« ■ソニー 小型ハイビジョンハンディカムHDR-HC1発売!! | トップページ | ■新刊メモ 『チャット隠れ鬼』 『自由は進化する』 »

2005.06.18

■新刊メモ『EXPO'70驚愕!!大阪万国博覧会』

expo70EXPO’70 驚愕!大阪万国博覧会のすべて
中和田ミナミ著 ダイヤモンド社 \3,990 2005.6
24×24cm/143p ISBN : 4-478-95055-5

これが35年前の未来都市だ!テーマは「人類の進歩と調和」。開催期間中、約半年間で入場者数のべ6422万人。1970年に行われた日本万国博覧会は、日本人の2人に1人が訪れたという史上最大のEXPOだった。「太陽の塔」「原子時計」「人間洗濯機」「タカラ・ビューティリオン」「エクスポタワー」「月の石」・・・いったいこの万博で、何が起こったのか?今でも心奪われるこの大阪万博は、21世紀の今この時代に、何を訴えるのか?明るい未来への希望を失い夢を持つことのできない今、35年前、大阪の千里の丘で行われた一大ムーブメントの秘密に迫り、夢見ることの大切さを思い出してみたいと思う。

 本屋で見ましたが、大判の写真満載でなかなか迫力。いままでこういう本がなかったのが不思議だったので嬉しい出版です。
 この写真集を見ていて、改めて思ったのだけれど、大阪万博のパビリオンって建築として面白いものばかり。冒険的なデザイン、未来的なフォルム。子供時代の雑誌の刷り込みの影響ばかりでなく、今見ても楽しい。
 比べて愛知万博の建築は、面白みのあるものが少ない。環境配慮だけでなく、挑戦的な建築がもっとあってもよかったのかなーと。
 やはりヤノベケンジに太陽の塔に匹敵する巨大モニュメントを作らせればよかったのに、、、。
 ああ、幻の愛知万国博覧会、、、、。

◆関連リンク
So-net blog:EXPO'70 Blog
・『EXPO70伝説―日本万国博覧会アンオフィシャル・ガイドブック』(Amazon)
・DVD『公式長編記録映画 日本万国博』(Amazon)
・『虚飾の愛知万博前田 栄作著(Amazon)

|

« ■ソニー 小型ハイビジョンハンディカムHDR-HC1発売!! | トップページ | ■新刊メモ 『チャット隠れ鬼』 『自由は進化する』 »

コメント

 カゲぱんさん、こんばんは。コメント、ありがとうございます。

>>あぁ、この万博の時代にいてれば真っ先に行ってただろうな、残念。

 小学生だったので、親に連れて行ってもらうしかなかったのですが、こんな万博が大人の時に開催されていたらと思うと悔しくてなりません(^^)。

 『20世紀少年』とか『オトナ帝国の逆襲』とかにも各作者の大阪万博への熱い想いが溢れてましたね。

投稿: BP | 2007.12.31 23:00

あぁ、この万博の時代にいてれば真っ先に行ってただろうな、残念。

投稿: カゲぱん | 2007.12.31 03:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/4602801

この記事へのトラックバック一覧です: ■新刊メモ『EXPO'70驚愕!!大阪万国博覧会』:

« ■ソニー 小型ハイビジョンハンディカムHDR-HC1発売!! | トップページ | ■新刊メモ 『チャット隠れ鬼』 『自由は進化する』 »