« ■池田宏監督『空飛ぶゆうれい船』 | トップページ | ■めざめの方舟 映像一新 「百禽HYAKKIN(ひゃっきん)」 »

2005.05.28

■NHK技研公開2005 「スーパーハイビジョン」

 万博レポート スーパーハイビジョンv.s.レーザー ドリームシアターへの shamon さんのコメントを読んで、技研公開2005(5/26-29 at 世田谷)の内容をちょっと調べてみました。
SuperHivision_road_map
NHK、「放送技術研究所一般公開 2005」を開催(AV Watch)
20年後の本放送開始を目指す「スーパーハイビジョン」(AV Watch) (上の画像はここから引用)

 スーパーハイビジョンの実現スケジュール(ロードマップ)が示されています。2025年放送開始というのは気の遠くなるような未来に思えます。(が、実は年齢とともに年が過ぎるのは加速度的に速く感じるのでアッという間かも。時間よりそれまで生きていられるか、白内障は大丈夫かって方が重要になりそうです(^^;)。目の病気では究極映像研、廃業になるので真剣に怖いっす。)

NHK技研公開へのリンク いろいろ面白い技術が紹介されてます。
 ・ハイビジョン1080/60pシステム
 ・高精細触覚ディスプレイ
 ・メタデータ制作・活用技術
 ・電子ホログラフィによる立体表示技術
 ・スーパーハイビジョン放送の実現を目指した21GHz帯衛星伝送技術

◆レポート
 ・shamonさんのひねもすのたりの日々の記事

|

« ■池田宏監督『空飛ぶゆうれい船』 | トップページ | ■めざめの方舟 映像一新 「百禽HYAKKIN(ひゃっきん)」 »

コメント

BPさん、TB及びリンクありがとうございます。ブログにもお越しいただき感謝ですm(__)m。

>男の裸が大画面に高精細で映ってもね、、、(^^;)。

しかも前から二番目の席に座ってしまいまして・・・ふはは^^;。上映後は私も含めて皆さん狐につままれたような顔でございました^^;。
技研までの往復に費やした3時間と6回の乗り換えの手間を返して~(苦笑)。
音響機材は大きな筒形のBOSE製スピーカーがスクリーンの手前に何台か設置してありました。迫力満点でしたが、映像が映像だけに聞こえるのは「はっけよーい、残った残った」ばっかり(^^;。

ところでハイビジョンテレビをお持ちなんですね。いいなぁ。それで観る遺跡や自然の情景は素晴らしいでしょうね。
我が家にはHDDビデオすらございません(TT)。とってもレガシ~なAV環境から早く脱出したいなと思う今日この頃です。

投稿: shamon | 2005.05.30 17:03

 shamonさん、コメント、ありがとうございます。「ひねもすのたりの日々」blogも拝見しました。
 大相撲の画像ですか、、、観客の顔とか観て現状ハイビジョンとの比較をするには、適した素材かもしれないですが、男の裸が大画面に高精細で映ってもね、、、(^^;)。

 やはりこういう時は、大自然のピーカンの映像ですよね、ハイビジョンになってから、ドキュメンタリーばっかり観てますから。
 

投稿: BP | 2005.05.30 03:40

こんにちは、再びお邪魔します。

実は今日NHK技研に行って来ました(爆)。
スーパーハイビジョンも観てきましたよ。でも映像の中身が・・・・4分中3分近くが「大相撲」の画像でがっくり(TT)。以前は自然の素晴らしい映像を見せてくれたのですが、よい映像は全て愛知万博のパビリオンに行っちゃったみたいで・・・とほほ。スクリーンの大きさが例年の倍になっていただけに残念でした。
休日に行くのは初めてでしたが思いのほか空いていたのと、私のような素人にも親しみやすい展示内容が多くてとても楽しめました。

投稿: shamon | 2005.05.28 20:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/4308706

この記事へのトラックバック一覧です: ■NHK技研公開2005 「スーパーハイビジョン」:

» 「技研公開2005」 [ひねもすのたりの日々]
東京は成城にあるNHK放送技術研究所で開催される一般向けの研究発表である。数年前 [続きを読む]

受信: 2005.05.28 21:54

« ■池田宏監督『空飛ぶゆうれい船』 | トップページ | ■めざめの方舟 映像一新 「百禽HYAKKIN(ひゃっきん)」 »