« ■J・D・サリンジャー「笑い男」と神山健治『攻殻機動隊 S.A.C.』 | トップページ | ■イノセンス解体論/メイキング・イノセンス »

2004.05.15

■シュヴァンクマイエル映画祭 続報

 シュヴァンクマイエル映画祭プログラムが公開されました。全33作品 ! トークイベントなども今後発表とのこと。

オテサーネク』('00)、『悦楽共犯者』('96)、『ファウスト』('94)、『フード』('92)、『プラハからのものがたり』(シュヴァンクマイエルへのインタビュー作品/'94)、『スターリン主義の死』('90)、『肉片の恋』('89)、『フローラ』('89)、『闇・光・闇』('89年)、『アナザー・カインド・オブ・ラブ』('88)、『男のゲーム』('88)、『セルフポートレート』('88)、『アリス』('87)、『陥し穴と振り子』('83)、『地下室の怪』('82)、『対話の可能性』('82)、『アッシャー家の崩壊』('80)、『オトランタ城』('73~79)、『レオナルドの日記』('72)、『ジャバウォッキー』('71)、『コストニツェ』('70)、『ドン・ファン』('70)、『家での静かな一週間』('69)、『ワイズマンとのピクニック』('69)、『部屋』('68)、『庭園』('68)、『自然の歴史(組曲)』('67)、『エトセトラ』('66)、『棺の家』('66)、『石のゲーム』('65年)、『J.S.バッハ-G線上の幻想』('65)、『シュヴァルツェヴァルト氏とエドガル氏の最後のトリック』('64)

 プラハからのものがたりが実は凄く好きです。シュヴァンクマイエルへのインタビュードキュメントなのですが、これがとても彼の人となりを表していて、味があるのです。ラストのシュールレアリストのうしろ姿が特にかっこいい。

|

« ■J・D・サリンジャー「笑い男」と神山健治『攻殻機動隊 S.A.C.』 | トップページ | ■イノセンス解体論/メイキング・イノセンス »

コメント

旅するランナーさんが、ガンブラギャラリー訪問記をアップされました。お宅訪問/ヤン・シュヴァンクマイエル編。ガンブラギャラリーの通りの雰囲気が堪能できる写真つきです。

投稿: BP@究極映像研 | 2004.07.24 18:14

チェコアートって、やっぱり、秘密っぽいんでしょうか?
日記も、こっそり書きますので、お見逃しなく。
また、幻視の元に加えて下さい。

投稿: 旅するランナー | 2004.06.21 16:29

 旅するランナーさん、おはようございます。
>>ガンブラ・ギャラリーは、確か、プラハ城の西のあたりにありましたネ。
 日本の雑誌Luca - Esquire Magazine Japan -で、「秘密のチェコアート」という特集があり、「ART SPOT MAP IN PRAHA」という地図が付録でした。これを見るとプラハ城のすぐ西ですね。地図と同誌のガンブラ・ギャラリーの記事を見ながらチェコを幻視しています(^^;)
 記事によれば、エヴァ・シュバンクマイエロヴァの陶器作品も販売されているとか。
>>EURO2004が終わったら、(スミマセン)、日記に書きますネ。
 楽しみにさせていただきます。

投稿: BP | 2004.06.20 06:52

BPさん

日本の方と話ができるのが、僕は、大変嬉しいです。

ガンブラ・ギャラリーは、確か、プラハ城の西のあたりにありましたネ。
Novy Svet(新世界)という名前の、たくさん芸術家が住んでいるらしい通りの近くだったと思います。

EURO2004が終わったら、(スミマセン)、日記に書きますネ。

投稿: 旅するランナー | 2004.06.18 00:26

 旅するランナーさん、こんばんは。
 コメント、ありがとうございます。

>>「ヤンの食卓bbs」、楽しそうですネ。
>>チェコよりも、日本の方が、いろいろと情報は入ってきやすいのかもしれませんネ。

 「ヤンの食卓bbs」の皆さんのアンテナが感度良いので、いつもいろんな情報を教えてもらって楽しんでいます。日本のシュヴァンクマイエル情報は「ヤンの食卓bbs」で確実につかめるのではないでしょうか。

 これからも、チェコの生の情報、楽しみにしております。

投稿: BP | 2004.06.17 22:45

「ヤンの食卓bbs」、楽しそうですネ。
思わず、書き込みしちゃいました。

チェコよりも、日本の方が、いろいろと情報は入ってきやすいのかもしれませんネ。
僕も、アンテナ張り巡らして、頑張ります!

これからも、よろしくお願いします。

投稿: 旅するランナー | 2004.06.17 18:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/595647

この記事へのトラックバック一覧です: ■シュヴァンクマイエル映画祭 続報:

» 骸骨礼拝堂 -コストニツェ- [Copelandia]
別サイト「Cheskiss」に、骸骨礼拝堂「コストニツェ」の特集を公開しました。14世紀にペストで死した3万人の骸骨を使って装飾されたオブジェの数々は圧... [続きを読む]

受信: 2004.10.16 01:05

« ■J・D・サリンジャー「笑い男」と神山健治『攻殻機動隊 S.A.C.』 | トップページ | ■イノセンス解体論/メイキング・イノセンス »