« ■国書刊行会-<未来の文学>第Ⅱ期、開幕 | トップページ | ■造形と映像の魔術師 シュヴァンクマイエル展 Svankmajer
    幻想の古都プラハから »

2005.09.11

■"LEXUS L-finesse"
    -Modern Japanese art meets automotive design-

 トヨタのレクサスブランドが日本でデビューしましたが、それに先立ち、今年の春に欧州でのブランド戦略としてなのでしょう、ミラノでこんなアプローチがあったようです。

milano_lexus レクサス、ミラノデザインウィークアートにてアートエキジビション
 (トヨタプレスリリース)

会場では、8月から国内導入されるレクサス「GS」と、デトロイトショー にて発表したコンセプトカー「LF-A」をモチーフとした造形モデルを展示するとともに、レクサスの世界観を映像化した「L-finesse Art Movie」を上映。また、アーティストによる「先鋭―精妙の美」の解釈として、新しい日本の美を描く画家の千住博氏の未来への想いを込めた絵画、斬新かつエレガントな建築を手掛ける妹島和世氏の照明などが初公開

lexus.jpのミラノデザインウィーク

DESIGN HUBさんの記事

このエキシビジョンの展示方法が全く秀逸。真っ白な空間に真っ白なフォルムのみのレクサスがあるだけでドキッとするのに、さらに部屋中に霧を充満させて、全ての境界線を曖昧にするという大胆かつ効果が高い展示方法。

 ミラノのエキジビジョンはなかなか好評だったようですが、レクサスでデビューしたGSISを見ててもあまりときめくようなアート的なインパクトがないと感じている人が多いのではないでしょうか。ジウジアーロのデザインだと言われていた初代GSはスポーティでインパクトがありましたが、現モデルは上にある「曖昧」さが悪い方に作用しているような気がします。日本らしい良さとして「曖昧」を狙ったようですが、凡庸というかのっぺりしたというか、インパクトがありません。

 初代RXがSUVのデザインを革新したように、レクサスにはデザイン的インパクトも期待したいものです。トヨタのデザイナーは、マツダのMX-CROSSPORT(クロスポート)にはやられたと思っているのではないでしょうか。この艶のあるデザイン、日本的な洗練された曲線は素晴らしい。「L-finesse:先鋭―精妙の美」というのはこういうデザインを言うのではないでしょうか。(クロスポートは来年デビューらしい、街をこんな車がどんどん走り出したら、凡庸な日本の街の風景も刺激を受けるような気がするけれど、、、。)
MX-Crossport
 上で引用したレクサスのフェンダーも、なんかマツダのアクセラスポーツのフェンダーに見えてしまうのは僕だけでしょうか。(車格の差はいかんともしがたいけど、、、。)

◆関連リンク
NIKKEI DESIGN ・RESPONSE ・LIVE LABO
・石上純也「キリンアートプロジェクト2005
・『妹島和世+西沢立衛/SANAA金沢21世紀美術館』(Amazon)
・妹島和世イメージ検索 ・千住博イメージ検索
妹島和世の本 ・千住博の本(Amazon)
designtope.net記事(プレスリリースと同じ)

|

« ■国書刊行会-<未来の文学>第Ⅱ期、開幕 | トップページ | ■造形と映像の魔術師 シュヴァンクマイエル展 Svankmajer
    幻想の古都プラハから »

コメント

 KOYOさん、はじめまして。
 コメント、ありがとうございました。

>>レクサスと言うか、トヨタは「何が言いたいの?」ってデザインが多い
>>(むしろそればっか)のが、性能はいいだけに実に残念です。

 (^^;)言えてますね。中には少し良いのもありますが。今後のレクサスには期待したいです。

>>その点マツダは素晴らしいですよね。シンプルかつセクシーで大好きです。

 初代ロードスターにかかわられたデザイナーと少し話したことがあります。ポリシーが感じられて、凄く好感。ZOOM ZOOMと合わせて、デザイン力がマツダを救ったのかも。

投稿: BP | 2005.09.18 07:37

TBありがとうございます!しかも取り上げていただいて、恐縮の限り。コメント遅れてしまってすいません。 

レクサスと言うか、トヨタは「何が言いたいの?」ってデザインが多い(むしろそればっか)のが、性能はいいだけに実に残念です。その点マツダは素晴らしいですよね。シンプルかつセクシーで大好きです。


これからもよろしくお願いします。

投稿: KOYO | 2005.09.14 02:39

こんばんは~、BPさん。ブログへのコメントありがとうございました。お返事してありますよ~。

さて、新しいロードスターいいですよね!
うちのオンボロFCがかすんで見えます(苦笑)。モーターショーで実物に触れるといいのですが・・・無理かな(^^;ヾ。

>ニュアンスが怪しい。
えー、監督曰く、
「いろいろ制約があるんで。いっちゃうと自分の首を絞めることになるんで」
です。でも座談会ではかなりのオフレコ発言があった様子(笑)

>映画版ならめちゃめちゃ楽しみですが
私も3rdではない、と思います^^;。というか2ndのラストがああだったので、あのまま3rdになだれ込むのは見るほうとしてはちょっと辛い。
1stのノリで独立した物語なら楽しいかも。

>いいデザインの車がいろいろと出てましたね。
そうそう。未来的過ぎずかといって古臭くなく。作品の世界観に合ってました。

投稿: shamon | 2005.09.13 21:04

 shamonさん、おはようございます!

 ロードスター、いいですよね。一度でいいから、中古でもオーナーになりたいです。モーターショーではMX-CROSSPORTや新MPVも出るでしょうから、マツダデザインファンとしては行ってみたいものです。

「tachikoma file」レビュー、拝見しました。神山監督のコメント、意味深な感じですね。もしかして映画版SAC??単なる第三部なら発言してもよさそうなものなので、隠さなきゃいけないってニュアンスが怪しい。映画版ならめちゃめちゃ楽しみですが、、、。どうなることでしょう。

 SACとカーデザインということでは、SACの未来の車描写はなかなか好きです。いいデザインの車がいろいろと出てましたね。

投稿: BP | 2005.09.13 05:44

こんばんは^^。

マツダは新ロードスター、トヨタはレクサス。
今年のモーターショーが楽しみですわ~。わくわく(笑)。

ホビージャパンの「tachikoma file」が届きました(レビュー済み)。
神山監督が「攻殻S.A.C.」の今後について語っていますよ(^0^)。

投稿: shamon | 2005.09.11 20:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/5851792

この記事へのトラックバック一覧です: ■"LEXUS L-finesse"
    -Modern Japanese art meets automotive design-
:

» ミラノデザインウィーク "LEXUS L-finesse" [DESIGN HUB]
結構前の話ですが、ミラノで行われたミラノデザインウィークでのレクサスのアートエキシビジョンが気になっていたので、ご紹介。 米国での長期品質調査で11年連続顧客信頼度No.1の、日本が誇るトヨタの高級ブランド「レクサス」。 長年万人向けの野暮ったいデザインと....... [続きを読む]

受信: 2005.09.12 20:39

» ■■Good Design Presentation2005 vol.1■■ [■1st impact■]
グッドデザイン賞の選考会ともいうべきGDP2005ではまず入り口付近に人だかり レクサスのGSとISがありました [続きを読む]

受信: 2005.09.13 19:04

« ■国書刊行会-<未来の文学>第Ⅱ期、開幕 | トップページ | ■造形と映像の魔術師 シュヴァンクマイエル展 Svankmajer
    幻想の古都プラハから »