« 2004年5月30日 - 2004年6月5日 | トップページ | 2004年6月13日 - 2004年6月19日 »

2004年6月6日 - 2004年6月12日

2004.06.12

■神林長平『膚の下』(2004)(早川書房)

 神林長平の火星三部作の完結編となる大作を読了。
kanbayashi_kasei.jpg
 アートルーパー(人造人間)と機械人と人間のコミュニケーションを、アートルーパーの意識の動きを中心に丹念に描き出していく前半が素晴らしい。この人造人間慧慈の意識の描写は、例えばメカでできたロボットに意識というものが生まれていく過程を読んでいるようで、スリリング。人間たちと機械人アミシャダイとのコンタクトが慧慈の意識を変貌させていき、それがまるで人工知能に意識と魂が宿っていくような遍歴を描き出していて読ませる。また慧慈以外のアートルーパーのタイプの違いによる意識の描き方の違いも素晴らしい。僕はインテジャーモデルのスーパーコンピュータぶりとそれぞれが個性を持っていく描写がとても気に入った。
 この意識の発生の描写は、SFという小説形態でしかたぶん表現できないことのように思う。そしてもちろん言語と心のありように着目し続けてきた神林長平だからこそ書くことが出来た意識の発生と発達の物語だと思う。この前半を読んでいて、実は僕はもうこの小説にかなりの部分満足してしまった。神林って作家をずっと読んできてよかったと感慨に浸りながら。(21年かけて完結した火星三部作を一作目からリアルタイムで読んできたのでたぶんに感傷的ではありますが、許してちょ。) 
 にしても神林をSFの文脈以外で評した文学批評を読んだことはないのだけれど、SF以外の評論家、文学者にはこの小説はどんな風に読まれるのだろう。ある種SFだからこその奇形的なガジェットや意識のありようの描き方をそうした立場から眺めた時にどんなことが書かれるのか、メチャクチャ読んでみたくなった。SFが凄いという観点で言っているのではなく、その特殊性故にこのような奇妙な形態の意識の物語が描かれることを、SF視点でないところから読んだ批評が、きっと僕らSF読者の持ち得ない視点にあふれ、センスオブワンダーに満ちているような気がするので望むのである。ねぇねぇ、ユリイカで「神林長平」特集やって下さい。>>青土社殿。

 で、実は中盤は少し中だるみ(^^;)。でもラストへ至るもう一つのテーマである創造主の物語がまた読ませる。
 複雑に思惑の入り混じったいくつもの集団同士の軍事行動をエンターティンメントとして描きながら、人造人間アートルーパーが到達する創造主としての認識。冒頭で慧慈に間明少佐が言う言葉。「われらはおまえたちを創った。おまえたちは何を創るのか」。この言葉が慧慈の意識に創造主というベクトルを発生させ、動物→アンドロイドという救済策によって形を成していく創造主の意識、これを読者は追体験することになる。そしてここが『あなたの魂に安らぎあれ』へと直結する。
 ラスト、慧慈と偶然知り合い文字を教わった実加が読む慧慈の日記。特にサンクのくだりが泣かせる。

 そのページには、ただ一文、それだけだった。サンクは十八年生きた。(P682)

◆関連リンク
・多村えーてるさんの美しい暦BLOG 神林長平『膚の下』読了
『膚(はだえ)の下』(Amazon)
・三部作の簡単な紹介文 神林作品ガイド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■『スチームボーイ』試写会プレゼント

 ANIMAX アニマックス:プレゼントキャンペーン『スチームボーイ』試写会 6/17締め切りで募集中。6/30名古屋 7/2東京。いかん、ここで紹介すると、ライバルが増える。是非、東京へ応募ください。 (情報元 : うちの子供がケーブルTVのアニマックスを観ていて発見。インターネットで検索してくれました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ハイビジョンHDレコーダ Rec-POT M

 IO DATAのRec-POT M (型番:HVR-HD160M)
 ハイビジョンの映画の放映は、DVDよりずっと綺麗で楽しみにしているのだけど、録画装置がなく、番組表を眺めては昼間とゴールデンタイムの映画にため息をつくサラリーマンの毎日にいずれ終止符をうちたいもの。で、こんな製品に着目。でもいずれ次世代光ディスクにとって変わられるだろーな、と思って買えません。
・価格.comのRec-POT M掲示板

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ブラザース・クエイの新作 The Piano Tuner of Earthquakes

 ヤンの食卓bbsの猫丸さんの書き込みで知りました。クエイ兄弟の新作は、テリー・ギリアムプロデュースとのこと。
 公式サイトは見つかりませんが、ここに写真が一枚だけありました。
the_piano_tuner_of_earthquakes.jpg

 Hollywood.com.での紹介記事。

 Droz博士の遠く離れた地所では、ひどい実験が行われてた。 Drozは有名なオペラ歌手Malvina van Stille を誘拐し、そして、彼は彼女の書いたオペラのためにリハーサルさせている。 ピアノ調律師はDrozの邪悪なプランを発見。そしてMalvinaと恋に落ちて、彼女の救出に来ようとする途中で、、、、。

 ブラザース・クエイは、僕にとってはタルコフスキーと並ぶ睡眠を誘う夢幻の監督ですが、ギリアムとのカップリングはワクワクします。
◆関連リンク
Brothers Quay: Shorts(Amazonのブラザース・クエイ商品はこれだけ、、、さみしい)
QUAY MAILING LIST 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2004.06.11

■シャープ 3D表示15型液晶

シャープ、裸眼で3D表示できる15型液晶「LL-151D」

 製品では、液晶パネルをTFT液晶とスイッチ液晶で構成し、3Dモード時にはスイッチ液晶が「視差バリア」と呼ばれる垂直なスリットを作ってバックライトを遮る。すると、左右それぞれの目にスリットの間から異なる光が届き、左目の死角を右目が認識、右目の死角を左目が認識し、左右が互いに“ずれた画”を見ることで立体に見える。

 前にノートPCでこの画像を観た時は、たしか今ひとつだったけど、今度の15インチ立体モニタの出来はどうでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■対談 庵野秀明 / 紀里谷和明

庵野秀明 映画監督 / 紀里谷和明 映画監督

 『イノセンス』へのふたりの感想。庵野氏にはもっと毒舌で評してもらいたかった気がします。

庵野 あの物量、あの心意気やよし! ですよ。押井さん、今までも自分の好きなことをやっていたけど、よ うやく混じり気なしで純粋に自分の好きなものだけをやれるようになったんだと思う。そこが『イノセンス』 のいいところですよね。何年も何年も好きなことをやっていると、ここまで行きつくんだという。
紀里谷 僕はNYの近代美術館にそのまま入れて欲しいと思いました。1個の美術品に見えたんです。
庵野 押井さんは自分のやりたいひとつのラインがあって。それを突き詰めていって、幸い生きているうちに その頂点に行き着いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■『スチーム・ボーイ』大友克洋インタビュー

- animate.tv - ATVニュース

大友「『スチームボーイ』というタイトルは「アストロボーイ」のパクリ…と言っちゃなんですが(会場笑)。手塚(治虫)さんがやろうとした世界観を、この作品でなんとなく考えていました。過去の時代の物語ですけど、未来に向かって広がっていくような作品にしたかったということです」

 『AKIRA』の鉄人に続き、今度はアトムですか。次は永井豪マジンガーとかどうですか?大友の描く巨大ロボット物は是非観てみたい。でも本当はマンガ『APPLE PARADISE』の続きが読みたい!

・大友克洋のデータベースはここが凄い。Apple Paradise: Home

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.10

■ジェームズ・キャメロン『 タイタニックの秘密 3Dプレミアム版』DVD発売

AV WATCH「DVD発売日一覧」より。7/23発売。

 「ジェームズ・キャメロンの タイタニックの秘密 3Dプレミアム版」は、アイマックスシアターで上映されたドキュメンタリー。大ヒット映画「タイタニック」のキャメロン監督が、再び海中に眠るタイタニック号の姿を詳細に撮影するという内容。3Dメガネも1個同梱している。

 3Dが家庭で観えるのはちょっといいです。だけど、これ、アイマックスで観たけれど、ここだけの話、全然つまらない。画面も海底で薄暗いし、、、。せっかくのアイマックスと3Dが死んでました。残念な一本。
 と言いつつリンクを張っても誰も買わないでしょうね(^^;)
『 タイタニックの秘密 3Dプレミアム版』(Amazon) 3Dの方式は以下。
 従来の青赤メガネによるアナグリフ方式に代わってCMY方式を採用。これは、色の配合比率を変えて、中間色の藍(Cyan)と黄(Yellow)を用いることで、赤青では表現しにくかった映像本来の原色を表現。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ブルース・スターリング吠える!

ITmediaニュース:「政府のネット取り締まり」を訴えるSF作家
 ブルース・スターリングがインターネットのセキュリティに関して、吠えている!相変わらずの「不良」ぶりかと思ったら、どうも秩序を求めている大人の思考のようで、、、。

 インターネットは「ひどい混乱」状態にあるのに、ウイルス作者、スパム業者、その他の詐欺師を積極的に取り締まろうとする米政府職員はほとんどいない。SF作家のブルース・スターリング氏は6月8日、ワシントンD.C.で開催のGartner IT Security Summitでこう語った。
 同氏は「サイバーセキュリティに関する小さな朗報」として、5月にSasserワーム作成容疑で逮捕された18歳の少年など、最近何人かのウイルス作者が逮捕されたことを挙げた。「この世界から、反抗的な十代が絶滅することは決してないだろう」と同氏。

 反抗的十代に決してエールを送っているわけではない。そこが『塵クジラの海
』ハヤカワ文庫FT(Amazon)の作者の限界か。政府によって取り締まるのではなく、もっと自己浄化作用がシステマチックに働くようなSFチックな発想を提示してくれたらいいのに。そうじゃないなら、黙ってた方が賢いと思うけどな。
(こういうこと言うなら、スターリング『ハッカーを追え』を読んでからだろ>>自分)
・『ハッカーを追え』原文The Bruce Sterling Online Index: The Hacker Crackdown
・『ハッカーを追え』和訳Bruce Sterling Online Index: The Hacker Crackdown

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.08

■アヌシー国際アニメーションフェスティバル2004はじまる!!

Annecy 2004

 以前も載せましたが、いよいよ昨日からフランスで開催です。
 上のページに最新ニュースがありますが、フランス語でチンプンカンプン。画像だけでも楽しみましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■小型ヒューマノイド「クロイノ」CHROINO

KU-VBL京大ベンチャーズ「ロボ・ガレージ」 「クロイノ」記者発表
CHROINO.jpg

 「クロイノ」は、「ひざが曲がったままの歩行」問題を解決する新技術「SHIN-Walk」(シン・ウォーク)を用いた初めてのロボットです。従来のロボットに見られたひざが曲がったままの不自然な歩行姿勢は、今後ロボットの外観がより人間に近づく中で、解決が待ち望まれていた問題です。

 中日新聞の記事では、ひざが曲がったままでなく、アトムのように軸足を傾けてうまく歩くとありましたが、SHIN-Walkのムービーが今のところWEBでは見つからず、どんな動きか不明です。早く観たいよーー。誰か見つけたら、ご一報を。
 デザインはなかなか素晴らしいと思います。人気者になりそう。名前は馴染めませんが、どういう意味なのでしょう??

 続報で。6/9朝検索したら、記事がざくざく。しかし内容は同じで、ムービーは見当たりません。
 例えば、NIKKEI NET:写真 ニュース

従来の人間型ロボットは歩行時、踏み出した足を地面につけるために軸足のひざを常に曲げておく必要があった。クロイノは腰の位置を低くする工夫として軸足が外側に傾くように設計されており、軸足のひざを伸ばしたまま、より人間に近い歩行が可能になった。開発費用は約300万円。

 開発費が300万円というのも凄い。

◆関連リンク
・クロイノのベースになったのはこのロボットらしい。TeamOsakaの「VisiON」 ロボカップジャパンオープン2004大阪で優勝。映像も見えますが、ひざは曲がっているので、「SHIN-Walk」(シン・ウォーク)とは別物??
ロボカップ優勝へ 『ヴィジオン』発進! 詳しいルポ。
なにわいきいき情報館・特集ページ:大阪ドリームチーム VisiONの製作者 前田武志さんのインタビュー等。
・記事で紹介されているロボガレージの高橋智隆氏のマグダン magdan これは磁石で足の裏がくっついて動くやつですが、クロイノは違うのか??

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2004.06.07

■「スッパイマン」TV CM

本家 上間菓子店「甘梅一番のスッパイマン」HOME
 近頃、我が家で人気のお菓子がこの「スッパイマン」。沖縄発の乾し梅お菓子ですが、駄菓子屋等で発見できます。僕は昨日ヴィレッジヴァンガード鵜沼店で「スッパイマンの甘梅一番90g ちょうどいいサイズ(約45個)」を発見し、今、幸福になめています。このちょっとだけスッパイ、しつこくない甘さが癖になります。
 で、ホームページで見つけたのが、スッパイマンのCM。なかなかSFXしています。
Suppaiman.jpg
 こちらのページの「商品紹介」コーナーで通販可能なようです。スッパイマンってこんなに種類があるんだ、制覇したいです。

スッパイマンの甘梅一番30g 200円
スッパイマンの甘梅一番90g 500円
スッパイマンの甘梅一番180g 1,000円
スッパイマンの甘梅一番 たねなし 150円
スッパイマン梅キャンディー13個入り 200円
スッパイマン梅キャンディー6個入り 100円
黒糖梅キャンディー 200円
梅姉妹17g 100円
ピリ辛一番 150円
甘梅姉妹 (販売対象外)

 (Amazon)では買えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.06

■スタジオ・ボイス04.7月「アニメを見る方法」

STUDIOVOICE インファス公式ページ(6/6現在、まだ7月号の紹介は出てません)
STUDIOVOICE_04_07.jpg
 今号の特集はアニメ。時々、アニメ特集を組む同誌だけど、今回は尖端アニメーションクリエータ30人の紹介と、神山健治+佐々木史朗+佐藤大+藤津亮太 座談会という内容。本来『イノセンス』『スチーム・ボーイ』『ハウルの動く城』あたりで特集されるのが一般的なので、スタジオ・ボイス的には少し斜から眺めました、ってところか。いきなりの金田正太郎の表紙は、書店でちょっとひきましたが、、、。
 対談は今ひとつ。30人の紹介では、今敏『妄想代理人』と湯浅政明『MIND GAME』が観たいな、と思った。
 あと面白かったのは、西島大介氏の「まだ、アニメじゃない!?」という文。

 前作『千と千尋の神隠し』を観てて本当に思ったんですけど、宮崎駿自身はかなり揺れているんだと思います。引き裂かれそうになっている。<結局僕達は児童ポルノを作ってるんだ、誰かつっこんでくれ!いっそ逮捕してくれ!>という宮崎駿の心の叫びが聞こえてきました。

 これ、町山智浩氏の指摘と近い意味で言ってるのでしょうね。(参照 町山智浩アメリカ日記04.3/14「千と千尋」はなぜ「湯女」なのか) 「逮捕」というのは言いすぎですが、、、。あと次のところもbloger的にはチェックかと。
 
質を求める純粋なアニメファンってどんどん減っているはずですし、もう絶滅するんじゃないでしょうか。[アニオタニュース]という優れたウェブサイトがあったんですけど、あれが最後の防波堤だった気がします。[アニオタニュース]が無くなって、アニメはそれ以前のアニメじゃなくなった。堤防決壊した、そんな気がします。僕だけでしょうか?

 ここまで象徴的に語るのもどうかと思いますが、、、、。[アニオタニュース]さんのコメントが楽しみ。→「ANIOTA NEWS 跡地」にコメント(「文責:radical」と記されているが御本人?)。閉鎖当時の心境もうかがえます。

 ・西島大介著作 (Amazon)
 ・西島大介 島島 (本人のページ)
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

■北原照久著『20世紀我楽多図鑑』(PARCO出版)

20世紀我楽多図鑑 (Amazon)
 本屋でみかけて、この写真に思わず惹きつけられた。
marudedameo_Borot.jpg
 キャプションの「ロボコン」は間違ってますね、これ、『丸出だめ夫』の「ボロット」です。なんか凄くほしくなってしまった。『丸出だめ夫』とか『ブースカ』とか、幼年時代のセンスオブワンダーを直撃っス。たぶん同様の経験の人以外にはたいした魅力のある写真ではないのでしょうが、、、。
 YAHOOオークションで調べたら、バチモノしか出品はないですが、なんと2万円の値がついています。うへっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■『村上春樹全作品 1990~2000 第1巻 短篇集I』

村上春樹全作品 1990~2000 第1巻 短篇集I (Amazon)

 今年のはじめに『ダンス・ダンス・ダンス』を読んで、今頃なぜか村上春樹にハマルという体たらく(^^;)。今までも適当には読んでいたのだけれど、何故か今年は相性がよく既に10冊目。生っぽいけれども硬質でふわふわしたあの文体がたまらない感じ。今年『風の歌を聴け』から初期長編も全部読み直したけど、以前違和感のあったこんな生活あるかぃ!という感じが今回嘘のように感じられず、小説読むことの不思議をなにやら感じている次第。

 で、この短編集について。のちに『ねじまき鳥クロニクル』に登場する加納クレタが登場する「加納クレタ」。この短編も不思議な雰囲気で好きだけど、「我らの時代のフォークロア――高度資本主義前史」のせつない感じとか、「ゾンビ」の薄気味悪さが良いです。

 あと超短編集『夜のくもざる』もこの巻に収録されている。「動物園」「天井裏」といったあたりが好き。こんななんでもないけれど、なにやらイメージを喚起する作品群はたいへんに気持ちよく読める。このような超短編をもっともっと書いてもらいたいものです。

『ダンス・ダンス・ダンス』講談社文庫(Amazon) は、村上の最高傑作と思う。
『夜のくもざる―村上朝日堂超短編小説』 新潮文庫(Amazon) やはりこの作品は安西水丸の絵とともに読みましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■押井守著『これが僕の回答である。―1995-2004 押井 守』
              (㈱インフォバーン刊)

㈱インフォバーン 公式ページ

 押井守が「ワイアード」「サイゾー」誌に連載した映像論等の原稿をまとめた本。
 『GRM』やら『イノセンス』やらについて、いろいろと興味深い内容が書いてある。目次は上記公式ページを参照。

 P59「映画の中のリアリティ」

 映画というのはそういう意味で正直なもので、誰も見たことのない絵を作りたいと言う想いなしには一日も作業ができない。けれど同時に、それが不可能だということも確かなのだ。動機としては成立するけれども、現実化することは出来ない。映画という百年の歴史の中で、誰も撮ったことのないカットや映像はもはや存在しないし、映像そのものとして新しいものはない。

 この一文、読んだ時は、確かに今まで映画って毎年数百(千?)本撮られているし、TV映像まで入れれば、膨大な映像が作られているわけで、本当に新規なものなんて、もはや生み出せないのだろうな、と思った。
 しばらくして、ふと人間が捉えられる映像って、確率の組み合わせから言ったら何通りくらいあるのだろう、という疑問がふと沸いて計算してみることにした。

 「人間の目には約600万個の視覚細胞がある」というのは以前引用した話であるが、これを起点とする。
 600万画素それぞれに1670万色のどれかを置いて1枚の映像は作られる。つまり1670万の600万乗だけの映像があることになる。そして一本の映画を1秒24コマで2時間とする。すると映画は何通りあるか。
 ((16700000 ^ 6000000) ^ 24) ^ 7200) =
 計算しようとしてexcel に上の数字を入れてみたら、なんと計算不能。調べてみたら、excel 処理できる正の最大値9.99999999999999E307 ( Mr.Big~小技集・Excelの仕様制限 より )。会社でも数値計算にexcelは使うけれど、今まで桁数でこの限界に至ったことはなかったので、びっくり。ちなみに会社でその他数値計算ソフト(MATLAB)を使っても、上記計算は扱えない桁数でした。「infinite」と表示された。つまり無限ということ。
 E307を限界とすると、16700000 ^ 42までで既に計算不能。1670万色 ^ 600万画素でさえ、途方もない数字でまさに無限。さらに((16700000 ^ 6000000) ^ 24) ^ 7200)というのは気が遠くなります。
 つまり『これが僕の回答である。』の「映像は有限」は間違っている。押井守には、映像には限界があるなどと言わずに、未知の映像をこれからも生み出していってもらいたいものである。
 我々が映画の映像に感動する時、目の前に映し出されているのは無限の組合せの中のたった一つの映画である。こう思うとどんな映画でも本当に無限の宇宙での一期一会であり、なにやら感謝を奉げたくなる。
 究極映像とは「((16700000 ^ 6000000) ^ 24) ^ 7200)」の彼方の映像である、なんつって。
『これが僕の回答である。』Amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年5月30日 - 2004年6月5日 | トップページ | 2004年6月13日 - 2004年6月19日 »