« ■NHK技研公開2005 「スーパーハイビジョン」 | トップページ | ■新日曜美術館 「建築・都市・ユートピア!実験建築の半世紀」 »

2005.05.29

■めざめの方舟 映像一新 「百禽HYAKKIN(ひゃっきん)」

hyakkin第2章は鳥の目線 「夢みる山」めざめの方舟、映像一新 [CHUNICHI WEB PRESS]

 第2章「百禽HYAKKIN(ひゃっきん)」が公開開始したということで、中日新聞に押井守監督へのインタビューが出ました。

 -今回はどんな作品。
 スピード感があり、若い人を意識した。(略)

 -見る人には何を期待するか。
 (略)見ることより、見られていることを意識してほしい。人間は見せ物で、擬人像が観客。見ようとすればするほど、自分が見られることになる。

 -2カ月後にはまた第3章に変わる。
 1週間でもいいから3章全部を通してやりたいね。(略)

中日新聞 愛知万博 動画サイト
 『めざめの方舟』の解説を押井守自らが語っています。

 意味はわかんないでしょうね。まず観てほしいのは、おじさん。それから子供。

 ということで、今回の「百禽HYAKKIN(ひゃっきん)」はDVD『めざめの方舟』を家で観る限りでは3本のなかで一番なので、楽しみにして万博会場へ再び訪れたいと思っています。もちろん、アリーナ席で観ます。今度はどんな空間に仕上がっているか、楽しみです。
 上のインタビューにある3本の連続上映、是非実現してほしいものです。会場スタッフの悲鳴が聞こえてきそうな、気もしますが、、、。押井ファンの観客にとってはこれが実現するかどうかで万博にいつ行くかが決まるわけで、もし実現するなら、早く発表してほしいものです。

◆関連リンク
・制作会社デイズ スタッフの日記
『めざめの方舟』コンプリート版DVD(8/24発売らしい)
・当Blog記事 DVD『めざめの方舟』感想 『青鰉 SHO-HO』スロープ版感想 アリーナ版 リンク 体感型映像空間 「百禽HYAKKIN(ひゃっきん)」感想

|

« ■NHK技研公開2005 「スーパーハイビジョン」 | トップページ | ■新日曜美術館 「建築・都市・ユートピア!実験建築の半世紀」 »

コメント

BPさん、こんにちは。

コンプリートDVDは一般ショップでも販売されるんですね。よかった~。販売時期はたぶん第三章の「狗奴」に変わってからでしょうけど・・・。
野良犬の塒さんサイトはまめにチェックしてるのですが見事見落としてました。ご配慮感謝です。
あと心配なのは値段ですね^^;。スタンダードと差別化するなら「イノセンス」DVDのようにかなり差をつけることも考えられるのでやや不安。
S.A.C.関係でいろいろ予約しちゃったので高いとお財布の中身が辛いです^^;。

投稿: shamon | 2005.06.03 16:57

 shamonさん、こんばんは。

 DVDは、コンプリート版DVDが夏に一般ショップでも発売される予定のようです。(下記、野良犬の塒さんの情報参照) DVDでも結構雰囲気は味わえますよ。

 僕はスタンダード版を買ったのですが、コンプリートでメイキングとかおまけがたくさん入ると、寂しいです(^^;)。

http://www.kyo-kan.net/archives/2005/04/post_288.html

投稿: BP | 2005.06.03 00:32

こんにちは。

>3本の連続上映、是非実現してほしいものです。

私もです。どうせ観るなら3本まとめて、ですよね。
愛知万博はあまり興味が無かったんですが、全部やるなら日帰りで強行します(笑)。
でも設備故障との情報もありますしどうなんでしょうね。ダメならDVDと絵本だけでも欲しいのですが、DVDは通販なさそうですね^^;。

投稿: shamon | 2005.06.02 11:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/4294833

この記事へのトラックバック一覧です: ■めざめの方舟 映像一新 「百禽HYAKKIN(ひゃっきん)」:

» 『めざめの方舟』設備に故障? [野良犬の塒]
愛知万博の『めざめの方舟』だが、現在一部の設備が故障している可能性がある。 ... [続きを読む]

受信: 2005.05.30 14:44

» めざめの方舟 [h]
押井守 の。 とっても押井守っぽい。 床一面のモニター。天井にも映像を映し出す部分が数箇所。 室内中央、上から吊り下げられている人形。神秘的。 室内の四方を囲むように、マントをつけた甲冑が整列している。 甲冑の顔は鳥みたい。中の人はいない。 ... [続きを読む]

受信: 2005.06.16 23:45

» 『イノセント』/押井守監督 [物語三昧]
タイトル: イノセンス スタンダード版 <<閉じた世界観>> 押井監督の『天使のたまご』を思い出させた。 というのは、凄く「閉じている」感じがするのだ。 たぶん、押井監督が独りで独走すると、この「閉じている」側面が強調されるのだろう。 押井監督は、制限があるほうが傑作なエンターテイメントを作るといわれるゆえんですね。 士郎正宗... [続きを読む]

受信: 2005.06.17 22:55

« ■NHK技研公開2005 「スーパーハイビジョン」 | トップページ | ■新日曜美術館 「建築・都市・ユートピア!実験建築の半世紀」 »