬頭星雲まで飛翔しましたw。
 これが「暗黒星雲」でなく「暗黒神話」チーズケーキだったら、きっと今頃、家には帰ってこれなかったことでしょうw。

146932551_2803424059987170_3666462996866
146931471_2803424079987168_4129464307313
 ショップには数々の諸星グッズが溢れていましたが、どうしても欲しかったオオナムチTシャツもマッドメンのサイン入り版画も家内の冷たい視線にたじろぎグッと我慢なのでした。でも眼福眼福。さすがに平日だったので、観客はほぼ貸し切り状態で何とも贅沢な空間でした。

147279359_2803763089953267_6938653431140
 展示作品リストを追加しました。展示が入れ替わる、後期も観に行きたくなってしまいます。

 長野の後の巡回予定です。

"・2021年3月20日(土)~5月23日(日)
 北九州市漫画ミュージアム(福岡県北九州市)
・2021年8月7日(土)~10月11日(月)
 三鷹市美術ギャラリー(東京都三鷹市)
・2021年10月23日(土)~12月26日(日)
 足利市立美術館(栃木県足利市)"


◆関連リンク

図録『諸星大二郎 デビュー50周年記念 異界への扉』

当ブログ記事 諸星大二郎関連

| | コメント (0)

2021.01.20

■感想 歌舞伎『風の谷のナウシカ』


新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』ディレイビューイング本予告

 歌舞伎『風の谷のナウシカ』前半3時間をNHK BSPで観ました。

 中村七之助のクシャナと坂東巳之助のミラルバが良かったですが、やはりナウシカが全然ナウシカに見えてこないのが残念でした…。後篇では巨神兵オーマがどう描かれるかが注目ですね。

135231731_2778473115815598_2726877280560
 歌舞伎『風の谷のナウシカ』後篇、オーマの具象化とクライマックスのシュワの墓地、なかなかの迫力でした。

 歴史的日本SFの到達点である原作漫画第7巻の映像化として、あの壮大なイメージをリアルに描写せず、歌舞伎という手段で一種抽象化したのが、なかなか良かったのではないかと思いました。
135497888_2778473202482256_1816902749430
 原作やアニメ映画に寄った造形よりも、歌舞伎古来の表現にダイナミックに置き換えたシーンの方がどちらかと言えば、雰囲気を出せていた様にも思い、いっそナウシカやオーマの造形もそちらに振ったものを観てみたい気持ちになりました。

| | コメント (0)

2021.01.18

■感想 アリ・アッバシ監督『ボーダー 二つの世界』


アリ・アッバシ監督『ボーダー 二つの世界』予告編 

 しばらく更新が途絶えてしまいましたが、今年もボチボチやっていきますので、宜しくお願いします。
 元旦に、2021年の初映画を何にしようか迷って、WOWOW録画ディスクから選んだ、アリ・アッバシ監督、2018年スウェーデンのファンタジー?映画『ボーダー 二つの世界』。

 全く事前情報なしで観たんですが、前半不穏な展開に全然先が読めず、意外なところへ連れて行かれる感が半端でない。
 これは思ってもいなかった映画で、年明けに当たりでした。後味の悪さも、大袈裟に言えば人類の常識を直撃するが故、自分の価値観を揺さぶってなかなかの衝撃です。

 ボカシが酷くて、想像力で補ったんですが、ある意味、設定は違うけれど「ノンマルトの使者」なんかもこのテイストを導入したら凄まじい傑作になるのかもしれない。

| | コメント (0)

2020.12.16

■感想 ヒューマニエンス 40億年のたくらみ「“自由な意志” それは幻想なのか?」

20201213-185224down
 ヒューマニエンス 40億年のたくらみ「“自由な意志” それは幻想なのか?」@ NHK BSP録画見。

 伊藤計劃他、SFの先端が最近描いているテーマをわかりやすく解説した良番組でした。何と言ってもベンジャミン・リベットの例の実験を映像とグラフで見せてもらえたのはありがたかった。

 出演者のいとうせいこう氏が語るかつて神と考えられていたものを脳科学がこうした形で無意識の意志決定という形で捉えた時に哲学はどう答えていくのかとか、文学者が自動書記することとの関係が興味深く聴けました。

 番組ではあまり触れられていないけれど、じゃあ意識って何なのということがこのテーマの中心なのではと思ってしまう。

 無意識の自動的な決定が人間を駆動しているとしたら、本来の人の本体はそちらで、自由意志と錯覚している意識は実はその従属物である。
 このテーマはそんなふうに考えた時に、正に近代をひっくり返す、大きな哲学的テーマになるのだと思います。

 そこに新しい文学だったり、エンターテインメントが生まれると考えてみるとワクワクするのです(^^)。

◆感想
当ブログ 「意識」関連記事

| | コメント (0)

2020.12.14

■感想 ジョン・ファヴロー他 監督『マンダロリアン シーズン2』


『マンダロリアン シーズン2』特別映像(字幕版 / 吹替版)| Disney+

 ジョン・ファヴロー他 監督『マンダロリアン シーズン2』6本一気見。

 『エピソード6/ジェダイの帰還』の約5年後、ボバ・フェットが属す兵団の物語で初期SWリスペクトでいい雰囲気と迫力。

 ジョン・ファヴローが多くの脚本と何本か監督してて、ジェットパックで飛ぶシーンはアイアンマン継承で燃えます!

 シーズン1から2はさらにパワーアップしてる感じで、正編レベルの回もあります。
 特に予告にある谷間のスピーダーバイクとのチェイスシーンとか、アクションのレベル、絵づくりとも見事なレベル。あと数回の週末の更新が楽しみです。

 このシリーズのもう一つの楽しみは、エンディングのタイトルバックに流れる各話のイメージアートの素晴らしさ。
 Google イメージ検索 で観られます。いずれも映画本篇と同じくらいの緻密なレベルで描き込まれています。

Themandalorianchapter9conceptart06christ
The Mandalorian concept art by Christian Alzmann.
Themandalorianchapter9conceptart10christ
The Mandalorian concept art by Christian Alzmann.
Themandalorianchapter9conceptart11brianm
The Mandalorian concept art by Brian Matyas.

◆関連リンク
StarWars mandalorian 公式サイト
 イメージボードはこちらで観られます。

| | コメント (0)

2020.12.09

■感想 デイヴィッド・フィンチャー監督『Mank/マンク』&オーソン・ウェルズ監督『市民ケーン』


『Mank/マンク』予告編 - Netflix

 楽しみにしていた久々のデイヴィッド・フィンチャー監督『Mank/マンク』、Netflixの配信が今週末に始まったので、勇んで観ました。
 なかなかの傑作。ゲイリー・オールドマン演じるマンクこと脚本家ハーマン・J・マンキーウィッツが『市民ケーン』のシナリオを書き上げる経緯を描いた物語。

 『市民ケーン』を観ていないのに、こちらから観るのもいささか情けないんですがw、観てなくてもこの映画の描きたかったものは、オールドマンの素晴らしいドンキホーテな表現によって、充分伝わってきます。

 タランティーノ映画かと思う、言葉の機関銃のようにセリフが飛び交う前半。ドンキホーテと劇中のエピソード「オルガン弾きの猿」に共鳴するこれらのセリフ劇のウィットが映画を魅力的なものにしている。

Citizen_kane_side
 そして「ドルシネア」役アマンダ・サフレッドと口述筆記を担うリリー・コリンズの女優陣の充実も本作の見どころ。『ツインピークス ザ・リターン』でエキセントリックな娘を演じたアマンダのギョロ目な表情の魅力が印象的です。

 フィンチャーが『市民ケーン』の再現を狙ったという映像と音響も、見事に30,40年代ハリウッド映画的な佇まいを備えていて、タイムスリップ感が味わえます。

◆オーソン・ウェルズ監督『市民ケーン』

Citizen_kane_poster_1941_style_b_unresto 
 オーソン・ウェルズ監督『市民ケーン』@ Amazonプライム 初見。
 昨日観たデイヴィッド・フィンチャー監督『Mank/マンク』にちなんで初めて観た、数々のオールタイムベスト1に輝くマスターピース。

 ということでかなり構えて観た。結果は、面白い映画ではあったけれど、僕には残念ながらオールタイムベスト10級の作品とはとても思えなかった。

 「ザナドゥ城」から始まる冒頭は素晴らしいと思った。映画の構成、画面のアングル等、確かにこの時代にここまでという革新は感じられて面白いのだけれど、如何せん、オーソン・ウェルズの不自然な演技がどうもしっくりこない。そして単調な人物描写。

 ストーリーと人物の繊細さとダイナミックさが、どうしても感じられなくて、ちょっと残念なマスターピースでした。
 (先週観た『素晴らしき哉、人生』が素晴らしかったので落差を感じたのかもしれないです)

 『Mank/マンク』と比べると、これは後出しの有利さもあるけれどw、フィンチャーの勝利かと。ゲーリー・オールドマンとアマンダ・サフレッドでリメイクしたら、素晴らしい映画になるでしょうね(^^)。

 2作の連環、フィンチャーの描いたマンクによる脚本執筆が、そのまま『市民ケーン』になるような感じはあまりしなくって、その点は『Mank/マンク』の難しさなのかもしれない。あのマンクの呻吟する執筆シーンの描写と『市民ケーン』の物語がダイレクトに繋がるような構成/エピソードになっていたら、『Mank/マンク』は凄い高みに行っていたかもしれない(充分面白いんですがw)。

| | コメント (0)

2020.12.07

■感想 フランク・キャプラ監督『素晴らしき哉、人生!』


It s A Wonderful Life | Official Trailer
 フランク・キャプラ監督『素晴らしき哉、人生!』@ Amazonプライム初見。名作とは聞いていたけれど、これはクリスマスのファミリー映画であり、ファンタジーでありノアールであるという絶妙の奇跡の一本ですね。

 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『ターミネーター』をはじめ、コーエン兄弟『未来は今』等々、脈々とアメリカ映画にその影響が息づいていることがよく分かりました。まさに偉大なマスター・ピースですね。

 ハリウッド映画以外でも『ベルリン 天使の詩』や鴻上尚史の芝居『天使は瞳を閉じて』等々、この作品のイマジネーションは、多くのエンタテインメントにアイディアの核として影響しているようです。

119360090side
 それにしても、SFXもCGも、特殊撮影なしにこれだけ奇想な作品を完成させられるというのは、本当に脚本のアイデアの結晶ですね。日本の映画界も予算がないことで萎縮して、漫画原作や若者向けの恋愛ものを連発するのを辞めて、まだまだ脚本の練り上げでイマジネーション豊かな作品を作れるという可能性をこの映画のDNAとして学ぶといいのかもしれないです、なんちゃって偉そうにすみません。

 あと本作のリメイクはされていないわけですが、現時点既にパブリックドメインということで、ポン・ジュノに現代風のリメイクを作ってもらいたいと思いました。この映画の物語とジュノ監督の新たなアイディアが加わったら、さらに素晴らしい映画が出来上がるようなきがします。

■デイヴィッド・リンチ作品への大きな影響
 あとデイヴィッド・リンチファンとしては、リンチへの大きな影響をそこかしこに発見できたのも収穫。

20201206-210603side
 町山智浩氏が書かれている『ブルー・ベルベット』への影響以外にも、傑作『マルホランド・ドライブ』の骨格は本作の主題の変奏曲とも考えられるし、『ツイン・ピークス ザ・リターン』の世界が大きく座標をずらすところは本作の現代的パスティーシュに見えます。

 果てはリンチが演じたツイン・ピークスのゴードン・コール捜査主任の役の設定、耳が悪く大声で喋るところは、本作の主役ジェームズ・ステュアート演じるジョージ・ベイリーのコピーに見えてきます。

 細かいところでは、ジョージの家の住所がシカモア通り、ピーカーの皆さんはニヤリとする名称です。
 上で述べた影響を受けた作品群との差は、アイディアの借用レベルでなく、リンチはこの映画の本質的な部分を自身の作品の骨格に導入しているところ。根がずっと深いです。

 何にしてもリンチファンが足を向けて寝られないw位に影響を受けた偉大な奇想映画、しかもラストの感動の質はリンチが獲得できなかったもので、いつの日かさらにリンチの幻の進化の一つのイマジネーションを幻視させ、感嘆の一作でした。

| | コメント (0)

2020.11.30

■感想 MTJJ木頭監督『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』


『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』アクションシーン

 MTJJ木頭監督『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』@ミッドランドスクエアシネマにて観てきました。

 アトロクにて、スーパーアニメーター 井上俊之氏の大絶賛を聴いて、これは観るしかないととても楽しみに観たわけですが、期待にたがわぬ大エンタメ作で楽しめました。

 話の展開ももちろん作画も素晴らしい出来。
 ただ、井上氏が大絶賛したアニメーションの完成度は、確かに凄いとは思いましたが、とは言え、井上氏が言うほど、日本のアニメが作画面で負けていると言う感じまではしませんでした。(アトロクの井上コメントを聴き直すと、アクションの作画シーンは日本でも近いものはあるが、映画のエンタメとしての完成度とアニメ制作のあり方で、どちらかと言うと日本は突き放されているのでは、と言うコメントでした)

 作画面ではアトロクで監督のMTJJ氏のメールの回答として、5人いる作画監督のうち、筆頭の「馮志爽(フーシーソウ)氏の功績が大きい。どのシーンも彼が最初にレイアウトを描き、動作の幅が大きい場合は何枚か描くこともありました。そして原画や第二原画の段階でも彼によるチェックと修正が入っています。つまり彼なくしてこの作品は成り立たなかったということです」とコメントされている。

 統一された映像は、この馮氏の功績であるとのこと。しかし信じられないのは、本当に一人の作画監督で全シーンレイアウトと作画のトーンを合わせるための第一第二原画修正を実現できるのか、と言うこと。これはおそらく宮崎駿監督全盛期でもできていないレベルの仕事量なのではないかと。

20201129-212933downside
 僕が思ったのは、アクションシーンとそれ以外のシーンの統一感があるかと言うと、絵柄がかなり違う印象を持った。特にアクションシーンでのデフォルメ描写は、日常シーン/ギャグシーンの漫画的デフォルメ(眼が星になったり,三頭身になったり)とは明らかに異なり、リアル系の迫力を出すためのデフォルメ描写だったから。

 そこから考えると、おそらくアクションシーンは全篇が馮志爽氏の手が入っていて、もしかするとそれ以外のシーンは別の4作画監督に任せられていたのではないかと言う推測です。この辺りは今後の情報と分析研究を待ちたいものです。

 そのリアルにデフォルメされたアクションシーンですが、世に言われている松本憲生氏の『NARTO』等のアクションの影響は、僕もすぐ想起しました。スピードは観客が見える極限まで速く、しかしアクションのロジックはきっちり描くこと、と言う監督が定めたラインがうまく表現されていると思いました。

 ただ、本当にどう描いてるんだろうという、何度もコマ送りしたくなるようなシーンは数箇所だった記憶。これは何だ! ってところは真ん中より少し前にあった記憶です。サムネイルで引用したアクションシーン抜粋動画には残念ながら入ってません。

 冒頭に引用した動画のアクションシーンから、コマ送りして観てみると、上記コマ送りで作成してみた画像の右下の数字(各画像の連続するコマ数)を確認いただきたいが、派手な動きのシーンは、全てコマが1-3コマで任意に、動きに応じてコマ数が変えられていることがわかる。

 コマが2-3コマと続くところでも背景は全コマ少しづつ移動されているので、そこは全コマ背景画像は動いているが、手前の人物作画は1-3コマ打ちになっている。このコマの数を任意に変えるのは、日本のアクションアニメのお家芸だが、しっかりとこの中国アニメにDNAが伝わっていることがわかる。

 最後に特筆したいのは、映画の厚みをさらに押し上げていた音響の厚みの素晴らしさです。ミッドランドスクエアシネマは、名古屋でもかなり音響が立派な映画館なのでそれが良かったこともありますが、音響のきめ細やかさとダイナミックさが映画に深い厚みを加えていたと感じました。

◆関連リンク
・当ブログ記事 ■ガイキングオープニング 金田伊功の作画の進化
 日本のアニメアクションの代表的アニメーター金田伊功さんの後期の作画。今回と同じように各コマの右下にコマ数を明示したもの。
 馮志爽(フーシーソウ)氏作監による上記作画と比べると1コマ打ちのシーンが続いたりして、よりダイナミックなメリハリが強調されているのが判る。この辺りが、『羅小黒戦記』の作画の快感が、まだ金田伊功レベルまで上がっていない理由と思うのだけれどどうだろう。

| | コメント (0)

2020.11.25

■感想 玉川真吾監督『PUPARIA』


PUPARIA
 ショートフィルム 玉川真吾監督『PUPARIA』、素晴らしく緻密な作品!
 『海獣の子供』を超えたイマジネーションに溢れた絵ですね。

 このショートフィルムは、新千歳空港国際アニメーション映画祭の日本コンペディション部門にノミネートされている作品。

20201122-175628checker
 奇妙な味わいの深い絵の魅力をリンク先の動画でお楽しみください。

Twitter 玉川真吾(ShingoTamagawa)

 ”PUPARIA”の読みは「ピューパリア」。
 日本語では「蛹」(さなぎ)、「蛹殻」といった意味です。"

新千歳空港国際アニメーション映画祭 コンペティション受賞結果
 残念ながら本作は受賞には至らなかったようです。

| | コメント (0)

2020.11.23

■情報 最新シュヴァンクマイエル・インタビュー

Svankmajer-20201122-171824

Jan Švankmajer: Plenty of Reasons to Revolt(Google翻訳)
 (反乱を起こす理由はたくさんあります)

"「アートはほとんど死んでいる」とあなたは映画ルナシーズの冒頭で言います。これは、現代アーティストが単なるネクロマンサーであり、彼らの作品がゾンビであることを意味しますか? それにもかかわらず、あなたはまだいくつかの現代のアーティストを注目に値すると思いますか?

シュヴァンクマイエル
私は、映画に限定するならば、私はここ[チェコ共和国で]David JařabとKarel Vachek。David Lynch または Quay兄弟の名前を挙げるでしょう。

近年、3D映画のトレンドが高まっています。「立体」映画には、商業的だけでなく創造的な可能性もあると思いますか?

シュヴァンクマイエル
 個人的には、3Dではないかもしれないシネマトグラフィーにもっと興味がありますが、より触覚的で、嗅覚的で、味を伝えることができるようになる方法を探しています…
 私の意見では、映画だけでなくすべての芸術は、共感覚の更新を探すべきです。話題性に関しては、私たちの文明は、全体論的な見方を犠牲にして、ますます狭い専門分野に引き寄せられていると私は信じています。共感覚は、ある感覚から別の感覚に感情をこぼすことによって、私たちの創造的なプロセスに感情的な可能性全体をもたらします。"

 2020年11月3日付でネット公開されたらやん・シュヴァンクマイエルの最新インタビュー。
 上は、興味深い部分を抜粋し、Google翻訳の日本語を掲載。

 特に興味深いのは、シュヴァンクマイエルが映画の分野で、注目する現代のアーティストとして、クエイ兄弟と並んでディヴィッド・リンチの名を挙げていること。どの作品に興味を持っているのか、不明であるけれど、シュヴァンクマイエルとリンチのファンである自分としてはとても嬉しい。

 本当は、リンチの今のところの映像作品の最新作、『ツイン・ピークス リミテッドシーズン』の感想を聞きたいところだけど、特にここには具体的な作品については述べられていない。

 引用した後半の質問。3Dに関する質問で、3D好きの私としてはとても興味深い質問なのですが、残念ながら、3Dより触覚聴覚映画への興味の方が大きいようです。もちろん触覚のシュルレアリスムを標榜するヤン監督のことですから、想像できる回答ですが、今後のVR技術の進化で、触覚の記録再生ができるようになったら、ぜひ、作品を作って頂きたいものです。

◆関連リンク インタビューで挙げられているチェコのアーティストについて以下、リンクです。
David Jařab (wiki) (Google翻訳)
 1971年生まれのチェコの監督で、今までに2本の長篇があるらしい。ブルノシュルレアリストグループAIVの一員とのこと。Google動画検索
Karel Vachek (wiki) (Google翻訳)
 1971年生まれのチェコのドキュメンタリー映画の監督とのこと。Google動画検索
 お二人の作品、いつか観てみたいものです。







| | コメント (0)

2020.11.20

■感想 アーロン・シュナイダー監督、トム・ハンクス脚本/主演『グレイハウンド』


GREYHOUND - Official Trailer (HD) | Apple TV+
 アーロン・シュナイダー監督、トム・ハンクス脚本/主演『グレイハウンド』をApple TV+ 初見。

 これは傑作ですね!第二次世界大戦のアメリカ海軍大西洋護送船団の駆逐艦とドイツ軍Uボートの激戦。「駆逐艦キーリング」という小説の映画化とのことだけど、トム・ハンクスの脚本が素晴らしい。

 セリフによる感情表現を抑え、態度と目線で人間関係を描き、ただひたすら48時間連続の戦闘を息もつかせず、91分で描き切った手腕。戦闘シーンの組立ても終始駆逐艦艦長のトム・ハンクス視点で体感的に描いて臨場感満点。

 時々挿入される俯瞰視点の映像が戦闘の冷ややかさを感じさせ、Uボート浮上時の独特の鯨の悲鳴のような音楽が盛り上げるサスペンスも素晴らしい。

 エンディングのタイトルバックの映像もグッときます。コロナで配信のみの公開となった本作、こんな映画こそ映画館で観たかったですね。

◆関連リンク
Large Format, Small Space: How 'Greyhound' Puts You Right in the Middle of a WWII Naval Battle (Google自動翻訳)
 本作のCGについて、以下の引用写真で、解説されている。
Sidewing_01

| | コメント (0)

2020.11.16

■感想 「漫勉neo 諸星大二郎」

20201115-175415down

 「漫勉neo (5) 諸星大二郎」(NHK公式HP) (動画はリンク先からNHK+で観られます)

"「マンガ誕生」の瞬間を同時体験する異色のドキュメント。第5回は伝奇ミステリーの巨匠「諸星大二郎」。執筆部屋には骨!?伝説的な奇才が紡ぎだす不思議な世界は必見!

普段は決して立ち入ることができない漫画家の仕事場にカメラが密着、その貴重な映像をもとに浦沢直樹が同じ漫画家の視点から切り込んでいく。▽第5回は伝奇ミステリーの巨匠・諸星大二郎▽重ねた線で描かれる独特の不穏な雰囲気▽漫画家が憧れる唯一無二のイマジネーションの秘密とは?▽「漫勉」史上最も無口な、驚きの素顔▽画業50年なのに「絵に自信がない」!?▽修正液、原稿の切り貼りと超アナログな執筆。永久保存版!"

 いやー良いもの見せて頂きました。初めて観る諸星さん御本人の動く映像とそのペン先と鼻歌w、最高でした。

 中高生の頃の漫画のスターは星野之宣、諸星大二郎の順でしたが、今は圧倒的に諸星。「はるかなる朝」「生物都市」の初登場のジャンプの衝撃は忘れられません。

 今回の慢勉neo はそのお二人の制作風景が観られたということで、もう至福ですね。

 その諸星回、浦沢直樹の推測する諸星漫画の秘密、こうでしょう?の質問をほぼ無言でスルーするところが、まさに諸星漫画そのものの底知れぬ魅力を表していました。

 浦沢曰く「下描きの鉛筆の線の様な確定しないペン入れで表現が固まらない魅力」はある面、諸星漫画の事を評しているのですが、それはどちらかと言うと、浦沢の漫画の限界(カッチリしすぎた絵で読後の広がりが限定されつまらない)を自ら語っているだけで、無言でスルーする諸星のコアには、何だか響いていない様だった。巨匠の秘密は?

 我々読者は、この諸星の無言とペン先の動きをヒントに、今日も諸星漫画の底知れぬ魅力を追いかけるしかない…という結末。
 これでこその諸星大二郎!

◆関連リンク

巨匠漫画家・諸星大二郎氏の、見逃せないTV出演。『エヴァ』『ナウシカ』にも影響

201110dmoroboshi02checker

デビュー50周年記念 諸星大二郎展 異界への扉(北海道立君大美術館)

"本展では、諸星大二郎のデビュー50周年を記念し、代表作の原画約350点を中心に、作品世界に関わりの深い美術作品や歴史・民俗資料などをあわせて展示。読む者を「異界」へと導く魅力の原点へと迫ります。
会期 2020年11月21日(土)〜2021年1月17日(日)

前期:11月21日~12月13日
後期:12月15日~2021年1月17日
※会期中、一部展示替えを行います

会場 北海道立近代美術館"

諸星大二郎 デビュー50周年記念 異界への扉』図録(11/21発売Amazonで予約可)

"デビュー50周年記念の豪華大展覧会「諸星大二郎展 異界への扉」の公式図録。
名シーンの原画、作品に関連する貴重な土器や絵巻などの美術品・民俗資料、
10万字に及ぶ作品解説、諸星大二郎1万8千字最新インタビューを収録。
本書のための描き下ろしイラスト「アマビエ姫の上陸」も掲載。超永久保存版。

●諸星大二郎 描き下ろしイラスト3作品
「アマビエ姫の上陸」「展覧会メインビジュアル」「ご挨拶色紙」

●代表作の原画、作品に関わりの深い美術作品や歴史・民俗資料をたっぷり掲載。
1章 【1970年デビュー】 「異界」への出発点
2章 【日常/非日常】 異界への扉
3章 【民俗学/人類学/考古学】 再構築された「異界」
4章 【日本の神話/伝説/文学】 深遠にして身近な「異界」
5章 【中国の神話/伝説/文学】 長大な歴史の「異界」を描く
6章 【西洋の神話/伝説/文学】 異界の西洋 ―― もうひとつのナラティブ
7章 【博物誌/書誌】 諸星的「異界」の体系化
8章 【アート】 異界の扉の鍵

●諸星大二郎 50周年インタビュー
会場で展示する全作品について自ら語る、最新1万8千字インタビューを収録。

●特別寄稿 鎌田東二 「異形の神智学者」

●総論 「諸星大二郎世界の万博、あるいは旅行案内」
●評論1「異界の扉が開くとき、あなたは今のあなたですか?」
●評論2「世界夢の人」
●評論3「栞と紙魚子のはみだし書籍案内」
●評論4「童話と漫画」

●諸星大二郎 作品年譜
●展覧会 全出品リスト"

| | コメント (0)

2020.11.11

■情報 芸術デュオ「モスマイスター」: Mothmeister の「ワンダーランド」

123302430_4839238432782755_6781212742416

Artistic duo Mothmeister have created a place they call “Wounderland”.

‘It is a land in which grotesque creatures, in fascinating yet disturbing masks, stare out from barren wastelands, usually accompanied by mounted and stuffed animals. Unconventional and enchanting, the fairytale world of Mothmeister is at once reminiscent of a bygone age, while subtly criticising today’s ever-present ‘selfie’ culture, and the beauty standards imposed by the media.’

 芸術デュオ「モスマイスター」による「ワンダーランド」。これは素晴らしい暗黒の世界。僕が文字で紹介するより、すばらしい画像と映像をご覧ください。
 こんなキャラクターが出てくる映画があったら、是非観たいですね。
 動物好きの方は、閲覧をお控え下さい。
モスマイスター: Mothmeister 公式Facebook

Weird and Wonderful Post-Mortem Fairy Tales - Mothmeister

MOTHMEISTER Weird and wonderful post-mortem fairy tales


ひゃー、素晴らしい暗黒の輝き!

| | コメント (0)

2020.11.09

■感想 チャーリー・カウフマン監督『もう終わりにしよう。』


チャーリー・カウフマン監督作『もう終わりにしよう。』予告編 - Netflix
 チャーリー・カウフマン監督『もう終わりにしよう。』(原題:I'm Thinking of Ending Things)をNetflix初見。

 『脳内ニューヨーク』『アノマリサ』という異色作を撮り続けているカウフマン、今回はNetflixオリジナル作品としての公開です。今回も相当の異色作で、一言でいうことのできない濃縮小説(コンデンスト・ノヴェル)ならぬコンデンスト映画。

 言ってみれば、初めて彼氏の実家を訪れる女性の巡るスリラー版2001年宇宙の旅、とでもいう他ない、なんとも奇妙な一篇。

Imthinkingofendingthings607x900side
 主役の女性を演じたジェシー・バックリーが素晴らしい。特に痺れたのが冒頭の車の中で彼女が「犬の骨」という詩を詠むシーン。この詩を起点に複層的な現実が立上がる中盤のサスペンスが素晴らしい。

 秀作を生み出しているNetflix映画の今年の成果の一本だと思います。

◆関連資料
当ブログ チャーリー・カウフマン監督 関連記事

| | コメント (0)

2020.11.02

■感想 Oculus Quest 2 体感

20201101-215304
 Oculus Quest 2、来ました。
 メガネの上にかぶると大きさがキツいという情報もありましたが、僕は大丈夫でした。
 流石の解像度アップでVR世界が自然に感じられ没入感が上がっています。

 装着感は確かにQuest 1より軽くなってていい感じ。値段も随分こなれてきてVRの普及にかなり貢献しそうですね。
 うちのニャンコ、また怪しげなものが来たぞ、と興味津々(^^)。


The Key (2019) | Official Trailer
セリーン・トライカート:Celine Tricart監督『The Key』

" シーンごとに強いメッセージを持つ物語構成でインタラクティブなバーチャルリアリティを体験できます。
" 参加者は夢の中を冒険する旅に出て、課題を解いたり難しい判断を突きつけられたりします。この旅を通じて隠されていた真実が明らかになり、新たな美が現れます。『TheKey』はトライベッカ映画祭でStoryscapes Awardを、ベネチア国際映画祭で最優秀VRの審査員大賞を受賞しました。

 Celine Tricart監督の VR短編映画 『The Key』をOculus Quest2にて体感。視点固定ではなく、その世界の中を動き回りつつ、周り360度の空間ごとの映像を味わう、まさにVR映画。
 トライベッカ映画祭でStoryscapes Award、ベネチア国際映画祭で最優秀VRの審査員大賞を受賞したというが、完成度とメッセージが素晴らしい。
 抽象と具象の中間ぐらいのこのCGワールドで印象的な世界を体感した後に示される、この現実世界の像。まさにその世界に入り込んで体験する新しい映画の一本。
Thekey1checker
 今後、こうした新しい没入映画がどこまで、進展していくのか(恐らくあと100年も立てば映画は全部こうなるはず)、見届けられるのはどこまでなのか分からないが、未来映像をできるだけ体感していきたいものである。
 先日観てきた『異端の鳥』のVRリメイクが将来作られたら、3時間体感したら、かならず精神的にいびつな"成長"を、観客は遂げることとなるでしょう。


'Mission:ISS' from Oculus, Available Now!
「Mission:ISS」

 もう一本、Oculus Quest2で体感した宇宙ミッションを紹介します。

 これは ISS 国際宇宙ステーションの中を宇宙飛行士になって、無重量空間を疑似体験できるVRアプリ。
 自分の身体はもちろんVRゴーグルをかぶっているだけで地球の重力圏にいるのだけれど、周りのISS内部の空間が、無重量空間を浮遊しているように縦横に映像として動くため、その「反作用」で、まるで身体が無重量空間に浮かんだ様な錯覚が発生する。

 そして両手のコントローラでISSの内壁や周りの機器をつかんで、身体を360度方向に動かす。そして各ISSモジュール内を動き回るわけです。時々、船外を覗ける窓があって、そこから宇宙と地球とISS外観を観ることができるリアリティ。

 Quest2の解像度で、なかなかの臨場感が確保されていて、つかのま、宇宙旅行が楽しめるのでした。この操作方法で、宇宙映画的に事件に巻き込まれるものが出てきたら、是非とも体験してみたいものです。

◆関連リンク
Oculus Touch専用「Mission:ISS」レビュー VRで無重力空間の神秘を体感しよう

| | コメント (0)

«■見学記 藤森照信氏 建築「ラコリーナ近江八幡」