« ■トヨタのヒューマノイドロボットが空を飛んだ!! | トップページ | ■IVRC2004
   第12回国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト »

2004.10.25

■BSアニメ夜話 『機動警察パトレイバー』

 今回、面白かったのは、宮台真司の的確な分析と、出渕裕の少しだけ暴露話。

 宮台が最後に言っていたように、押井作品って何年か後に観た方が面白いかも。
 『パト1』の帆場とコンピュータウイルス、『パト2』の戦争状況を東京に作り出すというところ。特に後者は現代的。10年前の作品だという印象がなく、最近と思えてしまうところが凄いのかも。『イノセンス』が10年後にどう観えているか楽しみになった。その前に『天使のたまご』を見直す人が続出しそう。んで、やっぱつまらないっとなる。
 
 出渕裕が言ってた「柘植行人と南雲しのぶ」のモデルって?誰なのだろう。と思って2chを覗いたら、「柘植行人は宮崎駿」というセリフがカットされていたと書いてあった。なんだ白髪の外観とかのことみたい。南雲のモデルも、というのは考えすぎ。しかし宮崎がモデルだとしたら、かっこよく描きすぎですね。

 OVA全く観ないで設定も知らずに劇場で観た『パトレイバー1』のショックを私は未だに新鮮に思い出します。帆場のファーストシーンの印象的なこと!
 あとやはり凄いのは『パトレイバー2』。今日の番組では、荒川について述べる人はいなかったけれど、あの独特の語り口はインパクトがありました。戦争を語る荒川が僕には『パトレイバー2』で印象的だった。とメモ。

-------------第二弾ラインアップ----------------
司会 岡田斗司夫
第1夜 10月25日(月)
23:00~ 「機動警察パトレイバー(劇場版)」 監督: 押井守
 特別ゲスト: 出渕裕(企画・原作&メカデザイン)
 ゲスト論客: 大森望(SF評論家) 国生さゆり(女優) 宮台真司(社会学者)

第2夜 10月26日(火)
23:00~ 「アルプスの少女ハイジ」 監督: 高畑勲
 特別ゲスト: 杉山佳寿子(ハイジ役 声優)
 ゲスト論客: 大林宣彦(映画監督) 青木光恵(漫画家) 千秋(タレント) 唐沢俊一(評論家)

第3夜 10月27日(水)
23:00~ 「ふしぎの海のナディア」 監督: 庵野秀明
 特別ゲスト: 前田真宏(設定デザイン&演出 担当)
 ゲスト論客: 藤津亮太(アニメ評論家) 佐伯日菜子(女優) 唐沢俊一(評論家)

第4夜 10月28日(木)
23:00~ 「機動戦士ガンダム」 監督: 富野喜幸
 ゲスト論客: 北久保弘之(アニメ監督)、よゐこ・有野晋哉(タレント) 福井晴敏(作家) 小谷真理(SFファンタジー評論家) 井上伸一郎(ガンダム専門誌発行人) 氷川竜介(アニメ評論家)

|

« ■トヨタのヒューマノイドロボットが空を飛んだ!! | トップページ | ■IVRC2004
   第12回国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/1773492

この記事へのトラックバック一覧です: ■BSアニメ夜話 『機動警察パトレイバー』:

« ■トヨタのヒューマノイドロボットが空を飛んだ!! | トップページ | ■IVRC2004
   第12回国際学生対抗バーチャルリアリティコンテスト »