« 2004年11月28日 - 2004年12月4日 | トップページ | 2004年12月12日 - 2004年12月18日 »

2004年12月5日 - 2004年12月11日

2004.12.05

■ブラッド・バード監督 『Mr.インクレディブル』
      The  Incredibles

 子供ものかと思って子連れで行ったのだけれど、CGのレベルがとてもいい。&ストーリーも子供にはわからないようなヒーローの悲哀みたいなものを機敏に描いてある。しかもコメディの質もなかなか高い。これを本当に楽しめるのは、大人だ!(そしてCGファンだ!)と思った。
 CGは『トイ・ストーリー』に比べると、格段の進歩だと思う。このまま進化したらどこまで行ってしまうのやら。

 で、特に今回面白いと思ったのは、キャラクタの描写。リアルな人間を描くということでなく、あくまでもCGキャラをこの映画の世界の中に、どう存在させるかということに注力してある。実物の人間とは違うCG映画の中の存在として、グラフィカルにデザインとして、どう描写するかということに心を砕いてある。そしてその試みがちょっと過去のアメリカのポスターみたいなグラフィックで描いてあることから、大成功していると思った。実写映画があるわけだから、それに近づけることをやっていたら、行き詰ることはみえている(『ファイナル・ファンタジー』)。ピクサーが今回初めて人間を主人公にして描くにあたってとった手法は、映画のストーリーとの相性もよく、心地いい、CG映画のみが達成できるイメージを構築できていた。

 おまけに今回のネタはSF。街に現れる巨大ロボットとの対決だの、超能力合戦だの、CGでイメージをのびのびと展開していて、ひとコマどりを多用したアクションも際立っていて、クールな特撮タッチがいい。
 ウェブの予告編をコマ送りして観てみると、CGではあるが日本の金田伊功もかくやというような1コマごとに大胆に動きが飛んで設計してあった。
 CGだったら中割りは機械的に相当できるはずだけれど、これは(日本アニメを研究し尽くしているのか)、強烈なアクションのところは、アニメータにより丁寧に原画的に動きを設定してあって、快感のあるアニメアクションが楽しめる。
 とても日本じゃかなわないPIXERのRENDERMANによるCG画質(海も素晴らしい!)と、日本お家芸の"ひとコマ撮り"のアニメートが合体したそんなドリームチームのような映像だ。
 インクレディブルなのはこの映画のファミリーだけでなく、この映画の映像そのもの。日本はアニメ大国なんて浮かれている場合じゃない。

 そしてエンドクレジット。ここも決して席を立たずに観てください。このクレジットタイトルのグラフィックは、『サイコ』のソール・バスとかを思い起こさせるタッチだけれど、でも凄く斬新。以前紹介したチェコのポスターに少し似ていて、ドキドキするようなイメージを作っていると思った。あーー、なんでこんな絶賛になるんだ!!というくらい気に入りました。

◆関連リンク
Making The Incredibles, Brad Bird Animation Masterclass and Press Conference
Stuffo "Making the Incredibles"
The Incredibles movie review
Pixar - The Incredibles 予告編はここ。
Mr.インクレディブル公式サイト
The Incredibles -- The Official Movie Website

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2004年11月28日 - 2004年12月4日 | トップページ | 2004年12月12日 - 2004年12月18日 »