« ■雑誌ビデオサロン05.8月号 HDR-HC1徹底検証 | トップページ | ■『ロシアの映像詩人・ノルシュテイン 日本を行く』 »

2005.07.24

■ハイビジョンスケッチ 『洞窟夏まつり』

doukutsu_01 doukutsu_02 doukutsu_03
 今日はHDR-HC1を片手に、岐阜県可児市緑ケ丘で開催されている珍しい夏祭り、洞窟夏祭りに行ってきました。さすがにハイビジョン映像も洞窟の中では粒子が粗い。上の写真はフォトモードで撮ったもの(左2枚)と、ハイビジョンからの切り出し(右)です(どちらも幅600ピクセルに縮小)。

◆こんな夏まつり
 これは、毎年夏の2日間開催されている祭りで、今年は7/23(土) 24(日) 17:00~。僕は今日が初体験でワクワク。
 珍しいのは、その名のとおり。洞窟の中で夜店や七夕飾りが並んで祭りが催される。この洞窟は戦時中(今や死語??)の地下工場跡地で、とにかく広い。幅10m弱の穴が交差し地中を伸びているが全長は1kmくらいになるのではないだろうか。

◆潜入
 夜店が数店並ぶ、さびれた町の夏まつりといった風情の狭い稲荷の境内。その奥に洞窟の入り口がある。幅2m、高さ2mほどの洞穴をくぐるように入っていくと、中に幅10m、高さ5mほどの空間が広がっている。で、浴衣や祭りのはっぴ姿の人が中にひしめいている。外の寂れた感じとは対照的に中は、活気のある賑わい。だけど閉塞的な洞窟なので、活気がどっか頭打ち、って独特の雰囲気があります。

 とにかく行く先が見えないような奥へと続く洞窟が圧巻。夜店自体は(洞窟の中なので露天とは言わないでしょ)、うどん屋やお面や風船といったどこにでもあるもの。店の密度は低いので、やはりこの祭りは洞窟というシチュエーションが最大の見世物でしょう。中で火を使っているので、酸素は大丈夫??って心配はとりあえず忘れて、暑い夏の一服の清涼を洞窟の冷たい空間に求めて、この奇妙な祭りを楽しみましょう。
 さっき調べたら、洞窟内での祭りというのは、他にはミャンマーのピンダヤ洞窟祭りというものしか、ネット上では見つかりませんでした。
 今年のチャンスはあと一日です。ご近所の洞窟ファン(??)は必見。

◆関連リンク
蒸し暑い夏の夜に最高!洞窟七夕まつり
日本の金属鉱山 鉱山事業所リスト

岐阜県可児市緑ケ丘団地 緑ヶ丘・地下工場跡 毎年、七月終週末に、緑ケ丘団地「洞窟まつり」というお祭りが催され、二日間だけ施設内に入れるそうな。

・地図はここ(Google Map)。以下の赤丸部。
doukutsu_map

|

« ■雑誌ビデオサロン05.8月号 HDR-HC1徹底検証 | トップページ | ■『ロシアの映像詩人・ノルシュテイン 日本を行く』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/5118285

この記事へのトラックバック一覧です: ■ハイビジョンスケッチ 『洞窟夏まつり』:

« ■雑誌ビデオサロン05.8月号 HDR-HC1徹底検証 | トップページ | ■『ロシアの映像詩人・ノルシュテイン 日本を行く』 »