« ■押井守著『これが僕の回答である。―1995-2004 押井 守』
              (㈱インフォバーン刊)
| トップページ | ■北原照久著『20世紀我楽多図鑑』(PARCO出版) »

2004.06.06

■『村上春樹全作品 1990~2000 第1巻 短篇集I』

村上春樹全作品 1990~2000 第1巻 短篇集I (Amazon)

 今年のはじめに『ダンス・ダンス・ダンス』を読んで、今頃なぜか村上春樹にハマルという体たらく(^^;)。今までも適当には読んでいたのだけれど、何故か今年は相性がよく既に10冊目。生っぽいけれども硬質でふわふわしたあの文体がたまらない感じ。今年『風の歌を聴け』から初期長編も全部読み直したけど、以前違和感のあったこんな生活あるかぃ!という感じが今回嘘のように感じられず、小説読むことの不思議をなにやら感じている次第。

 で、この短編集について。のちに『ねじまき鳥クロニクル』に登場する加納クレタが登場する「加納クレタ」。この短編も不思議な雰囲気で好きだけど、「我らの時代のフォークロア――高度資本主義前史」のせつない感じとか、「ゾンビ」の薄気味悪さが良いです。

 あと超短編集『夜のくもざる』もこの巻に収録されている。「動物園」「天井裏」といったあたりが好き。こんななんでもないけれど、なにやらイメージを喚起する作品群はたいへんに気持ちよく読める。このような超短編をもっともっと書いてもらいたいものです。

『ダンス・ダンス・ダンス』講談社文庫(Amazon) は、村上の最高傑作と思う。
『夜のくもざる―村上朝日堂超短編小説』 新潮文庫(Amazon) やはりこの作品は安西水丸の絵とともに読みましょう。

|

« ■押井守著『これが僕の回答である。―1995-2004 押井 守』
              (㈱インフォバーン刊)
| トップページ | ■北原照久著『20世紀我楽多図鑑』(PARCO出版) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/721679

この記事へのトラックバック一覧です: ■『村上春樹全作品 1990~2000 第1巻 短篇集I』:

« ■押井守著『これが僕の回答である。―1995-2004 押井 守』
              (㈱インフォバーン刊)
| トップページ | ■北原照久著『20世紀我楽多図鑑』(PARCO出版) »