« ■エキストラ募集 『小さき勇者たち~GAMERA~』 | トップページ | ■ハイビジョンスケッチ 『飛水峡』 Hisuikyou »

2005.07.23

■村上龍 『半島を出よ』

hantou_o_deyo_seahoak

半島を出よ

◆異文化接触 !

 遅まきながら読了。これ、異文化コンタクト小説としてなかなかのレベルになっている。特に上巻。福岡へ侵入した北朝鮮の特殊部隊が触れる日本社会の驚くべき生活。我々の知らない北朝鮮の視点から日本を眺めた時、日本がどんな風に見えるかというシミュレーションが凄い。貧富の差と社会理念の違い。ここを読むだけでもこの小説は凄く面白い。
 僕はここの描写からアーサー・C・クラークの『銀河帝国の崩壊』『都市と星の主人公アルビンが異文化世界に出会うシーンを思い出した。

◆ポリティカル・フィクション

 加えて上巻のポリティカルな面白さ。日本の政治の無能ぶりと、それによる外敵に対する無防備さの露呈。北朝鮮はテポドンなどはいらない。強靭なわずかな数の兵士と複葉機と戦略さえあれば、日本の一部を占拠できるという現実が、我々日本人に突きつけられる。
 きっと政府内ではこの小説のことは禁句になっているのではないか。たぶん今の日本にこれと同様の事態が起きたとして対処の方法はない(よね、きっと)。だから政治と防衛の場ではきっとこれに対する議論は誰も触れられないのではないか。つい先日、ミサイル防衛(MD)システムの配備を前倒しにするニュースが報道されていたが、ちょうどこれを読んだ後だったので、妙にしらけた感じに聞こえた。

◆魅力的な北朝鮮の特殊部隊と情けない日本人

 特に上巻は、高麗遠征軍の側の視点が圧倒的に日本の政治/民衆側よりも魅力的に描かれている。日本人の情けなさの描写はちょっと書きすぎなんじゃないかと思えるくらい。村上龍、よほど日本人が嫌いなのだろう。僕は特に日本政府というより福岡の民衆側はもっと賢い立ち回りができるとちょっと思うけど、、、。あとなんでこんな軍隊が攻めているのに逃げる人がいないのか、不思議。自分の生活は維持しなきゃいけないから、と村上龍は書いているが、ちょっと違うのでは。僕だったら、まず逃げるけど。

◆そして戦いの終章へ

 で、その情けない日本人の中で唯一戦うのが、詩人イシハラが緩やかな連帯で率いる精神的フリークスたち。なんらかの深いトラウマを持ち、世間と隔絶して生きるオタクたちがのそりと立ち上がる。まるで京極夏彦の史上最強の探偵・榎木津礼二郎のような絶妙の言語感覚の持ち主のイシハラをはじめ、このグループの面妖さは相当なもの。
 記事の冒頭の写真、福岡のシーホークホテルを舞台に繰り広げられるテロ。なんで日本はこんな対抗策しかできないのか、と情けなくなるが、このグループの視点で描写される「美しい時間」へと結晶化していく瞬間が本書の中でおぞましくも光っている。グループの一員のカネシロのセリフ。
 「これがおれがずっと夢見てきた世界なんだ。他にはもうどこに行ってもこんな世界はない。やっと見つけたんだ。だからおれはここに残る。」
 若干中だるみする下巻だけれど、ここと最終章の女兵士キム・ヒャンモクの部分は素晴らしい。

◆村上龍作品 お気に入り順
 『愛と幻想のファシズム』 『コインロッカー・ベイビーズ』 EV.Caf´e(イーヴィー・カフェ)―超進化論』 『超電導ナイトクラブ』 希望の国のエクソダス』 『イン ザ・ミソスープ 』 『ラブ&ポップ―トパーズ〈2〉』 『悲しき熱帯』 『共生虫

◆関連リンク
備忘録さんの『半島を出よ』関連地図
Japan Mail Media.
村上龍と坂本龍一の非公認のファンサイト
村上 - Wikipedia
「ベストセラー本ゲーム化会議」(BGK)『半島を出よ』
村上龍作品リスト(Amazon)

◆以下、悪用厳禁の侵略者撃退テクノロジー
ヤドクガエルとは。 『爬虫・両生類ビジュアルガイド ヤドクガエル』(Amazon)。ヤドクガエルを買える(!!)ショップ
V型成形爆破線について 爆破施工のトップランナー 株式会社カコーダイナミックニュース 鉄塔解体発破の知識
H-ⅡAロケットの打上げ前段階における 技術評価について(P35) 「HⅡロケットにおいても1/2段分離機構も構造を切断しているV型成形爆破線自体はシングル・ポイント・フェイリアであり、1段/SRBの結合部(前方側1点、後方側3点)も各々の分離機構部自体はシングル・ポイント・フェイリアである」

|

« ■エキストラ募集 『小さき勇者たち~GAMERA~』 | トップページ | ■ハイビジョンスケッチ 『飛水峡』 Hisuikyou »

コメント

 コメント、ありがとうございます。

 日本政府がこの状況で作戦にゴーをかけられるどうかですね。

 人命尊重で決断できないのではないかと。

投稿: BP | 2008.08.02 07:03

>たぶん今の日本にこれと同様の事態が起きたとして対処の方法はない(よね、きっと)。

陸自の特殊作戦群があるから大丈夫でしょ。

投稿: | 2008.07.31 22:57

マスコミはレベル低いですね。これは間違いなく。
ただ政治家は普通マスコミよりも頭がいいんです。
だからまず北朝鮮が攻めてこない。
攻めてきても普通に処理される。
まあだから攻めて来ないわけですが。
それじゃあこの話はなかったことになるわけですから実も蓋もないですけどね。
拉致とかをちまちましてる金正日のほうがまだましかもしれませんね。

投稿: カイゾー | 2005.12.22 08:41

 カイゾーさん、こんばんは。

>>小泉や安倍あたりは普通にちゃんとやりそうな気がするけど
>>どうでしょうね?

 この人たちは、やりたいでしょう。でも日本のマスコミのレベルの低さを考えると、もの凄いネガティブキャンペーンの展開になるでしょう。自民党すらつぶれかねないのではないかと、、、。マスコミをうまく扇動して勝ってきた小泉は、そんな自滅行為は、やんないのではないでしょうか。

>>あと村上龍は絶対に自民党の候補者にはならないでしょね。

 あ、これは間違いないですね。やらないと思うけれど、もしもやるなら、『愛と幻想のファシズム』みたいに自分で政党を立ち上げるでしょうね。(でもあのしゃべりとルックスじゃ、日本のマスコミや大衆には絶対受けません。そこんとこはよく認識されていて、そんなことをするとは思えませんが、、、。JMMとかで、文化人御意見番をいろいろやってる方が好きなのだと思います。)

投稿: BP | 2005.12.21 22:42

浅間山荘事件あたりでちゃんと対応したと思いますが。
福島瑞穂とかあほな政治かもいますが
小泉や安倍あたりは普通にちゃんとやりそうな気がするけど
どうでしょうね?
一応だから政権は常に自民党なわけだし。
日本国民が一様に日本国民を馬鹿にするのが意味わかりません。
あと村上龍は絶対に自民党の候補者にはならないでしょね。

投稿: カイゾー | 2005.12.21 00:19

 カイゾーさん、はじめまして。トラックバックもありがとうございます。

>>大体テロというのは首謀者の居場所がわからないから厄介なのであってここにいますという相手は普通に逮捕されるだろう。

 この小説で一番の日本の課題は、人質をとられたときにどう日本が対処できるか、ということではないでしょうか。

 たぶん今の政府には、人質を殺されてもテロリストを倒すという判断は無理。だって政権倒れますモン、日本の民意のレベルから言ったら。ここをクリアできないと、対策案にならないと思うのは僕だけでしょうか。

 イシハラたちは、そんなもん、何も気にする必要がないから倒せたのであって、日本が独自に倒すことの出来る道は、ないのではないでしょうか。

 だから今、同じことをされたら、どう対処するか手がない。あ、でも今なら、アメリカ軍の介入が現実策でしょうね。今のところ、見捨てられていないから。
 

投稿: BP | 2005.12.20 23:28

福岡ドーム付近を包囲して放って置けばそのうち食料が尽きるだろうし。居場所がわかるのだからこの際攻め込んでもいいと思う。北朝鮮兵士と兵器はどのようなものかわからんが自衛隊の装備のほうが数段上のはず。大体テロというのは首謀者の居場所がわからないから厄介なのであってここにいますという相手は普通に逮捕されるだろう。以上対策案でしたw

投稿: カイゾー | 2005.12.19 23:09

 naokimaさん、はじめまして。TBとコメント、どうもありがとうございました。あと「nimazの日記」の感想、拝見しました。

http://plaza.rakuten.co.jp/nimaz/diary/200507300000/

 漫画化するなら、さいとうたかをと小林よしのりの合作で、とのこと。 <-- これ、強烈な作品になりそうですね。なんか凄く読んでみたくなりました!! 確かにこの作品は、並みの漫画家では歯が立たないでしょう。
 北朝鮮側をさいとうたかを、イシハラグループ+その他日本人を小林よしのりでやるというのは、もしかして作者の意図を最も伝えられるかもしれませんね。
 

投稿: BP | 2005.08.01 02:57

初めまして。「半島を出よ」を読み終わったばかりで、何か無性に、他の人の感想を聞きたくていろいろとblog等読んでましたら、こちらへ行き当たり、きれいに評されているのと関連リンクも充実されてましたので、TBさせて頂きました。
私もキムヒャンモクの章は好きです。

投稿: naokima | 2005.07.30 18:05

 りょーちさん、はじめまして。

 りょーちさんもやはり『愛と幻想のファシズム』と『コインロッカー・ベイビーズ』ですか。そうですね、僕も読み直したくなりました。イシハラグループには「ダチュラ」感覚が溢れていましたね。

 でも、本作、中盤、気迫が落ちたような気がしました。村上龍も年くったなというか、パワーで押してくる感じがこの2作と比べると弱いかなって思いました。

投稿: BP | 2005.07.29 00:12

こんにちは。りょーちと申します。
久々に村上龍を読んだのですが、文字通り大作でしたね。
本書を読んで「コインロッカー・ベイビーズ」や「愛と幻想のファシズム」をもう一度読んで見たくなりました。

ではでは。

投稿: りょーち | 2005.07.28 11:35

TBありがとうございました。
非常に共感できる読評です。

またよろしくお願いいたします。

投稿: fujiking | 2005.07.23 22:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/5085135

この記事へのトラックバック一覧です: ■村上龍 『半島を出よ』:

» 半島を出よ [れしぴ]
村上 龍氏の著書『半島を出よ(上・下)』 相変わらず問題提起して下さる。。朝の情報番組で取り上げられていた。。舞台は6年後の設定ではあるのだが、近未来を予測して書かれているので、明日、1年後起こりうる可能性があるかも。。。「とあるblogで、『最悪を想定して書かれていると云う... [続きを読む]

受信: 2005.07.23 17:00

» 半島を出よ、を読んだ。 [ヤサシイケド、ツライヨ。]
村上龍著「半島を出よ」(幻冬社)を読みました。 久しぶりの村上龍作品。 大学時代 [続きを読む]

受信: 2005.07.24 21:27

» 「半島を出よ」って朝鮮語で? [Antithese, America  -反米な日常-]
昨日 「ベストセラーは何かの間違いがないと読まない」 と豪語しておきながら 村上 龍 半島を出よ (上) 半島を出よ (下) です... [続きを読む]

受信: 2005.07.27 10:14

» 村上龍:「半島を出よ」 [りょーちの駄文と書評とアフィリエイト]
半島を出よ (上)posted with amazlet at 05.07.27村上 龍 幻冬舎 (2005/03/25)売り上げランキング: 1,311Amazon.co.jp で詳細を見る半島を出よ (下)posted with amazlet at 05.07.27村上 龍 幻冬舎 (2005/03/25)売り上げランキング: 1,466Amazon.co.jp で詳細を見る りょーち..... [続きを読む]

受信: 2005.07.27 17:05

» 読書感想「半島を出よ」 [三匹の迷える羊たち]
読書感想「半島を出よ」 半島を出よ (上) 半島を出よ (下) 【はてなダイアリー】http://d.hatena.ne.jp/asin/434400759X 【評価】★★★★ [続きを読む]

受信: 2005.07.30 12:33

» 読みました [HypersonalBlog]
「早く読みたい」と言って早2ヵ月、やっと上下巻を読み終わりました。読みながらいろいろと考えましたがまとめきれないので思ったことを断片的に書いてみます。・まずムカデとか毒蛙とか気持ち悪い虫、生き物が出て来るのでそういうのが苦手な人は肝を据えて読みましょう...... [続きを読む]

受信: 2005.07.30 17:54

» 村上龍「半島を出よ」とヤドクガエルの謎(京大グループが解明) [鯖田鮫蔵的批評 (&フランスメディア抄訳)]
 村上龍の小説「半島を出よ」の表紙で、福岡市早良区・中央区の衛星画像上に何匹も覆いかぶさっているのが、毒性を持つヤドクガエル。小説内でも、大量の虫を飼育する少年・シノハラが特に慈しんでいる生物として登場する。この毒カエル、なぜか中南米の生息地を離れると....... [続きを読む]

受信: 2005.10.30 10:30

» 持ち歩くのは大変 [矢沢と彩子のラブゲーム(仮)]
半島を出よ (上) 村上 龍 敬愛する村上龍氏の最新作。 気合を入れてから読もうと思い、遅れて購入しました。 実はまだ上巻の半分ほどしか読んでないけど、ぜひみなさまにお勧めします。 あらすじは……、ご存知かもしれないので簡潔に。 福岡に九人の北朝鮮コマンドが潜入し、福岡ドームを占拠する。 後続の十二万人の北朝鮮兵が九州を乗っ取り、新しい国家を造ろうというもの。 とんでもないフィクションですが、あり得ないと断言するのは危険かもしれない。 龍さんは「起こりうる最悪のシナリオ... [続きを読む]

受信: 2005.11.06 06:21

» 半島を出よ  村上龍 [a fruit knife and a boy]
 まず最初に言いたいのは、実際にこんなことが起こりそうとか思っている読者が意外と多いようだが、とにかくこの本に書かれていることは実際に起こったりしない。日本の政治家はいくらなんでもそこまで馬鹿じゃない。最低でも読者はそのことをわかってほしい。村上龍なんて言うジャンキー小説家に小馬鹿にされないでほしい。  とにかく疑問なのは村上龍が世界をきちんと認識しているのかということ�... [続きを読む]

受信: 2005.12.19 03:50

« ■エキストラ募集 『小さき勇者たち~GAMERA~』 | トップページ | ■ハイビジョンスケッチ 『飛水峡』 Hisuikyou »