« ■R・A・ラファティ 『宇宙舟歌』 柳下毅一郎訳 | トップページ | ■『トンデモUFO入門』 »

2005.11.18

■ON YOUR MARK

OnYourMarks
ジブリがいっぱい SPECIAL ショートショート
収録作品詳細リスト

On Your Mark
CHAGE&ASKAの楽曲「On Your Mark」のプロモーション フィルム。キーになる場面を繰り返し使用しながら、いくつかの別の結末を提示して見せることで、多様に存在する未来の可能性を、端的に表現した。宮崎駿監督作品 としては「天空の城ラピュタ」以来の本格的SFアクション活劇。

 『ハウルの動く城』と同時に、こんなDVDが出たのですね。
 んで、待望の『ON YOUR MARK』初DVD化収録!! めちゃくちゃ、待ってました。
 神林長平の火星の地下都市を思わせる近未来世界。メルトダウン後の地上と地下のカルト教団。まるで押井守のメガネシバシゲオを思わせるようなキャラクタ(と言ってもCHAGEか)、居酒屋(合成蛸酢とか未来?)、下宿でのPC作業、公団住宅とか、未来の生活感も楽しめます。

 この作品、『カリ城』や『さらば愛しきルパンよ』と一脈通じる傑作と思うのは、僕だけでしょうか。ポイントはたぶん大人の男が主人公というところ。『風の谷のナウシカ』以降の宮崎作品はほぼ全て子供が主人公。その中で多分唯一、大人の男(達)が主人公なのがこの作品。(豚はとりあえず除外)。
 『カリ城』のルパンのキャラクタの持つ奥ゆき(?)がなんとも好きなのだけれど、そこに一脈通じるような気がするこの作品の主人公二人。短いしセリフもないし、想像力で補っていることは否定しないけれど、あきらかにこのコンビは『カリ城』ルパンを彷彿とさせます。

 加えて、もろ宮崎なストーリー。以前にここで書いたけれど、「白い服の少女を助けて、その精神的な部分まで浄化する」というやつ。この話もそのまんま。小品ゆえに、もろに表現されています。最近の作品では、子供を主人公にして、思春期のもやもやが加わって、このモチーフがわかりにくくなっていますが(でもいつもモチーフはこればっか)、やはりストレートに出ている作品の方が、情感的には優れたレベルを達成できているように思う。

 助けた少女とともに、落下していく車体に遠くシルエットで浮かぶ二人の姿。最後まで諦めない闘志と、次に変化する浄化を予感させる明日。短いフィルムに見事に凝縮された宮崎イズムが光る一篇。

◆関連リンク
・05.8/26金曜ロードショー「猫の恩返し」の時に“ジブリ秘蔵作品”として放映されていたのですね。(- SCENE. -さんより)
(Amazon)
・当Blog関連記事 『ハウルの動く城』 BSアニメ夜話『カリオストロの城

|

« ■R・A・ラファティ 『宇宙舟歌』 柳下毅一郎訳 | トップページ | ■『トンデモUFO入門』 »

コメント

 tonaeさん、こんばんは。

 Amazon、さすが。金曜の晩に発注して日曜の昼に到着(近所のショップではDVDの実物すらみかけなかったのに)、さっそく観ました。

 やはり『ON YOUR MARK』が最高。初めて鮮明な画質で観ました(^^;)。あ、ここはこんな色だったんだと。

>>作品中では暗示もされてないけど主人公二人の
>>暗い結末を想像してみるのもまた楽し…

 そうですね、両面感じられるから、奥ゆきが出るのですね。あの黄色のトラック/トレーラーの質感がDVDでは一段と良かったです。

 そういえば、この作品、スタッフ名が全く出ませんが、アニメータは誰なんでしょう。下記に出てました。
http://www.jmdb.ne.jp/1995/ds001600.htm
 作画監督 安藤雅司 。原画 大塚伸治 遠藤正明 河口俊夫 篠原征子 百瀬義行、、、。そうそうたるメンバーですね。また今から観ちゃいそうです。

投稿: BP | 2005.11.21 23:03

僕もネット注文して今日見ました。
先日のTV放映は見逃してしまったので映画館で
見て以来…やっぱり傑作ですねー。変な教訓めい
た話とかいい子過ぎる主人公とかいらないから
こうゆうのまた作って欲しいけど…無理なんだ
ろうなあ…。
作品中では暗示もされてないけど主人公二人の
暗い結末を想像してみるのもまた楽し…
アメリカンニューシネマ?

投稿: tonae | 2005.11.19 23:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/7188035

この記事へのトラックバック一覧です: ■ON YOUR MARK:

« ■R・A・ラファティ 『宇宙舟歌』 柳下毅一郎訳 | トップページ | ■『トンデモUFO入門』 »