« ■David Cronenberg "A History of Violence" (2005) | トップページ | ■原將人始動 ! 『仲よき事は 美しき哉』 »

2005.08.30

■新刊メモ 『テクノゴシック』 Techno-goth

Techno_goth 慶應義塾大学巽ゼミより

評論集「テクノゴシック」が間もなく刊行されます。「イノセンス」「甲殻機動隊」「マトリックス」をはじめ世界を席巻する“テクノゴシック”作品を題材に、現代のポップ・カルチャーに多大な影響を与える「ハイテク」そして「ゴシック」を考察する画期的ゴシック文化論です。

 「攻殻」の字が間違っているのは御愛嬌ですが、面白そうな本です。ゴシックを「ゴス」と略す感覚は好きではないのですが、『イノセンス』論が読めるんなら読んでみたい。『攻殻機動隊』は神山作品だったら嬉しいけれど、押井守版でしょうね。SACはゴシックとは違うし、、、、。

◆関連リンク
小谷真理テクノゴシック』(Amazon)
F-GENS お茶の水女子大学「ジェンダー研究のフロンティア」 小谷真理(SF & ファンタジー評論家)「テクノゴシック(Techno-goth)論」

|

« ■David Cronenberg "A History of Violence" (2005) | トップページ | ■原將人始動 ! 『仲よき事は 美しき哉』 »

コメント

こんばんは~、BPさん。メイキングレビューへのコメント感謝ですm(__)m。

>「サイポーグ・フェニミズム」は僕も未読。面白いんでしょうかね?
増補版を持っています。全部読みきるにはかなり根性要りそうな本です^^;。
増補部分に押井版「攻殻」について記述が少しありますよ。

>犬と魚と鳥の像は販売されないのでしょうかね。

どうなんでしょう^^;。どうせ廃棄するなら一部売ってあとはどこかに寄付してくれたらと、私は思います。やっぱ実物見たいので。
メイキングには会場に置かれた六将の胴体部分の中身が写っていましたよ。空間を実に効率的に使っています(笑)。

投稿: shamon | 2005.09.04 00:46

 shamonさん、どうもです。

 「ユリイカ 特集押井守」の文章ですね。あれはジェンダー視点で書かれていたので、今度のテクノゴシックの視点でどう書かれているのか、興味深いです。「サイポーグ・フェニミズム」は僕も未読。面白いんでしょうかね?

>>「めざめの方舟」コンプリDVDレビュー、アップしましたよ~。

 今、コメントしてきました。いよいよ万博も一ヶ月を切りましたね。YAHOOオークションで外国館の映像装置だかが売られているようですが、犬と魚と鳥の像は販売されないのでしょうかね。家族には絶対反対されるけれど、鳥がちょっとほしいっす。

投稿: BP | 2005.09.03 18:02

おはようございます。BPさん。

小谷真理さんの本ならぜひ読みたいですね。「ユリイカ」のイノセンス論がおもしろかったので。「サイボーグ・フェミニズム」をまだ読んでないけど^^;

「めざめの方舟」コンプリDVDレビュー、アップしましたよ~。

投稿: shamon | 2005.08.30 07:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/5701036

この記事へのトラックバック一覧です: ■新刊メモ 『テクノゴシック』 Techno-goth:

« ■David Cronenberg "A History of Violence" (2005) | トップページ | ■原將人始動 ! 『仲よき事は 美しき哉』 »