« 2005年3月13日 - 2005年3月19日 | トップページ | 2005年3月27日 - 2005年4月2日 »

2005年3月20日 - 2005年3月26日

2005.03.26

■夢みる山 押井守監督『めざめの方舟』のリンク

 万博がいよいよ開幕。プレス公開もあって、『めざめの方舟』情報が増えているかと思って検索してみました。会期中2ヶ月ごとにテーマが「青鰉(しょうほう)ー水の記憶」「百禽(ひゃっきん)ー時を渡る」「狗奴(くぬ)-未生の記憶」と3本のバージョンがあるようですね。
 ネットでの関連記事は、残念ながらまともな映像レビュウはありませんでした。どんな印象なのか気になります。どうにもお尻のあたりがムズムズしてきますが、僕は4月に行こうかなと思ってます。で2ヶ月ごとに行って3本観るかどうかが悩みの種ですね。

愛・地球博が25日開幕。18日よりプレスプレビューを開催(AV Watch)

強烈な光の明滅と、ノイズ混じりの強烈なマルチチャンネル音響が印象的な展示で、「よくわからない」という感想も多く聞かれた。
 この記事にはNHK「スーパーハイビジョン」とSONY「レーザー ドリームシアター」の紹介もあるけれど、これが本当に映像専門誌の記者が書いたの?というくらいつまんない記事で、映像をその場で観たインプレッションがほとんどない。残念。

・野良犬の塒さんの 『めざめの方舟』は『天使のたまご』立体版?より。

 サイゾーに掲載されている押井守氏の“ツレヅレ観賞日記。”に、『めざめの方舟』について書かれている。(略)「今更宇宙から地球を見た映像を見たとしても何の感慨もわかないのと同様、自然の映像をただ見てもどうにもならない。人間にとっての環境とは人間自身であるのなら、環境を表わすものとは戦争とセックスである。そこで万博では戦争とセックスの映像を表示する……つもりだったが当然のごとく却下された」という。
 4本目として裏でこんなラディカルなバージョンもあるかも。絶対こっちが観たい。『イノセンス』にダイレクトにつながるテーマ設定ですね、これだったら。 

asahi.com : マイタウン愛知 - 朝日新聞地域情報

モニターを並べる案はすぐ浮かんだが、もともと横向きに置く画面を上向きにしたら、内部の熱が画面付近に上がってプラズマ基板に不調が出ることが分かった。空調会社と相談し、モニターの下約1.5メートルの空間を冷房で「巨大な冷蔵庫」にした。

Kenji Kawai's Cafe 川井憲次氏のHPのBBS記事。音響のテクニカルな話が面白い。

映画と異なり、将来的に再現はほぼ不可能ですので、機会がありましたら、ぜひおいでくださいね。(略)つまりおおざっぱに言えば、音を楽しむならアリーナで、映像全体を楽しむなら周回路で、ということです。(略)
今回のシステムでは、一周6本のスピーカーを上下二段と、天井にも2本のスピーカー、そして床に2本のスーパーウーハーを設置することとなりました。通常、映画では、センターLCRに3本、リア(ウォール)のLRで2ch、サブウーハーという、いわゆる5.1chですが、今回は実に14.1chということになります。(略)今回、押井さんと僕には「できるだけでかい音で」というなんとも乱暴なサブテーマがあり、よそのパビリオンから文句がこないギリギリまで音圧を上げたかったのです

オリンパスの800万画素動画カメラを押井守が使用

・BLOGではほとんど観た人の記事がないですが、こちらとか。「なつのお気に入り」さんの - 夢みる山「めざめの方舟」見学

★究極映像研究所★: ■万博レポート 押井守総合演出『めざめの方舟 青鰉 SHO-HO』

★究極映像研究所★: ■押井守監修 林弘幸演出   DVD 『めざめの方舟』SPECIAL EDITION.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.24

■新刊メモ トーキングヘッズ叢書
   「昭和幻影絵巻 ~闇夜の散歩者たち」

THseries23TH-series 23
 新刊案内のメールをいただきましたので、ご紹介。
 往年の名ファンジントーキングヘッズから生まれたトーキングヘッズ叢書の新刊のテーマは昭和幻影絵巻。なんかワクワクしてきます。購入に走ろうかと思います。

======
書名:「昭和幻影絵巻 ~闇夜の散歩者たち」
    /トーキングヘッズ叢書(TH Series No.23)
発行:アトリエサード http://www.a-third.com
発売:書苑新社 定価:1300円(1238円+消費税)
体裁:A5判・並製・176ページ・ISBN 4-88375-068-X
発売日:2005年3月25日(土)~28日(月)ごろから店頭に!
――――――
昨今の昭和ブーム&和製ホラーブームに、
昭和的・日本的な闇の世界への憧憬を読み取った特集!
ウルトラマンや乱歩作品の映画化などで知られる映画監督・実相寺昭雄vs噺家・柳家喬太郎の対談や、実相寺オペラ「魔笛」で衣装デザインを担当した漫画家・加藤礼次朗インタビュー、カラー特集・闇を愛でる絵師たち~山本タカト・佐伯俊男・丸尾末広・上田風子などの他、近藤聡乃、中井英夫、大正の幻の耽美作家・山崎俊夫、江戸川乱歩、団鬼六、伊藤潤二、諸星大二郎、星野之宣、唐十郎、寺山修司、アングラ演劇ポスターなどをピックアップ!
詳しくはTH-series 23 をご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.03.21

■ソニー 2005型スクリーン レーザー ドリームシアター

GxL_device 万博内覧会に誘われたけれど、都合で行けず残念。各紙・誌・WEBでいろんな記事が出てきました。

 愛・地球博が25日開幕。18日よりプレスプレビューを開催(AV Watch)

 GxLは、従来「GLV(Grating Light Valve)」の名前でソニーが開発を表明していた技術を使用した、光回折格子を用いたレーザープロジェクション方式のディスプレイ技術。
 システムの核となるGxL素子は半導体技術を用いて製造されるMEMS(Micro Electro Mechanical Systems)素子で、素子表面に配された微細なリボンを電気信号で動かすことで、光源のレーザーから発せられた光の回折光の強弱を制御し、映像化する。(略)
 今回上映された映像は、自然環境と人類の関係をテーマにした10分強の作品「2005 our planet(ソニー PLC制作)」で、解像度は600万画素(1,920×1,080ドット×3システム)以上。
 600万画素ということはハイビジョンのおよそ3倍ですね。NHKのスーパハイビジョンの8800万画素より桁落ちなので、それほど凄くはないかと。
 たぶん注目すべきは、このデバイスでしょうね。テキサスインスツルメンツのDLP素子というMEMS映像デバイス独占の牙城に20世紀の映像の雄SONYが挑んだということがニュースだと思います。
 なんか上の絵を見ていると、DLPにやられた!!という技術者の悔しさがにじんでいるようです。でも広い意味でTIの着想の延長上にあるとしか思えません。特許の第一クレームあたりでは引っかかっている気がしないでもない。(と言いつつDLPの特許は調べてません。SONYの技術者はきっとそこを潜り抜けているのでしょう。)
 イメージしにくいのは、レーザーを使っているというところ。「色の再現能力を従来テレビの約2倍に広げ」というのがどんな鮮明さになるのか興味津々。AV Watchの記事では、その映像美についてほとんど述べていないので、それほど大したものでないみたい。でも、これも2時間くらい並ばないと観えないのかなーーー。
◆関連リンク
Sony Japan|プレスリリース| 幅50メートル、600万画素の大迫力・高精細映像を実現する「レーザー ドリームシアター」を"愛・地球博"に出展
・撮影・上映には、メガビジョン(株)の「メガビジョン」映像システムが使用されている。
メガビジョンとは
サッカーなどのフィールド競技、雄大な景色、祭りや風物詩、コンサートや舞台パフォーマンスなどを、ハイビジョンの3倍(横方向)の超広角高精細映像(9:48)として、撮影、記録/伝送、上映するハイテク映像システム

★究極映像研究所★: ■万博 NHK『スーパーハイビジョンシアター』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月13日 - 2005年3月19日 | トップページ | 2005年3月27日 - 2005年4月2日 »