« ■古川日出男 直木賞の候補に!! | トップページ | ◆アクセスができない!!?? »

2005.07.09

■ハイビジョンハンディカムHDR-HC1
   使用レポート① 犬の毛並みがフワフワだ!! の巻

HDR-HC1_050709  SONYの新製品にひさびさにショックを受けて、今日ハツモノに手を出してしまいました。本当は品質がこなれる頃に買うのがいいと思いながら、矢もたまらず。
 それにしても凄い時代が来たものです。なにしろ35mmフィルムと同じ解像度、質感も迫るようなムービーキャメラを自分の手に収めることが出来るのです。これが興奮せずにいられましょうか。
 「いずれどこの街の子供でも手の中のカメラで映画を撮る時代がくるだろう」と言っていたのはフランシス・コッポラだったと思いますが、映画に憧れる人間にとってこれ以上のプレゼントはありません。自分では撮れないとわかっていても、気分だけでも。
 ボチボチと楽しみながら、レポートしていこうと思いますので、お付き合いいただければ幸い。

◆1-1 購入記
 まずはボーナスでたての我が家を襲った世俗の話から(^^;)。
 ネットでいろいろ調べて、Amazonの17.8-(通常10%ポイント還元+7/10までの1万円ポイント還元)≒15万円(たぶんネット最安??)に傾きかけたのですが、価格.comの掲示板でヤマダ電機が15.8-10%ポイント≒14.2万円の情報を見てヤマダで交渉。最初16-10%だったのを、掲示板どおりの価格に交渉しゲット。(カメラのキムラの15.5+三脚+バッグというのもなかなかでした) 。ポイントで即、テープとメモリスティックを買いました。
 店のポップで見たのですが、これ、岐阜の美濃加茂工場で作っているようですね。なんだ、隣町だ。輸送費分、この近所は安くてもいいのに。(美濃加茂工場に勤める知り合いのIsimov君、関係してんのかなーー。読んでるか??)

◆1-2 ファーストインプレッション
 コンパクトな中に部品が詰まったずっしりとした手ごたえ。持ってたDVハンディカムのDV-L1より1.3割増し重い体感。レンズ部の重量があり、手の中心より前に重心が来て少し気になるかも。
 操作感は電子音やスイッチのソフトなタッチがいい感じ。デジカメモードやマニュアル操作もなかなかのインターフェースかな、と。
 冒頭の写真に写したのは、他のウェブであまり触れられていなかったリモコンと取り説。リモコンはデザインも色も気合が入ってない。取り説は恐ろしく薄い。で、そこそこ良いが、知りたい機能が探しにくい。

 雨なので部屋中心(しかも夕方)に撮って、まずは2年前に買ったSONYのハイビジョントリニトロン WEGA KD-32HD900で観てみました。心配していたのは、HDR-HC1のi.LINK対応テレビリストにこの機種が挙がっていなかったこと。でもちゃんとi.LINK接続で観えました。残念ながら対応機種でないからか、WEGA側での再生等の操作が出来なかったけれど、HDR-HC1のリモコンで操作できるのでOK。
 で、肝心の画質ですが、なんか部屋も人も肉眼より明るく撮れて、きれいになったみたいな感じ(AUTOモードです)。ただ光量が足りないところで撮ったものなので、粒子が粗い感じはします。
HDR-HC1_Shel  一番感心したのは、犬の毛のふわふわ感がかなり再現されていたこと。まさに200万画素クラスのデジタル写真が動き出した感じ。あと音もいいです。WEGAのスピーカで聞いているだけだけど、少なくともうちの犬は本物の犬の声と間違えてました。ちゃんとしたオーディオでの再生は後日レポート。(写真はムービーから取り出したひとコマ。この変換は動画再生中にスチル用のシャッターを押すだけでメモリに取り出せて凄く簡単で便利。写真はトリミングと縮小してます)

 ウェブで早くもユーザーが撮ったムービーが公開されていますが、心配だったのはそれらでカメラのパンとかでジャギーが気になること。でもこれは大丈夫でした。原因はウェブ用にファイル変換していることによるもののようで、ハイビジョンモニタで観る限り、今のところ、気になりません。

◆1-3 ハイビジョンハードディスクレコーダの機器との連係
 うちのRec-POT HVR-HD250Mからテープへムーブして映像を残したかったのだけれど、事前の情報で駄目だとはわかっていた。しかし万が一と思うのが、人の悲しいサガ(^^;)。
 i.LINKで繋いで撮ってあったハイビジョン放送の番組をムーブしようとやってみました。
 機種名の認識はRec-POT側でしますが、設定して移動を実行するとエラーメッセージが出て、動いてくれません。HDR-HC1側にコピーガードの仕組みとか入れてないようで、どうしようもありません。次世代光ディスクの規格を混迷させているメーカとしては、ハイビジョンハンディカムでムーブに対応して、ハイビジョンの保存に現状の解を与えてほしかったと思いますが、ハンディカムにそれを求める人は少数なのでしょうね。

◆次回 DLPプロジェクタでの試写の巻に続く。

◆関連リンク
・当Blog HDR-HC1の記事。
・PC編集のガイド いよいよ発売!ハイビジョンハンディカムで楽しむ“お手軽”動画編集 / デジタルARENA 
・購入の参考にさせていただいたHDR-HC1最安を探せ!!さん。
・HDR-HC1のサンプルムービー 市民TV citv.org ここの橋本さんという方が良い味出してます。
・Victor JY-HD10等のサンプルムービー ビデオの輪 ここの「光のルネサンス」がお奨め。
フジテレビ『スローダンス』 妻夫木聡と深津絵里のドラマだけれど、主人公が映像学科出身で監督志望という設定。で、その友人がいじっていたカメラがHDR-HC1でした。さりげなく出てたけど、今後自主制作映画の話へ展開する気配もあり、活躍が期待される。ドラマとしては脚本(セリフ)がダメダメで、続けて観る気を減退させてますが、、、。

|

« ■古川日出男 直木賞の候補に!! | トップページ | ◆アクセスができない!!?? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/4885033

この記事へのトラックバック一覧です: ■ハイビジョンハンディカムHDR-HC1
   使用レポート① 犬の毛並みがフワフワだ!! の巻
:

» ★究極映像研究所★さん HDR-HC1レポート!! [HDR-HC1最安を探せ!!]
★究極映像研究所★さんが■ハイビジョンハンディカムHDR-HC1  使用レポート� 犬の毛並みがフワフワだ!! の巻を公開されています。 犬の毛のふわふわ感も再現できているとのこと。ふむふむ。 フジテレビの月9ドラマ、スローダンスにHDR-HC1が登場していたとのこと。ふむふ..... [続きを読む]

受信: 2005.07.10 08:40

» HDR-HC1発売後、最初の週末は? [ハイビジョンハンディカムわくわく体験プロジェクト2005]
HDR-HC1が発売になってから、最初の週末。 大雨の地域も多かったようだが、日... [続きを読む]

受信: 2005.07.10 22:44

« ■古川日出男 直木賞の候補に!! | トップページ | ◆アクセスができない!!?? »