« ■大阪万博フジパンロボット館のロボットは今? | トップページ | ■フランティシェク・スカーラ展 »

2004.12.04

■TOYOTAグループ 、「愛・地球博」ロボットショーを公開

◆搭乗歩行型ロボット「i-foot(アイフット)」
 トヨタグループの粋を集めたi-footが、『未来少年コナン』のロボノイドに完敗!! (^^;) ※となえさんの指摘にもとづき、逆関節のスカウト・ウォーカーも並べてみました。
robonoidtoyota_ifoot.jpg
 というわけで、下記リンクでi-footの動画も見えますが、ダイスの運転技術が凄いのかもしれませんが、僕は動きを見て、走って飛び上がれるロボノイドの勝利を確信しました。
toyota_ifoot_walk.jpg
 腕がないことでダイナミズムが削がれているのが残念です。
TOYOTA.CO.JP~ニュースリリース~
・PC WATCH トヨタ、「愛・地球博」ロボットショーを公開 動画があります。
・CNET JAPAN フォトレポート:トヨタが描く、新しい自動車のカタチ ここもムービー有。
 この手の情報はPC関係WEBが強い。車関係のAutoBizやASCIIのresponseには記事なし。
・中日新聞 楽しく移動 未来社会 トヨタ、万博内容発表
TOYOTA.CO.JP~トヨタ・パートナーロボット~(2004.3月発表) この時の搭乗型は逆関節ではない。いったいどれだけ開発しているんだろう?
宮崎メカ模型クラブロボノイド・・・1/100
・SW(スターウォーズ)メカニック・ガイド / 帝国軍

◆未来コンセプトビークル「i-unit(アイユニット)」 
toyota_iunit_concept_vs_tachikoma.jpg
 i-unitはモーターショーのPMの延長ですがスマート。あの葉っぱイメージをちゃんと実現してます。
 でもこれもタチコマの方が絶対カッコいい。しかも乗っている人の銀色コスチュームがダメダメ。東宝の金星人じゃないんだから、、、。
toyota_iunit_all.jpg 昨年のPMと、以前に発表されたトヨタパートナーロボット(2004.3月発表)に搭乗型があった→今回本命はきっとPM+搭乗型歩行ロボット=タチコマと勝手にイメージ膨らませてたので、がっかり。車輪走行は通常の車くらいで、その後すぐ変形して脚で階段をスコスコ登っていく、これが究極の移動機構に思えるけどなーーー。今回の発表でも「いずれ車椅子の変わりに実用化」とあるけれど、人が乗れるタチコマのような移動機構ができれば身障者の人も喜ぶと思うのだけれど。
toyota_pmrobonoid.jpg
 ね、あと一歩でしょ。トヨタのロボット開発チームの人たち、『攻殻機動隊』は観てないのかな? 

◆追記
・コメントいただいたbaby touchさんのRobot.Mとの優雅な平日の記事【現実逃避にトヨタのロボットを想う土曜の夜
・baby touchさんのコメントにある早稲田大学高西研 2足ロコモータ班 WL-16。こちらはパラレルリンクを用いた人間搭乗型2足歩行ロボット。ムービーがいいです。パラレルリンク、なかなかスムーズですね。

↓さらにこんなものも。

◆2足歩行ロボットの研究のメッカ 早稲田大機械工学科高西研究室で歩行と走行の協調動作の研究が実施されているようです。
汎用2足ロコモータ WL-16R(Waseda-Leg No.16 Refined)
車輪式足部機構 WS-2(Waseda-Shoes No.2)
・上の二つの機構を組み合せた歩行と走行の協調実験
wl16rws2wl16rws2_whoel
 MPGムービー 動画 1 動画 2 動画 3
 まだ動きが遅いけれど、これがハイパワー化&高応答制御化されれば、タチコマまであと一歩かも。

|

« ■大阪万博フジパンロボット館のロボットは今? | トップページ | ■フランティシェク・スカーラ展 »

コメント

上記比較記事が面白かったので、加筆修正する際に引用させてもらいました。
やはり、ロボットを見るとアニメやSFを連想してしまうことが多いですが、開発者はどう思ってるのでしょう?

投稿: ともぞー | 2004.12.06 09:48

 baby touchさん、コメントと車椅子、パラレルリンクロボットの紹介、ありがとうございます。
 走ったりジャンプするロボットが早くみたいですね。万博にはホンダやソニーはパビリオン出展していないようなので、別の場所でトヨタに対抗して走行とジャンプを見せてほしいものです。(Qrioは既に走ってましたが、もっと本当のアスリートのような走りが見たいものです)

投稿: BP | 2004.12.04 23:39

途中で切れてしまいました・・・.
こっちの二足歩行型乗り物(mpg)の方が,ジャンプできそうな気配濃厚です.周りの人もいい味出してます.

投稿: baby touch | 2004.12.04 22:26

トラックバックありがとうございます,『Robot.Mとの優雅な平日』を書いております,baby touchと申します.

i-unitはこれの焼き直しだと思いますが,「いずれ車椅子の変わりに実用化」という割には車椅子としてはこっちの方が完成度が高いですね.あんなにタイヤ大きくしちゃ階段昇れない・・・.

ちなみに

投稿: baby touch | 2004.12.04 22:23

 となえさん、こんばんは。
 あ、そうだ逆関節+脚だけは確かにスカウトウォーカーですね。ということで、写真を加えてみました。
 しかし一回乗ってみたい。
 fuRoのBlogによると、この操縦者はロボカップで有名なマジンガアのこうじさんということのようです。

投稿: BP | 2004.12.04 21:19

i-fott…これはロボノイドじゃなくてSWのスカウト・ウォーカーが元ネタなんでしょうか?逆関節のところといい手が無いところとか…。
同世代が漸く社会業界の中心に来た現在、アニメや特撮の魂がそちこちで見受けられてきてはいますが…まだまだなんですね…。つーかハリウッド>>>>ジャパニメーションの認識がまだまだ崩れてないということ?…些か大袈裟かもしれませんが。

投稿: となえ | 2004.12.04 17:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/2146579

この記事へのトラックバック一覧です: ■TOYOTAグループ 、「愛・地球博」ロボットショーを公開:

» トヨタのロボット/コンセプトビーグル [Future is mild]
【12/5加筆修正】 フォトレポート:トヨタが描く、新しい自動車のカタチ - CNET Japan fuRo ---未来ロボット技術研究センター power... [続きを読む]

受信: 2004.12.06 00:42

« ■大阪万博フジパンロボット館のロボットは今? | トップページ | ■フランティシェク・スカーラ展 »