« ■造形と映像の魔術師 シュヴァンクマイエル展 Svankmajer
    幻想の古都プラハから
| トップページ | ■豊田市美術館 最後の「トらやん・ファイヤー」 »

2005.09.15

■ビンチェンゾ・ナタリ監督 NOTHING/ナッシング

NOTHING
NOTHING(公式サイト)。 eiga.com。 予告編Trailer

CUBE/キューブ』のビンチェンゾ・ナタリ監督が、今度は何もない真っ白な世界を描いた。世の中に嫌気がさした主人公たちが、「何もかもなくなってしまえばいい」と思った途端、周囲からあらゆるものが消えていくというサスペンス映画『NOTHING/ナッシング』だ。

NOTHING EXPO 2005 “無”の世界博 開催決定!
期間・場所:
9/17(土)~9/27(火) WIRED CAFE 360°
9/28(水)~10/4(火) SHIBUYA TSUTAYA 2F
映画の既成概念を破壊する未体験デリート・サスペンスは、こうやって作られた!ヴィンチェンゾ・ナタリ監督自らが描いた画コンテ、メイキング写真、プロダクションノートなど、制作現場の裏側を大公開!(入場無料)

 こんな世界を一度は夢想したことがありませんか(特に受験生のとき(^^;))。スタイリッシュだった『CUBE/キューブ』(1997)のビンチェンゾ・ナタリ監督の新作は、なかなかクールな感じです。

◆関連リンク
DVD『CUBE/キューブ』(Amazon)
 ナタリ監督衝撃のデビュー短編作「ELEVATED」収録
Vincenzo Natali (IMDb) 短編とTVを入れて、『NOTHING/ナッシング』は7作目で2003年の作品。日本公開はシネセゾン渋谷で2005.9/17~。単館ロードショー。
J.G. Ballardの『High Rise/ハイライズ』の公開が2006年に予定されているようです。
・テリー・ギリアム『Tideland』(2005)のメイキング『Getting Gilliam』(2005)も作ったらしい。詳細はこちら。こっちも観たいぞぉー。

|

« ■造形と映像の魔術師 シュヴァンクマイエル展 Svankmajer
    幻想の古都プラハから
| トップページ | ■豊田市美術館 最後の「トらやん・ファイヤー」 »

コメント

 ssnostalgiaさん、はじめまして。コメント、ありがとうございます。

 そうですか、『CUBE』より傑作ですか。たぶんこちら(東海地方)では映画では観られないと思うので、DVDを楽しみに待ちたいと思います。

投稿: BP | 2005.09.25 22:14

はじめまして。
ナッシングの監督は「CUBE」よりものすごく進歩したとおもいます。面白い映画でした。

投稿: ssnostalgia | 2005.09.24 10:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/5963271

この記事へのトラックバック一覧です: ■ビンチェンゾ・ナタリ監督 NOTHING/ナッシング:

» 「カンパニー・マン」 [ひらりん的映画ブログ]
近未来系サスペンスらしかったので、DVDで鑑賞することに。 出演者で知ってる人は、ルーシー・リューくらい。 2002年製作のSFサスペンス・ドラマ、95分もの あらすじ 平凡な男・モーガン・サリバンは仕事にも家庭にも行き詰まり・・・ ハイテク企業デジコープ社に面接に行き、産業スパイとなる。 モーガンはジャック・サースビーという偽名を与えられスパイ活動を開始・・・ かつてないスリルとサス�... [続きを読む]

受信: 2005.09.16 00:56

» [映画]NOTHING [NOISE BOX]
『CUBE』『カンパニー・マン』のヴィンチェンゾ・ナタリの最新作『NOTHING』。 初監督作の『CUBE』は、超話題になり、単館ロングラン。後にも先にも、立見で映画を観たのは、これくらい。 ところが、2作目の『カンパニーマン』は、早々に上映規模縮小の上、早期打ち切り。打ち切りに気付いたのは、終了直前で、道路を走る車の音が聞こえる、銀座シネパトスにて観賞。いや、アタシは大好きなんですけどね、この映画。なんとも無機質な感じの映像と、ラストの大どんでん返しが。 その教訓を生かし、今回は上映2日目に、... [続きを読む]

受信: 2005.09.18 22:37

» NOTHING (ナタリ監督) 観てきました [森についてもっと知りたい FOREST NOW]
森のこととは全然関係ないけど。 カナダのヴィンチェンゾ・ナタリ監督の映画、 「NOTHING」をシネセゾン渋谷で観てきました。 (予告20分(!)、同時上映アニメ15分、本編89分でした。) この監督は、かのサイコサスペンス映画「CUBE」を撮った方です。 ご存知の方も多いとは思いますが、 あの作品はスゴイ! かなり衝撃をを受けました。(見たのはレンタルビデオでですが。) かなり怖い&リアルな描写が気持ち悪いところもあるので、 そういうのが嫌いな方は、止めたほうがよいかも。... [続きを読む]

受信: 2005.09.23 23:23

» NOTHING<ナッシング> [web-log nostalgia]
NOTHING<ナッシング> 「この映画に描かれている事は現実である。」と映画のはじめに何度も繰り返される。事実そうだとおもう。この映画を見て何人の人間がこれを当事者意識を持って事実として捉えているかわからないが、哲学的な条件設定は見事なまでに現代社会の現実を捕らえている。 社会に適合できない「引きこもり」と「前衛」が主人公である。この設定を引いてくるところが映画「CUBE」を作った監督の感覚の鋭さだろう。「引きこもり」も「前衛」も人間として社会化されなかったという意... [続きを読む]

受信: 2005.09.24 10:53

» NOTHING ナッシング [spoon::blog]
嫌われ者のデイブ(デビッド・ヒューレット)と対人恐怖症のアンドリュー(アンドリュ... [続きを読む]

受信: 2005.09.25 18:40

» カンパニー・マン [スポンジの如く]
カンパニーマン ■平凡なサラリーマンが産業スパイに転身。そのスリル感に興奮を覚え、かくありたい自分に変身して自身を取り戻す。しかし、同時に強烈な頭痛と奇妙な映像のフラッシュバックに襲われ、知らず知らずの内に記憶の迷路に入り込んでいく…。「CUBE」のビンチェ....... [続きを読む]

受信: 2005.09.28 01:27

» NOTHING(2003/カナダ=日/監督:ヴィンチェンゾ・ナタリ) [のら猫の日記]
[シネセゾン渋谷] 「CUBE」の鬼才、ヴィンチェンゾ・ナタリ監督の最新作ということで、前売券まで買って公開を楽しみにしてた作品。 「カンパニー・マン」で首を傾げた人も、これは観るべし! 幼いころから親友同士、嫌われ者のデイブ(デビッド・ヒューレット)と引きこ..... [続きを読む]

受信: 2005.10.04 00:26

» NOTHING [ナッシング] [Webデザイナーが使うWebデザインのネタ帳『Key Person Q』]
NOTHING [ナッシング] http://www.klockworx.com/nothing/ ★★☆☆☆ サスペンス映画 ホワイト FLASH 「CUBE」のヴィンチェンゾ・ナタリ監督。円が広がってモノが消えていく効果を用いている。... [続きを読む]

受信: 2005.10.11 17:12

» ナッシング [オイラの妄想感想日記]
幼馴染のデイブとアンドリュー。アンドリューはゴミを捨てに行くこともできないくらいのひきこもり。 デイブは何も考えずにその場の感覚で動いている、自己中人間。 そんな二人はお互いの足りない部分を補って、一緒に暮らしていた。 ある日、それぞれが不条理な事件に巻....... [続きを読む]

受信: 2005.10.26 09:08

» ナッシング [オイラの妄想感想日記]
幼馴染のデイブとアンドリュー。アンドリューはゴミを捨てに行くこともできないくらいのひきこもり。 デイブは何も考えずにその場の感覚で動いている、自己中人間。 そんな二人はお互いの足りない部分を補って、一緒に暮らしていた。 ある日、それぞれが不条理な事件に巻....... [続きを読む]

受信: 2005.10.26 09:23

» ナッシング [DVDジャンル別リアルタイム価格情報]
「CUBE」で話題をさらった奇才、ヴィンチェンゾ・ナタリ監督が描くサスペンス・スリラー。「CUBE」「カンパニー・マン」のクルーが再結集して作り出した全く新しい世界観。極限状況に置かれた人間の心理を浮き彫りにした作品。... [続きを読む]

受信: 2005.12.13 21:35

» ナッシング [酒池肉林・映画歓楽街]
2003 カナダ/日本 89分 【監督】ヴィンチェンゾ・ナタリ 【脚本】アンドリュー・ロウリー、アンドリュー・ミラー 【出演】デヴィッド・ヒューレット、アンドリュー・ミラー、ゴードン・ピンセント、マリ=ジョゼ・クローズ、アンドリュー・ロウリー 他 【製作総指揮】ヴィン..... [続きを読む]

受信: 2006.02.17 19:06

« ■造形と映像の魔術師 シュヴァンクマイエル展 Svankmajer
    幻想の古都プラハから
| トップページ | ■豊田市美術館 最後の「トらやん・ファイヤー」 »