« ■「どこでもASIMO」は、こんなでした | トップページ | ■広島国際アニメーションフェスティバル
        山村浩二監督『頭山』がグランプリ受賞 »

2004.08.21

■究極食物 『納豆ぶっかけごはんすなっく』

 岐阜の道の駅「美濃白川」で見つけた奇妙な食物納豆ぶっかけごはんすなっく(100円)を紹介。東京の「株式会社 大藤」というところが作っているジャンクフード。
nattou_butsukake_gohan.jpg
 最近、コンビニでよく見かけるのが、グリコの「納豆の風味とともに“粘り”も楽しんでいただけます」という謳い文句の納豆コメッコであるが、こちらはその上をいく。何故か?? 袋を開けるとクサイのである! 納豆が食べられない人はおそらくそれだけで駄目だろう、というくらいクサイ。
 というわけで納豆好きの私は、納豆コメッコとともに気に入った。
 納豆ぶっかけごはんすなっくは、柔らかめのおこしに納豆を混ぜたものと思ってください。写真は納豆の粘着的な性格をもろに引き継いだルックスですが、これが実はほとんど乾燥している。口に入れると、納豆コメッコ同様に、あの粘り気が復活します。
 味はコメッコのような洗練はないが、なかなか楽しめます。キャラクタのナットウキン君とわらっとマンも愛らしい納豆ぶっかけごはんすなっくを私はお薦めします(どこで買えるんだーー!!??)
◆関連リンク
・メーカの株式会社 大藤。土産物フードの会社。
・このメーカはあなどれません。小判煎餅 これでよしなに (小判レプリカ在中) このムービーも笑えます!!
・我と思わん方は、面白食物を提案してみよう!!! 大藤(だいとう)-アイデア募集

こんなお菓子があったらいいなァ!
あんなお菓子があると大ヒットするぞ!

|

« ■「どこでもASIMO」は、こんなでした | トップページ | ■広島国際アニメーションフェスティバル
        山村浩二監督『頭山』がグランプリ受賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/1243504

この記事へのトラックバック一覧です: ■究極食物 『納豆ぶっかけごはんすなっく』:

« ■「どこでもASIMO」は、こんなでした | トップページ | ■広島国際アニメーションフェスティバル
        山村浩二監督『頭山』がグランプリ受賞 »