« ■京極夏彦『百器徒然袋 風』(講談社ノベルス) | トップページ | ■堤幸彦監督『恋愛寫眞 Collage of our Life』(2003) »

2004.07.17

■STUDIO4℃ 映画『マインド・ゲーム』の
              CGメイキングプロセスを公開

 Too/ディスクリート/STUDIO4℃、今夏公開予定の映画『マインド・ゲーム』のCGメイキングプロセスを公開(ascii24.comより)

 湯浅政明劇場初監督作品『マインド・ゲーム』のCGについて、メイキングのセミナーが開かれたようです。上記リンクには製作過程の写真も載っています。公開は8/7(ですが、名古屋はまだ未定のようです)

 『マインド・ゲーム』は最初から3ds maxで作ろうと考えて、“max”というチームを新たにSTUDIO4℃の中に作った。そのきっかけは、とにかくコストパフォーマンスが高いからです
 まず最初は従来のアニメーション制作と同様に、アニメーターによる手書きのレイアウトで背景/キャラクター/オブジェクトなどの造形や配置を決める。次に美術によって描かれた背景素材をイメージスキャナーで取り込んで、3Dオブジェクトに張り込む。最後に完成させた各素材を組み合わせてアニメーションを仕上げる、という手法で行なっていた。

公式HP

|

« ■京極夏彦『百器徒然袋 風』(講談社ノベルス) | トップページ | ■堤幸彦監督『恋愛寫眞 Collage of our Life』(2003) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/987604

この記事へのトラックバック一覧です: ■STUDIO4℃ 映画『マインド・ゲーム』の
              CGメイキングプロセスを公開
:

« ■京極夏彦『百器徒然袋 風』(講談社ノベルス) | トップページ | ■堤幸彦監督『恋愛寫眞 Collage of our Life』(2003) »