« ■ソニー 業務向け小型ハイビジョンハンディカム HVR-A1J | トップページ | ■池田宏監督『空飛ぶゆうれい船』 »

2005.05.25

■中島らも 『 ロカ 』

roka 中島らも 『ロカ』 (Amazon)

 昨年なくなった中島らもの絶筆。『酒気帯び車椅子』とは異なり、こちらは未完。主人公がとてもいい。世間に媚びず、わが道をゆく老作家の姿が気持ち良い一冊。ある意味ワンアイディアストーリーの『酒気帯び車椅子』に比べて、中島らもらしさ炸裂の傑作。

--------------- 以下 ネタばれ ----------------

 未完であるだけに最後、話が全く途中なのにスッパリ終わってしまうのが、悲しさを誘う。主人公の老作家小歩危ルカが若い恋人(未満)のククに会いに行こうとするところで本は突然終わる。その前にルカがギターにチューニングをするシーンがある。ここは何故だかくどいほどにチューニングを事細かに描写してあるのだけれど、まるで恋人に会いたいのになかなか会えない悪夢を見ているようなシーンになっている(結果的に)。

 そして絶筆。読者はこの主人公とともに、もう二度とククに会うことは出来ない。この余韻はまさしく悪夢だ。警官が突然出てきたところで終わるところまで含めて、図ったような夢の終了を思わせる終わり方になっている。主人公といっしょにククに恋をした我々読者はどうすればいいのか? この続きを読みたい !  これはククと中島らもが永遠になった瞬間なんだろう。

 大きな余韻を残して去っていく中島らも。ある意味、訃報を聞いたとき以上にジワジワと哀しみが広がっていきます。あらためて合掌。

◆関連リンク
・死の1週間前に書かれた本当の絶筆 「DECO-CHIN」
 (蒐集家ホラー競作集「異形コレクション」30巻目収録)

★以下、好きなシーン、言葉を引用。

「いや。オスの鮫糠というのはメスに比べるととても小さいんだ。五、六センチくらいしかない」
「そんなに」
「小さいんだ。そして時期が来るとオスはメスにへばりついて生殖行為をする。受精が完了した後のオスがどうなるか見当がつくかね」
「わかりません」
「メスの腹に貼りついたまま、段々メスの身体の中に埋もれていくんだよ」
「えっ」
「そしてついには完全にメスの中に埋没し、メスと同化してしまう。精子を放つことだけがオスの存在理由なんだ」(略)
「ニンゲンのオスはメスを受精させれば本来は何もすることがない。ヒマなもんだから要らないことばっかりする。宗教を作る。国家、政治を作る。戦争をして殺し合いをする。神学、哲学、文学、絵画を作る。強盗をする。人殺しをする。レイプをする。要らざることばかりだ。男は身長十センチくらいで、交尾後は女性の身体の中に還して溶けてしま奮い。神様はどうしてこンゲンを鰻鰊のようにお創りにならなかったのか。爺はそう思うね。文化だ芸術だと人は騒ぐが、そんなものは無くったって何の不自由もない。女性ばっかりで優しく暮らしていけばいいんだよ」P107-108

「これだ。この感じなんだ。何もせず、何も考えず、意味を求めず、表現を放棄し、社会的存在であることを拒否し、ひたすら心のたゆたいに身をまかせている。こういう時間を私は"生きている"と呼びたいな」
「爺さんはさすがに作家だね。この気持ちを言葉であらわすことができるんだ。おれにはとてもできねえな」P128

 ゆらゆらと、たゆたうようなこの感じ。これが僕にとっての中島らもです。

|

« ■ソニー 業務向け小型ハイビジョンハンディカム HVR-A1J | トップページ | ■池田宏監督『空飛ぶゆうれい船』 »

コメント

 gigababaさん、はじめまして。
 コメント、ありがとうございます。

 やはり中島らものこういう部分が好まれているのですね。グッときます。あーー、続きが読みたい!

投稿: BP | 2005.06.06 21:33

好きなシーンが同じだ。

投稿: gigababa | 2005.06.05 18:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/4267917

この記事へのトラックバック一覧です: ■中島らも 『 ロカ 』:

» ばいばい、らもちゃん〜『ロカ』 [-- 風の結露 --]
著者: 中島らも 実業之日本社   さっきまで、読んでいた。 読了してすぐに感想を書いたとしても、あまりにもいろんな想いに満たされて、とても〈書評〉にはならない。そんなことはわかっている。 でも、私は書き残しておかなければならない。彼の最後の作品だからだ。 この作品を読む前、私は中島らもが亡くなる一週間前に脱稿したという、本当の意味での遺作『DECO-CHIN』という作品を読み終... [続きを読む]

受信: 2005.05.26 08:25

» 中島らも文庫本新刊 [悪の教典楽天市場店]
 「心が雨漏りする日には」「牢屋でやせるダイエット」が文庫本化された。心が雨漏りする日には 三十歳でうつに襲われ、四十歳であわや自殺未遂、四十二歳で躁に転じて大わらわ!波乱万丈の中島らもの人生が、いまよみがえる! うつ病は確かに自殺に至る病ではあるけれ...... [続きを読む]

受信: 2005.06.11 18:30

» 『ロカ』 [天竺堂通信]
 カッコイイ老人になりたいと、今から思っている。  そんな老人は2種類いて、見習いたい老人と、あこがれていたい老人。中島らもによる本書の主人公は後者だ。真似などできそうにない。  小歩危ルカは68歳の元小説家。8年前に大ベストセラーを出して巨額の印税を... [続きを読む]

受信: 2005.07.07 09:56

» ぼくがすきな まちをすきな きみがすき [微熱日記]
亡くなった中島らもさんが尼崎市広報課の依頼で作成した尼崎市制70周年記念のコピー [続きを読む]

受信: 2005.07.14 18:49

» 一周忌って、そんな。 [つるつる独楽]
 亡くなったと知ったとき浮かんだ最初の言葉は「ええかっこしいめ」。次に「ずるいじゃないの」。  あなた三十五歳で死にますよと言われてた人だから、早死にじゃないのかも知れない。長生きしたのかも知れん。  酔って階段から落ちたらしいが「あのひとらしいや」って気分じ... [続きを読む]

受信: 2005.08.23 00:22

« ■ソニー 業務向け小型ハイビジョンハンディカム HVR-A1J | トップページ | ■池田宏監督『空飛ぶゆうれい船』 »