« ■Apple QuickTime7でHD Galleryを観よう | トップページ | ■ASAHIパソコン
   今の「ハイビジョン」は本当の「ハイビジョンではない」 »

2005.06.14

■BSアニメ夜話第四弾

BS マンガ夜話 homepage OTAKING SPACE PORT より (敬称略)

出演 : 岡田斗司夫 (作家)、乾貴美子 (タレント)、氷川竜介 (アニメ評論家)

6月27日(月) 23:00~(6/18山形市・東北芸術工科大学公開収録)
未来少年コナン」 (78年) 監督:宮崎 駿
ゲスト:大塚康生(コナン作画監督) 江川達也(マンガ家) 松村邦洋(タレント)
6月28日(火) 23:00~
劇場版 エースをねらえ!」 (79年) 監督:出崎 統
ゲスト:小林七郎(美術監督) 大林素子 黒瀬珂瀾(ご本人のHP) 唐沢俊一
6月29日(水) 23:00~
超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」 (84年) 監督:石黒昇,河森正治
ゲスト:板野一郎 北久保弘之 古厩智之 深見梨加

 ということで、再来週放映予定とのことです。僕は『未来少年コナン』に一番期待。ゲストが大塚康生氏というのもビッグ。座談としては『マクロス』が盛り上がりそうですね。板野一郎氏のTV出演は僕は初見。いつもの北久保節と板野サーカス節(!?過激な語り口のような気がするじゃないですか?)の対決が見もの!!

|

« ■Apple QuickTime7でHD Galleryを観よう | トップページ | ■ASAHIパソコン
   今の「ハイビジョン」は本当の「ハイビジョンではない」 »

コメント

失礼しました。本人ですヽ(´ー`)ノ
早々のご対応、ありがとうございました。

投稿: からん | 2005.06.28 01:13

 からんさん、はじめまして。歌人の黒瀬珂瀾さん、ご本人でしょうか?

 コメントいただきまして、ありがとうございます。お名前が間違ってまして、申し訳ありません。訂正とHPへのリンクさせていただきました。来週の放映楽しみに観せていただきます。
 

投稿: BP | 2005.06.25 17:01

はじめまして。すみません。「珂燗」ではなくて「珂瀾」なのです。

投稿: からん | 2005.06.25 13:34

こんにちは、TBとレス感謝です。

>アニメータとして『イノセンス』等を語るというのも観たいです。

やっぱ『イノセンス』も外せませんよね。
「WEBアニメスタイル」のインタビューでは語られなった部分をぜひ語って欲しい(笑)。その場でさらっと何か描いていただけるともっといいかも。

>下記にもありますね。
拝見しました。言ってることが日経の記事と同じです(苦笑)。他のサイトの情報もありがとうございました。

村上隆氏の作品はふらっと出かけた六本木ヒルズで嫌というほど見かけました。
イメージキャラクターを担当していたから仕方ないんですけど、安物キャンディーみたいな色合いにはうんざり。
六本木ヒルズ自体もかなり趣味の悪い場所ですが(私見)、村上氏の絵がさらにそれに拍車かけてました^^;。
ヒルズでいいのは展望台から観る眺望だけです(きっぱり)。

>ルイ・ヴィトンもひでぇセンス
ほんとひどいですよねぇ^^;。銀座の松屋で見かけたときには眼を疑いました。
あのバッグが十万円以上するなんて信じられない。「合成皮革に白いペンキでも塗ったの?」てな出来合いですし。

>何故だか無性に腹が立ちます(^^;)。(ごめんなさい)
お気持ちわかります^^;。

>本田雄
うっ^^;、この方は存じ上げないです。ネットで検索してみますね。

投稿: shamon | 2005.06.17 19:15

 shamonさん、こんばんは。

>>次は「人狼」あたりを取り上げてもらい沖浦さんの出演を望みたいところです。

 沖浦監督の語るところは観てみたいですね。監督自ら、というのは初になるでしょう。アニメータとして『イノセンス』等を語るというのも観たいです。

>>日経新聞文化面にて村上隆氏が金田氏について語っています。

 村上隆が金田氏を語るのは、僕も別で読んだことがあります。下記にもありますね。

http://www.dnp.co.jp/museum/nmp/artscape/topics/9911/murakami/murakami3.html

 しかし、この村上隆の作品のひどさはなんなんでしょう。ルイ・ヴィトンもひでぇセンスなのに何故使ったの??って。
 あちこちで言われてますが、金田氏のアニメートの凄さをこの人が芸術的に偉そうに語ると、何故だか無性に腹が立ちます(^^;)。(ごめんなさい)

 ウェブでのこのあたりの話は、下記でまとめられていますね。

http://artifact-jp.com/mt/archives/200402/murakami.html

 んで、とどめは「町山智浩アメリカ日記」。

http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20040217

 金田氏のアニメートは、『ザンボット3』が最高にインパクトありました。金田以降は、本田雄が好みだったりします。この人の作画は本当に舌を巻きます。

投稿: BP | 2005.06.16 23:36

こんばんは、またお邪魔します。

>板野一郎氏のTV出演は僕は初見。
板野さんとは懐かしいお名前^^;。
先日CSで放映された「クラッシャー・ジョウ」で久々に板野サーカスを見ました(少しですけど)。
次は「人狼」あたりを取り上げてもらい沖浦さんの出演を望みたいところです。

この時代の偉大なアニメーターといえば金田伊功氏の名前が思い浮かびますが、2005/6/15付日経新聞文化面にて村上隆氏が金田氏について語っています。
メトロポリタン美術館所蔵の狩野山雪作「老梅図襖」に金田氏との共通点を見出すことができると。
金田氏の絵が自分を今の職業へ導いたとも述べています。
お読みになっているかもしれませんが、念のため。

投稿: shamon | 2005.06.16 21:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/4557173

この記事へのトラックバック一覧です: ■BSアニメ夜話第四弾:

» 「クラッシャージョウ」 [ひねもすのたりの日々]
CSでやっていた。気がついたら既に残り3分の1(^^;。劇場公開時に見たのにスト [続きを読む]

受信: 2005.06.16 23:23

» 金田伊功「銀河旋風ブライガー」 [牧歌組合~耳コピとエロジャケ~]
図1 図2 図3 図4 図5 図6 図7 図8 図9 ?■関連商品 「金田伊功スペシャル」 「BIRTH バース [少年向け:コミックセット]」 山本正之「マサユキ天国」 山本正之「アノ世ノ果テ」... [続きを読む]

受信: 2005.07.05 23:07

« ■Apple QuickTime7でHD Galleryを観よう | トップページ | ■ASAHIパソコン
   今の「ハイビジョン」は本当の「ハイビジョンではない」 »