« 2005年5月8日 - 2005年5月14日 | トップページ | 2005年5月22日 - 2005年5月28日 »

2005年5月15日 - 2005年5月21日

2005.05.21

■栗本慎一郎『パンツを脱いだサル』

mystery_train  20年以上前の学生時代、日曜日の大学の研究室。研究室のラジオで「経済人類学」という聞きなれない言葉を語る学者の話をたまたま聞いた。学者がDJにリクエストした曲Mystery trainが静かな部屋に流れる。これが僕の栗本慎一郎とのファーストコンタクトであった。
 それから20年あまり、ずっとそのMystery trainに乗って、ブタペストから旅をはじめトランシルバニア、紀州、ナッシュビル、ついにはカザールという謎の帝国にたどり着いた。本書は東欧に存在したというカザールの物語である。

 似合わない感傷的な文章ではじめてしまったけれど、脳梗塞に倒れてもう刺激的な本は書かないのではないかと思っていた栗本慎一郎が『パンツをはいたサル』の完結編を書いたことがとても感慨深い。この本に書いてあることの真偽は僕には確かめようもない。
 んが、一編のフィクションとしてみた時になかなかのイメージ喚起力があることだけは否定できない。

 物語は地殻変動で陸が海に飲みこまれる670万年前の中近東ダナキル地塁からスタートする。陸から海に出ていかざるえなかった類人猿が我々ヒトの始祖となる。いわゆる水棲類人猿仮説なのだけれど、ここに経済人類学の過剰蕩尽理論を用いて、ヒトの本性がどう形付けられたのかが語られる。飛躍があってわかりにくくはあるが、大地が割れ海が侵入し山が火を噴くイメージがヒトの誕生の原初的イメージとして残っているという描写がいい(P59)。

 その人類が貨幣というパンツをはき、市場経済を発展させる。そして語られるマルクス主義の発生、ロシア革命、冷戦とその終結の物語。冷戦終結によって発生した浮遊貨幣5000兆円の「資金資本」という暴走自走するパンツが人類の終焉を招くのか、、、、。荒い論理展開に不満の声もあちこち(下記リンク)で聞かれるけれど、これもひとつの架空の人類史として読むと、そのダイナミズムにはワクワクする。オラフ・ステープルドン『最後にして最初の人類』を思い出させるセンス・オブ・ワンダーがあると思った。(陰謀史観部分は軽く読み飛ばしましょう(^^;))

 そして何故か付け加えられたビートルズについての一章。
 ここは僕はふたつの読み方が出来ると思う。ひとつは深刻な話をした時のクリシンのいつもの表面の冗談と諧謔の一種。(誰が壮大な人類史を語った後に真面目にビートルズをけなす文章を加えるか?これによる効果は狙ってやっているはず。だってここで触れる本はあの胡散臭いウィルソン・ブライアン キイの『メディア・セックス』なんだから。いつも彼の本はこう。だからヒトは安心してこの本を批判できる)。

 そしてもうひとつが栗本の学生時代への郷愁。P228にある戸田勝義のくだりにあるなんとも言えない心の襞に触れている文章である。栗本妻の兄って、こういう人だったのですね。これは本では初めて書かれたのではないだろうか。そして吐露される栗本のヒトの革新への想い。結局ヒトは若い日の幻影をしょっているものなんだな、っていう感慨と、この人の本のコアにいつもあるこの想いを再び読めたことが感慨深かった。

kurishinn_at_transilvania
                    『血と薔薇のフォークロア』よりトランシルヴァニアの栗本

 アーサー・ケストラーが『第13氏族』を書いて死んだように、この本が栗本の遺書にならないことを祈るばかりである。もっとも『光の都市 闇の都市』の頃から、「これは、私の遺書である。ブタペストとトランシルヴァニアに二日後に出発せねばならぬ時に書いている。つまり、"いしょ"がしいときに書いているということだが、それだけではない」なんて言いつづけている人だから、きっと大丈夫でしょう。『カフカスの短剣』も是非読みたいし、まだ隠して書いていないと著作で述べていた近江とか紀州をキイワードにした日本の根源の話(『シリウスの都 飛鳥-日本古代王権の経済人類学的研究』がそれになるのか?)も書いてほしいものである。

◆関連リンク
日々の雑感(tach雑記帳はてな版)さん 詳細紹介
・donaldさんの千種通信
2ch 哲学板 パンツを脱いだサル
 2chにしては真面目な議論になってますが、浅田彰ははっきり言ってどうでもいいので、もっとこの本のことを語ってほしい。
・Amazonリンク 栗本慎一郎『パンツを脱いだサル』 栗本慎一郎本 マイケル・ポランニー
たちばな出版|近刊案内 『シリウスの都 飛鳥 日本古代王権の経済人類学的研究』 栗本慎一郎著(四六ハード05年7月\2,100)

| | コメント (9) | トラックバック (1)

■DVDメモ 谷口千吉総監督 『公式長編記録映画 日本万国博』

DVD_expo70公式長編記録映画 日本万国博(Geneon公式ページ)

直接製作費3億4千万円、のべ参加スタッフ数1万8千名、使用フィルム尺10万メートル。黄金色に輝く円型の頭部が太陽の塔の胴体に装着される大迫力のトップシーンから、観る者は一気に、まるで万博会場に立ち会っているかのような臨場感と興奮にひきずりこまれる。

■1971年度劇場公開作品
■文部省特選(成人向、青年向、少年向、家庭向)
■1971年度 日本映画興行成績ランキング第1位
総監督:谷口千吉「銀嶺の果て」「暁の脱走」
音楽:間宮芳生「太陽の王子 ホルスの大冒険」「火垂るの墓」
ナレーター:石坂浩二・竹下典子
封入特典(予定)
●カラー8P解説書(万博会場マップ再録掲載)
●万博ポストカード3枚セット

 このDVD、いいですね。「万博会場に立ち会っているかのような臨場感」っていうのが特に。
 当時撮られて編集された記録フィルムなので、熱気とか70年代の空気を表現しているのでしょうね。総監督の谷口千吉って、黒澤明関連の本でよく名前を見る監督なのですが(『銀嶺の果て』,『暁の脱走』とかが黒澤脚本・谷口監督)、実は未見。調べてみるとこの作品が遺作のようですね。
 ところで愛知万博の公式記録映画は誰が撮るのでしょうか。ワールドカップは公式映画ではないけれど、岩井俊二の『六月の勝利の歌を忘れない』がありました。愛地球博を岩井俊二のカメラで観てみたい気もしますが、もっともそんな映画に割く時間があるならもっと劇映画の本数を増やしてほしい気もします、、、。
◆関連リンク
『公式長編記録映画 日本万国博』 (Amazon)
『プロジェクトX 挑戦者たち 第VIII期 大阪万博 史上最大の警備作戦』 (Amazon)
・この映画の照明を担当された古市義人の記述。この映画の準備中に亡くなった照明マンの父 古市良三氏について書かれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.15

■万博レポート 映像パビリオン アラカルト

 究極映像研究所の「究極映像」とは、もともとハイ・イメージ論Ⅰで筑波万博富士通パビリオン「ザ・ユニバース」の3D-CG映像を吉本隆明が評した言葉からとっている。大阪花博の「ザ・ユニバース2」と合わせて、この立体3D-CG映像は、万博映像としておそらく最高峰だと思う。

 赤青フィルタのメガネ(または偏光メガネ)をかけて、あの立体3D-CG映像を観た時の興奮は今だ忘れることができない。眼の前に広がる無限の空間で鳴動する水分子の映像。どこでも観たことのない映像の異空間。僕が万博映像に期待するのは、ハリウッドの映画が描くエンターテインメントの宇宙冒険でも幻想的なファンタジーの映像でもなく、純粋に映像そのものによってどこでもない空間に観客を連れ去るようなそんな高次映像-究極映像である。

 以下、今までに観た愛知万博の各映像系パビリオンについて、簡単にコメントします。
 んで、結論は今回の万博では究極映像の「究」の字も観ることはできません(^^;)。いずれもエンターテインメントとしては、まあ楽しいかな、ってくらいで、ぶったまげるような映像には出会えていません。子供だましと呼んでいいかも。あと残すのはいくつかのパビリオンだけですが、ほぼ諦めムード漂う究極映像研(^^;)です。残念。
 「ザ・ユニバース3」があったら10回は観に行ったのに、、、。富士通の景気さえ良ければ、、、残念。

三井・東芝館 『グランオデッセイ
 面白いのはシアター入場前に参加者の一人づつが顔の写真を撮り、それをCG画像として撮り込んで作品の中に登場させていること。僕は戦闘チーム「ガーディアン」のリーダーでした。そのまんまジャパニーズなこの顔がハリウッドエンターテインメントなカッコイイ戦闘パイロットを演じている画面は違和感のかたまりでした(^^;)。
 ストーリーはSF。よくある人類が移住した先から地球へ戻ってくるという設定。デザインとか纏まってはいるけれど、あまりにパターンな展開がつまらん。
 映像は十数人の各ブースごとに150インチほどの画面。東芝なので自社製のDLPプロジェクタ使用かも。ハイビジョン画質のフルCGでした。これも可もなく不可もなく。ただラストでブースの仕切りが開いて、スクリーンがとなりのブースとつながって広がる趣向はそれなりに良かったのでした。
  『グランオデッセイオフィシャルアートブック―Nikkei characters presents』

菱未来館@earth 『もしも月がなかったら』
 米国天体物理学者 ニール・F・カミンズの『もしも月がなかったら』を基にした映像。
 IFXシアターということで、途中までは普通の大画面映像、後半で幕が開くと鏡をうまく使用し映像とそれを反射して広がりを出した華やかな空間を演出していた。そこのところはなかなか良かった。

JR東海 超伝導リニア館
 映像としては、偏光メガネをかけて観る大画面立体3Dハイビジョン。
 なかなかの迫力なのだけれど、コンテンツが単調すぎる。ただ超伝導リニアの走行風景を繰り返すばかり。迫力ある音楽がバックにかかり、鉄道オタクはあれだけで満足かもしれないが、、、。
 展示としては、僕が万博で最もテクノロジーにワクワクしたのがここ。リニアの技術に技術屋として痺れました。
 時速581kmという速度は約マッハ0.5。ジャンボ機が時速930kmということでマッハ0.8。ほとんど飛行機のスピード。しかもリニアは磁石により約10cm浮上しているので、ほとんど地面を飛ぶ飛行機ということになります。浮上する時に支持脚/案内脚装置というのがまるで飛行機の車輪のように引き上げられる映像が離陸のようでかっこいい。
 技術としては「ビスマス系高温超電導線材」を使用して、超伝導を冷凍機のみで(液体窒素を用いないで)作り出す技術(これはまだリニアに実装はされていない)が紹介されていた。浮上するための磁気の方式もいろいろと工夫がされていてメカニズムが面白い。
 この技術のワクワク感が映像に反映されていたら良かったのに。たとえば映像で飛行機との速度比較を見せるとか。とかく環境技術のみがクローズアップされている今回の万博だけど、少年達はこういう技術に痺れると思うけどな。

◆グローバル・ハウス オレンジホール
 立体大型映像装置・電脳屏風スクリーンによるソンマ・ベスビアーナ遺跡の復元
 遺跡の像のとなりでひっそりと上映されている約3分の展示おまけ映像。14名限定で偏光メガネ式CG立体映像を会場の片隅で約50インチのスクリーンで観る。CGはベスビオス火山の噴火で灰に埋もれる街。CG的には少し前の時代の映像で古い感じ。ここでの展示装置が他と異なるのは、スクリーンの形が屏風型(世界初!)になっている点。スクリーンがフラットではなく、W字型になっている。で、その効果は、、、、少し立体感が増したよーーな気がする。

◆夢見る山 NGK ウォーターラボ シアター
 シアター前方にライブステージを設け、実像(ドク・ウォーターを演じるアクター)と偏光メガネ式立体映像を組み合わせたパフォーマンス。USJのターミネータとかと似た方式。
 子供づれで行くなら、たいしたことのない上の各映像よりこちらがお薦めかも。単純に楽しいです。ならばずに観えるし。

◆夢見る山 押井守総合演出 『めざめの方舟 青鰉 SHO-HO』 別記事→スロープ版 アリーナ版
NHK スーパーハイビジョンシアター
SONY レーザードリームシアター この2つは別記事

◆関連リンク
『ハイ・イメージ論〈1〉』吉本隆明(Amazon)

 現在の高度な世界都市のなかに、偶然にまたは設計してつくられた高次映像の場所は、いわば究極映像のほうから逆に照射されたとき、それに呼応できる場所を意味している。

・富士通『ユニバース』リンク集。システム構成等画面写真付き紹介赤青フィルタメガネ
 注意!!  幕張の富士通ドームシアターは2002年9月に休館されて今は観えません。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

■万博レポート スーパーハイビジョンv.s.レーザー ドリームシアター

 グローバル・ハウスのブルーコースとオレンジコースで、スーパーハイビジョンとレーザードリームシアターを見比べてきました。結果はスーパーハイビジョンの圧勝。

SONY レーザードリームシアター
 スクリーン 幅50m×高さ10m
 解像度(1920×1080)×3=約600万画素。 フルHDを横に3つ並べたもの

 はっきり言ってSONYのはスクリーンがでかいだけで映像はただのハイビジョン。期待したレーザーの鮮明だと言われる画像も特に通常のDLPプロジェクタを凌ぐようには観えなかった。とにかく画面はでかいが、解像度がよくない。あれなら名古屋港水族館でIMAXを観た方が良い。加えて3台のGXLプロジェクタを横に繋げているのだけれど、つなぎ目が明らかにわかる。約5-60cmの幅で特に暗いシーンではつなぎ目が一段白くなっていて誰の目にもわかる。そのつなぎ目だけ明度を落とすとかそのくらいの工夫は出来なかったのかと残念。

NHK スーパーハイビジョンシアター
 スクリーン 幅13m×高さ7m
 解像度7680×4,320=約3300万画素。

 こちらは解像度が素晴らしい。目をこらしてもまったくひとつづつのピクセルがわからない。四角のスクリーンで切り出されているから映像だと認識されるけれど、これが視野全部を覆っていたら映像とはわからないかも。ちなみに手でわっかを作って外の四角い枠を手で覆うとほとんど肉眼で現実を観てるような感覚になりました。
 ただコンテンツが寂しい。まず映されるのが朝霧につつまれる富士山とかぼんやりした映像。ここはくっきりした青空とかをドーンと映して観客席に「おぉー綺麗」というどよめきを作ってほしかったところ。会場に入る前にスーパーハイビジョンで撮られた観客自身の姿はさすがにはっきりしてましたが、、、。
 うわさに違わぬ高細精画像に息を飲みました。

 万博ではグローバル・ハウスの整理券は、その会場の前で随時配られており、ほとんど待たずに手に入れられるので、お勧めです。
 ブルーとオレンジを選択できるけれど、だんぜんNHKスーパーハイビジョンがあるオレンジがお薦め。「月の石とアポロ宇宙服」「ディファレンスエンジン(複製)」「類人猿ルーシー(複製)」「八谷和彦氏のOPENSKYプロジェクト 風の谷のナウシカのメーベ」とかも観えますから。

◆関連リンク
・当Blog記事 ■万博 NHK『スーパーハイビジョンシアター』
・同       ■ソニー 2005型スクリーン レーザー ドリームシアター
【レポート】愛知万博 - 開幕1週間前、万博の目玉が次々公開される (MYCOM PC WEB)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

■万博レポート
   押井守総合演出『めざめの方舟 青鰉 SHO-HO』アリーナ席版

pann_change  2回目を観てきました。前回はスロープ席で観たのだけど、今度はアリーナ席。
 前回、かなりがっかりのだけれど、アリーナからの方がずっと良かった。足元にはプラズマディスプレイの列。まわりに青鰉【しょうほう】の像が数十体ならび我々を見下ろす。そして上を見上げるとの巨大な姿とそのまわりに3つの卵型スクリーン
 前回のスロープからは全体は俯瞰できるが、この見下ろされている圧迫感みたいなものが全く感じられなかった。本来アリーナ席での体感を狙って作られた空間であることを実感。

 で、前回の感想を、若干、修正。
 アリーナ視点で一番良かったのは、卵型スクリーンの魚の目玉に睨まれた時の感覚。3つの目がを中心においてギロリと我々を見下ろす。天の視線。ある意味、神の視線のように感じられる。魚の目の無感情なところ、そして汎の無表情が威圧感をもって迫ってくるのが、なかなかの迫力。
 足元のプラズマディスプレイの映像は、今回もそれほど良くない。ディスプレイ間の太い構造材が目立ちすぎて映像の中にいる感覚がほとんどしないのが問題だろう。次回の万博(何年先!?)ではここをクリアできる新素材が登場するのを期待したい。
 本来は上に魚の神の視線を感じ、自分の足元にさらに一階層したの生命体を体感させていたら、グッときたような気がする。

 いずれにしても、結論は『めざめの方舟』は是非アリーナで観るべきだ、ということ。観る位置はの正面側から卵形スクリーンが3つとも観える位置をお薦め。
 今回、2時くらいにガラガラだった「夢見る山」前の整理券配布場所で、「アリーナ席を」とお願いすれば、即1時間後の券を入手できたので、ご参考まで。

◆関連リンク
当Blog 押井守総合演出『めざめの方舟 青鰉 SHO-HO』 スロープ版
『めざめの方舟』コンプリート版DVD(8/24発売らしい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月8日 - 2005年5月14日 | トップページ | 2005年5月22日 - 2005年5月28日 »