« ■映画『LORELEI ローレライ』製作記者会見レポート | トップページ | ■『ビッグフィッシュ―父と息子のものがたり』
      ダニエル・ウォレス著/小梨 直訳(河出書房新社) »

2004.06.19

■黒沢清監督『ドッペルゲンガー』(2003)

 ドッペルゲンガー公式ページ http://www.doppel.jp/(「doppel.jp」というのも凄い)
 役所広司主演の、、、、ホラー?ブラックコメディ?ロードムービー?サイコムービー?。 と紹介に困るようなジャンル不問の映画になっている。
 前半はシリアスなホラーのタッチで、『CURE』から黒沢清にはまった僕は傑作の予感を持ったのだけれど、、、。後半の黒沢の暴走についていけなかったというのが正直な感想。『ニンゲン合格』『カリスマ』といった不条理全開映画もあの独特の雰囲気で好きなのだけれど、これはそうした映画ともちょっと違う。エッセンスはあるのだけれど、、、。ユースケサンタマリアの中味のない無軌道な不気味さに象徴されるように、いままでの自作のどれにも似ていない映画を黒沢監督は目指してのかもしれないが、今回は新境地と誉められる清新さは感じられなかった。

★★以下ネタバレ★★
 前半、ドッペルゲンガーの描き方は面白かった。『回路』や『CURE』みたいに、境界線上に現れるモノではなく、堂々と存在し、しかも当人の死後もいついてしまうずうずうしいドッペルゲンガー。本人死後にも存在してしまうというのは新機軸。びっくりしたし先の展開が期待された、、、、。
 あとこの映画、「人工人体」というウェアラブルマシン開発のエンジニアが主人公で、SF的タッチもあるので、おっ、黒沢のロボットSFと期待したのだけど、そこはサラリーマンエンジニアの苦悩とかへ収斂していって盛り上がりに欠けた。ウェアラブルマシンもちゃっちいし、、、、残念無念。
ドッペルゲンガーDVD(Amazon)
・究極映像研記事 『アカルイミライ』

|

« ■映画『LORELEI ローレライ』製作記者会見レポート | トップページ | ■『ビッグフィッシュ―父と息子のものがたり』
      ダニエル・ウォレス著/小梨 直訳(河出書房新社) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/770968

この記事へのトラックバック一覧です: ■黒沢清監督『ドッペルゲンガー』(2003):

» [ ドッペルゲンガー ] [Watchers High]
アトラクションの入口はホラー。出口はコメディ?。「あれ、今のは何だったんだろう。」って、混乱している感じ。「何処で、変わっちゃったのかなぁ」と、その変調ぶりが可... [続きを読む]

受信: 2004.09.07 21:50

» ドッペルゲンガー [カフェビショップ]
ドッペルゲンガー ホラーと思いきやコメディー。 最初のほうはけっこう不気味でホラーっぽいんだけど、 ドッペルゲンガーと接触して話をしだすとこれがもうおっかしいんだあ。 たまんないねえ。 よ!だもん。めちゃ陽気なドッペルゲンガー。 ぷくくくく~って感じで笑..... [続きを読む]

受信: 2005.11.26 06:55

« ■映画『LORELEI ローレライ』製作記者会見レポート | トップページ | ■『ビッグフィッシュ―父と息子のものがたり』
      ダニエル・ウォレス著/小梨 直訳(河出書房新社) »