« ■ポール・オースター監督『ルル・オン・ザ・ブリッジ』
  Lulu on the Bridge(1998)
| トップページ | ■『ビデオサロン』HDR-HC1特集
   カノープス HDV編集ソフト「EDIUS 3 for HDV」 »

2005.06.20

■『愛・地球博 夢みる山 感動シアター 人気の映像空間を解く』

PAN_lift_down
東海テレビ『愛・地球博 夢みる山 感動シアター 人気の映像空間を解く
2005年6月19日 日曜 12時00分放送

 野良犬の塒さんの「東海テレビで『めざめの方舟』特番で知り地上波ディジタルで録画。卵型スクリーン製作会社の社長の話とか汎の造形についてとか以前のCBCの特番と同様のエピソードもありましたが、汎が空中から降りてくるCGデモシーン(上図)、企画当初の中央に巨大な戦車を置く案(下図)とかも紹介されていて、東海テレビの方がマニアック。汎はやはり動かす企画だったようです。今のは安全を配慮した妥協策で吊ってあるだけなのだとか。

 押井ファンとしての使命に駆られ(??)この貴重な資料映像を残さねばと思い、写真を撮りました。ハイビジョンで撮ってしまったのでパソコンに取り込めず、三脚立ててデジカメでプロジェクタのスクリーンを撮るという馬鹿なことまでしました(笑ってやって下さい)。なんでハイビジョン画面をPCでハンドリングできないんだ!と悪態をつきながら、、、、。(<<こういうことをするやつがいるからだよ、という声が聞こえてきそう。)もしかしたら 『めざめの方舟』コンプリート版DVD(8/24発売らしい)のおまけとして収録されるかもしれないので、それまでの限定で引用させていただきます(クレーム付くかも)。
concept_3

 番組のラストには、万博会場での『青鰉 SHO-HO』ほぼ全編をいろいろなアングルのカメラで撮って放映。ハイビジョン画像なので、かなり会場の万博イベントとしての雰囲気を伝えている(むしろ編集で実物より良いくらい(^^;))。この作品は本来オブジェ等含めて作品なので、この映像もDVDには入れてほしい。

 この映像観ていて再度思ったのはスロープ席(ただの鉄骨むき出しの螺旋壁面)のみすぼらしさ。これが目のまえに観えることによりスロープ席で観ると興ざめしてしまう原因になっている。上の構想図(中央)にあるように、樹海的にここを構築してテーマと合うよう大自然の驚異を感じられるようにしてあったら、バロック的荘厳な体験になったかと思うと残念。結局、予算ハード面で中途半端だったんですねーー。
oshii_on_alina
 右は択捉のようなバロック都市を背景に、アリーナで佇む押井のシルエット

◆画面の企画書より抜粋

 環境の方舟
 環境としての記憶 映像
 環境を生成する記憶 視覚を超えて生成する体感映像の空間

 太古の森林を螺旋状に展張した空間 非ユークリッド空間の方舟
  ★記憶の生態系 識域下に漂う方舟
  ★非キリスト教的・非旧約聖書的・非西欧的な方舟
  ★東洋的・風水的・汎神論的方舟

 降りしきる雨の音/水面を渡る風の音
 そして遠い遠雷
 木造の螺旋空間の壁をレリーフのように飾る化石の魚や獣たち
 さらにその表面を埋め尽くす苔や茸の群生

◆関連リンク
・制作会社デイズ スタッフの日記
・当Blog記事 DVD『めざめの方舟』感想 『青鰉 SHO-HO』スロープ版感想 アリーナ版 リンク 体感型映像空間 『百禽HYAKKIN(ひゃっきん)

 

|

« ■ポール・オースター監督『ルル・オン・ザ・ブリッジ』
  Lulu on the Bridge(1998)
| トップページ | ■『ビデオサロン』HDR-HC1特集
   カノープス HDV編集ソフト「EDIUS 3 for HDV」 »

コメント

こんにちは、BPさん。

>やはり、そんなことだろうと思ってました。
開幕前後のゴタゴタもイメージ悪くしてます^^;。子持ちの友人などは「人気パビリオンの予約は取るの難しいみたいだし、行っても入れなさそうだし。」と興味なさげ。高い旅費と入場料を払って、希望パビリオンに入れないのなら他のレジャーにという感じです。
今はインターネットで体験談とか読めるため、それも拍車をかけているでしょう。情報過多の弊害というか。

「プラネテス」
>続編として作ってほしいものですね。
私はやっとDVD1巻を観たばかりなんですけど(笑)、こういう良質のアニメは続けて欲しいですよね。
今年の技研公開、例の映像システムでは男の裸よりこっちを観たかったです(苦笑)。

投稿: shamon | 2005.06.24 18:11

 shamonさん、おはようございます。

>>愛・地球博のニュースは開幕前後に少しやっただけで、
>>こっちでは報道されることはほとんど無いです。

 やはり、そんなことだろうと思ってました。最高顧問に一時、就任して止めた堺屋太一氏が「大きな地方博」と揶揄していたとおりなのでしょうね。あーあ。

 『プラネテス』は僕もほぼ本放送で観ました。漫画では続いているわけで、TV最終話の後を連載が進んだら続編として作ってほしいものですね。

投稿: BP | 2005.06.24 05:53

BPさん、こんばんは。最近「プラネテス」なshamonです。

特番観たかったです(涙)。どうして東京ではやってくれないのでしょうね。愛・地球博のニュースは開幕前後に少しやっただけで、こっちでは報道されることはほとんど無いです。流れても「マンモス」か「ジブリ」だけ(--;)。

さて特番のレポート、興味深く拝見しました。お仕事でお忙しいでしょうに詳細な内容は感心するばかりです。ハイビジョンテレビにプロジェクターとはBP家はすごいですね^^;。うらやましい限りです。

投稿: shamon | 2005.06.23 19:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/4625698

この記事へのトラックバック一覧です: ■『愛・地球博 夢みる山 感動シアター 人気の映像空間を解く』:

» 夢みる山 【 愛・地球博 】 [*天体観測* 人生は経験なり!]
8月12日(金)のお盆真っ只中に挑んだ愛・地球博。 数日に跨ってのお話もいよいよラストになります。 午前中、唯一整理券が配布されていた企業パビリオン 「 夢みる山 」へ行ってきました。 企業パビリオン = 混んでて観れない が、常識の愛・地球博。 それなの... [続きを読む]

受信: 2005.09.03 20:18

« ■ポール・オースター監督『ルル・オン・ザ・ブリッジ』
  Lulu on the Bridge(1998)
| トップページ | ■『ビデオサロン』HDR-HC1特集
   カノープス HDV編集ソフト「EDIUS 3 for HDV」 »