« ■シュヴァンクマイエル映画祭開催!! | トップページ | ■香川県直島『地中美術館』オープン »

2004.07.24

■京極夏彦 実相寺昭雄に会う

■週刊大極宮バックナンバー■
 『姑獲鳥の夏』の映画化関連情報です。
 直接リンク張れないんで、上のリンクから「第164号 2004.7.16 ■さまよう厨子王 ~ 京極夏彦のコーナー」を見てください。

 制作サイドからの経緯説明やら展開予定などなど。とにかく本格的な「映画」が作りたいんだというアツイ決意表明が。
 小説を映像化したいんじゃなくて、映画を作りたいんです、彼らは。
 で、監督です。
 実相寺昭雄さん。うわー。いや、ボクらの世代にはやはりうわー、なんですね。
 ただひとつだけご要望がありました。
 脚本中の中禅寺のセリフの一部が気になるので、手を入れて欲しいということでした。
 監督の意図をお聞きしまして、お引き受けいたしました。(京極談)

 写真が掲載されていますが、二人の会談の絵は、まるで「妖怪と妖怪戯作者の邂逅」の図(^^;)。実相寺監督、ますます妖怪風に磨きがかかっていますね(失礼)。鴉天狗というか、、、、いませんでしたっけ?こんな妖怪?(とことん失礼)
 京極夏彦がシナリオらしきものを手にしている写真があります。どの部分に手を入れたのか、興味深いですね。
 「小説を映像化したいんじゃなくて、映画を作りたいんです、彼らは。」この言葉を信じて来年を待ちましょう。
◆関連記事 ■京極夏彦『姑獲鳥の夏』 実相寺昭雄監督で05年夏映画化

|

« ■シュヴァンクマイエル映画祭開催!! | トップページ | ■香川県直島『地中美術館』オープン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/1037023

この記事へのトラックバック一覧です: ■京極夏彦 実相寺昭雄に会う:

« ■シュヴァンクマイエル映画祭開催!! | トップページ | ■香川県直島『地中美術館』オープン »