« ■『イーオン・フラックス』 (AEON FLUX)予告編 | トップページ | ■テリー・ギリアム監督『ブラザーズ・グリム』
   The Brothers Grimm »

2005.12.07

■〈映画の見方〉がわかる本
   『80年代アメリカ映画カルトムービー篇 ブレードランナーの未来世紀』

Bladerunner_no_mirai〈映画の見方〉がわかる本 
80年代アメリカ映画カルトムービー篇 
ブレードランナーの未来世紀 (Amazon)
 町山智浩氏の本。表紙がとてもかっこいい。 『ブルー・ベルベット』『ビデオドローム』『未来少年ブラジル』、そして『ブレードランナー』と並べられると、自動的に我々の世代は買ってしまいそう。まさにこの時期、「狂い咲き」ですね。

第1章 デヴィッド・クローネンバーグ『ビデオドローム』―メディア・セックス革命
第2章 ジョー・ダンテ『グレムリン』―テレビの国からきたアナーキスト
第3章 ジェームズ・キャメロン『ターミネーター』―猛き聖母に捧ぐ
第4章 テリー・ギリアム『未来世紀ブラジル』―1984年のドン・キホーテ
第5章 オリヴァー・ストーン『プラトーン』―Lovely Fuckin’War!
第6章 デヴィッド・リンチ『ブルーベルベット』―スモール・タウンの乱歩
第7章 ポール・ヴァーホーヴェン『ロボコップ』―パッション・オブ・アンチ・クライスト
第8章 リドリー・スコット『ブレードランナー』―ポストモダンの荒野の決闘者

◆関連リンク
ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記によれば、年内には刊行予定とのこと。

|

« ■『イーオン・フラックス』 (AEON FLUX)予告編 | トップページ | ■テリー・ギリアム監督『ブラザーズ・グリム』
   The Brothers Grimm »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/7388908

この記事へのトラックバック一覧です: ■〈映画の見方〉がわかる本
   『80年代アメリカ映画カルトムービー篇 ブレードランナーの未来世紀』
:

« ■『イーオン・フラックス』 (AEON FLUX)予告編 | トップページ | ■テリー・ギリアム監督『ブラザーズ・グリム』
   The Brothers Grimm »