« 2004年3月28日 - 2004年4月3日 | トップページ | 2004年4月11日 - 2004年4月17日 »

2004年4月4日 - 2004年4月10日

2004.04.10

■ユリイカ「押井守 イノセンスのゆくえ」

Amazon.co.jp: 本: ユリイカ4月号

 少し長文になりますが、上野俊哉との対談で、押井守の発言がなかなか刺激的なので、まずは引用です(抜粋は発言の順を一部入れ替えてます)。

 日本は、第一次大戦で身体欠損者を大量に生み出したヨーロッパとは違うけれども、戦争に参加しなかったことによって、逆に時代の中で身体を失ってきたという気がする。

 自分史を振り返ってみても、いつ頃から身体がなくなってしまったのか記憶にないんだけれど、つくづく身体がないなと思ったんですね。そうすると、何故自分が人形が好きなのか、犬と暮らしたいのか、街について考え続けてきたのかということがわかってきた。戦車とか軍艦にしても全部僕にとっての身体だった。それは僕だけじゃなくて、人間にとってみんなそうだったんじゃないかと思えてきた。

 近代というのは欧米でも基本的に人間が身体の欠損に気が付いていく過程であって、日本はその格好のサンプルになると思う。身体がある時点でなくなったということではなくて、ないことが自分の身体だという本質に気が付く、その裏返しとして外部に自分の身体を求めるということに突き動かされてきたんじゃないかと自分の人生を振り返ってみて思い当たった。別に求めるものは人間の身体じゃなくてもよくって、機械でも犬でもかまわない。
 戦後の日本を支配してきた基本的な情緒もニヒリズムだったんじゃないかと。たとえば、自分の身体に関して、これほどにニヒリステックになった民族が他にあるだろうかと思うのね。茶髪、ピアス、タトゥーと身体はいじり放題だし、携帯とかテクノロジーはなんでも受け入れる。自己放棄とすら言えるくらい。
 もともと理念を持たないことで日本人は日本人たりえてきたとも言えるわけで、ある種の機械主義は日本人に親しいものであったのかもしれないけど、自分の身体に対しても、そういう考えが適用されだした。僕は、サイバーパンクというものは、欧米では決して本流ではなくアブノーマルなものだったと思うのね。だからこそインパクトがあったと思っているんだけど、日本ではあっという間にエンターティンメントになったからね。

 引用の範囲を超えてそうなので、自分のコメントを書かないとまずいのですが、、、、( ^ ^; )。
 まずは後段のサイバーパンク論は、とても秀逸。SFプロパーでこうしたコメントは聞いた覚えがないけれど、、、。僕は日本のサイバーパンクのレベルがアメリカのそれに比べて、どうみても高く感じていたので、押井発言で、なんとなくそういうことか、と納得したりしてしまった。(ちなみにウィリアム・ギブスンより士郎正宗『攻殻機動隊』の方がサイバーパンクとして凄いと思う自分です。押井『攻殻機動隊』は嫌い)

 前段の身体論はこれは難しい。「身体」という言葉を押井守がどう定義して使ってるか、ということが重要でしょう。
 文面からすると、人間の「野生」とかいう意味? 「脳とその幻想の住まう物理的棲家」? 僕は後者ととらえて読んでみましたが、どちらかというとその方がしっくりイメージできましたが、、、。ポストモダン思想家の言説でいう「身体」で、この押井発言に近いイメージのものは誰の概念になるのか、誰か詳しい人、教えてください。(養老孟司の「脳化社会」とかのイメージしか浮かんでません>>自分。)
 この文脈から読んでいくと、日本でヒューマノイドロボットの開発が欧米より進んでいることの推進力が何だったのかということも、イメージしやすいですね。この文脈で二足歩行ロボットの商業展開を考えたら、どんな製品コンセプトになるのかなーー。AIBOは「身体」の希求として売れたのかどうか? 脳がイメージする身体を日本人に与えられるロボットは愛玩とかなごみ系だけではないはずですね。考えてみようっと。
 あと押井は言ってませんが、日本人(特に男性?)にとって「異性」というものもこの「身体」の視点でみてくと面白いのかなーー、とか。

 この対談以外にも、刺激的押井守論が載ってて読みがいがあります、このユリイカ。
 残念ながら映像論・美術論として『イノセンス』を読み解いた文章はほぼなし。凄いとはみんな書いてますが、、、。そこに一番触れているのは上記上野俊哉との対談で、監督自らが語っている内容。チャイニーズゴシックについてとか、3Dに2Dを乗っけていく苦労とか、、、。面白いです。

 BGM 一青窈 「犬」
 (嘘のような偶然ですが、これを書いている時、たまたま聞いてたこの曲、♪変わりたいよう 犬になりたいよう♪と唄っています )

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004.04.08

■入手困難な情報を収集するサイト――9.11の生々しい記録が明らかに

Wired NEWSより

2001年に同時多発テロが発生したときフロリダ州の小学校を訪問中だったブッシュ米大統領が、報告を受けた後も5分間以上、授業を眺めていた様子を撮影したビデオが盛んにダウンロードされている。このビデオを公開しているのは、入手が困難な公式のデータや検閲を受ける前の報告書などを掲載して人気を集めているサイト『メモリー・ホール』。同時テロ当日の、260時間分に及ぶ電話や無線の交信記録も掲載されている。

 残念ながら、今のところ、この『メモリー・ホール』にはアクセスがうまく出来ません(混んでるようです)
 マスコミでなくこういう形の情報伝達ができるのが、インターネットの真価なんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (80)

■イノセンスの作画 animator interview 山下将仁

WEBアニメスタイル アニメの作画を語ろう

山下 大変ですね。もう大変なんてもんじゃないんじゃないかなあ。
小黒 『INNOCENCE』ではもの凄い活躍だったとか。
山下 全然!
小黒 全体が900カットぐらいで、(山下さんは)その中の100カット近くの量をお描きになったと聞きましたが。
山下 カット数は分からないですけど、とにかく作監には迷惑かけましたね。もう、歩きばっかり描いてましたから。
小黒 いやいや。他の人が5カットとか10カットに何ヶ月もかかってる中、山下さんがガンガンあげてくれたので映画が出来たと、Production I.Gの方に聞きましたよ。

 1/9が山下将仁作画 ! そう言われても、昔のタッチは全然感じませんでした。あの映画ではさすがにはめはずせないでしょうね。3Dとの融合の苦労話もちょっと載ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.06

■ウルトラQ dark fantasy 最新情報

 今日まで知らなかったのだけど、こういう番組がスタートするようです。
 金子修介、実相寺昭雄も楽しみだけど、黒沢清が目玉かな。タイトルもQっぽくて丸。

ウルトラQ dark fantasy 最新情報 Kohei Onishiさんのホームページより

2ちゃんねる(特撮系掲示板)によると、以下のような制作作品のリストが紹介されています。(情報源は、不明)

「ガラQ(目覚めよガラゴン)」上原正三   八木毅
「黄泉交通」          高橋洋    北浦嗣巳
「催眠銀行」          広田光毅   服部光則
「あなたは誰ですか?」   林民夫    金子修介
「キアラ」            小中千昭   金子修介
「赤電話」           太田愛    実相寺昭雄
「記憶泥棒」          武井彩    鶴田法男
「チムグクル」         上原正三   飯島敏宏
「非アンバランス」       村井さだゆき 実相寺昭雄
「ふたりの桃源郷」(原案・黒沢清)太田愛    黒沢清
「怪獣予報」          村井さだゆき 服部光則

・テレビ東京
 4月6日スタート 毎週火曜日 深夜1時00分~1時30分

・テレビ愛知
 4月7日スタート 毎週水曜日 深夜2時28分~2時58分

その他情報(公式HPは円谷とテレビ東京で見つからず)
 ・上記ウルトラQ dark fantasy 最新情報が最も詳しい。
 ・http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/feb/o20040224_10.htm

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■チェコ プラハ TVタワー

 先日書いたエスクァィヤ増刊のLuca誌「秘密のチェコ・アート」を購入。そん中にはいろいろとチェコの独特な不思議なアートが載っていますが、そのうちのひとつチェコのアートなTVタワーをサイトで見つけたので紹介します。

praha_tv_tower.jpg

 黒い豆粒のようなのが、赤ん坊だったりします。実物をみたいぞっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■BMW MINI ブランドのエイプリルフール記事

webCG | News

 4/1にBMWグループのMINI ブランドから、「後退2段の8段ギアボックスを採用」の記事がプレスリリースされたそうです。で、「4月1日を除いてこの件を発表する日は考えられなかった」ということで、エイプリルフールネタだったとか。

 気になるのは、例のミニクーパー改造のロボットの件。そちらについては特にエイプリルフールの動きはなし。海外のサイトでは、ミニのキャンペーンの一種だろう、と言われていますが、この時期にエイプリルフールと公表しない嘘を使ったキャンペーンがありえるのかなーー? と疑問を持ちます。としたら、やはりあのロボットは本物?? まあ企業のCMでなく、素人のいたずらの可能性もまだ否定は出来ませんが、、、、。早く誰か決着をつけてくださいって感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.04.04

■海洋堂大博覧会他

怪獣関係2題

◆創立40周年記念 海洋堂大博覧会
 新宿タカシマヤ 2004.3/31-4/12
 名古屋高島屋  2004.4/28- 5/4
 京都高島屋   2004. 8/4- 8/9

 新宿タカシマヤのホームページトップに海洋堂が出てくるとは、、、!!?

◆Donald Keene Center of Japanese Culture - Godzilla Conquers the Globe: Japanese Movie Monsters in International Film Art

 で、アメリカではゴジラのポスターアート展。あまり観たことのない海外版ポスターがウェブでも観えます。
 あとアメリカではゴジラ50周年記念で、初めて(?)『ゴジラ1954』完全版が映画館にかかるとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年3月28日 - 2004年4月3日 | トップページ | 2004年4月11日 - 2004年4月17日 »