« 2005年12月18日 - 2005年12月24日 | トップページ | 2006年1月1日 - 2006年1月7日 »

2005年12月25日 - 2005年12月31日

2005.12.31

■自主制作CG映画 粟津順監督『惑星大怪獣ネガドン』

negadonncwfilms_ネガドン公式HP

10代の頃より初代ゴジラをはじめとする特撮映画の世界に引き込まれ、 怪獣に魅せられた青年・粟津順がおくる「惑星大怪獣ネガドン」。
世界初の全編CG制作による怪獣映画として、(本作には実写は一切使われていません) 1950年代のフィルム画質を彷彿させる映像エフェクト「粟津フィルター」を独自開発、ミニチュア使用の撮影方法も意識し、各所に特撮映画へのオマージュをちりばめた本作品はまさに 「新時代特撮」とよべる映像作品となっています。25min./シネスコサイズ/Stereo/DLP

シネマスコーレHP
 あちこちで話題になっている『惑星大怪獣ネガドン』を、名古屋の名画座シネマスコーレ(ひさびさ)で観てきました。学生の時のクラブの仲間と忘年会した後、2次会がこの映画のレイトショー。(お里が知れますね(^^))

予告編 V.S. 本編
 あらかじめHPで(いくつか映像がcwfilmsのHPで見えますが、まずは黙ってここをクリック→)予告編を観て、燃えて、これなら飲んだ勢いでさらに盛り上がれる!!と勇んで観に行ったわけです。
 しかし本編は実は予告編と随分イメージが違いました。あ、こーゆう話だったんだ。あれ?パロディかと思ったら、笑えないじゃん。って。(実は思ったのと随分違ったので、仲間全員酒がさめたのでした(^^;))

 確実に、予告編と本編とで提示するイメージは異なります。(素材は当然同じ映像なのですが、そのつまみ方が予告編では意図がずれている。)映画館やDVDで観る機会のない方々へもこの予告編の熱さは、オススメです。
 このポスターにも現われているけれど、まさに子供時代(特に冬休み、正月とかのこたつで観た東宝特撮映画のTV放映の)ワクワク感をこのようにパワーアップして再現しているセンスが素晴らしい。つくづく自分たちのこの体と脳がこういうもので育ってきてるんだっていう実感がわいてくる。あと思いだしたのは、怪獣映画を語る評論家 池田憲章氏の熱い語り口。実はこの人が語る怪獣映画は実際の映画よりワクワクする(^^)。僕らがこの評論家の言葉から、イメージする架空の脳内特撮、これを眼前にみせられたような映像が『惑星大怪獣ネガドン』である。

熱い映像
 物語についてはネタバレにもなるので、ここでは特に触れない。(ひとこと。もっと後半、破天荒な、荒唐無稽だけれど映像で説得してしまうストーリーを期待したのでした。物語B級、映像A級が期待値でした)

 で、映像である。特に前半、これはやはり燃える。特に監督が力を入れているのは、防衛軍(自衛隊だっけ?)の攻撃の絵。74式戦車とF104(かな?)の攻撃のショットの熱さは並じゃない。このアングルとかスピードとか細部の動きとか、素晴らしいの一言。ここの映像センスだけ取り出すと、今年もっとも熱い戦闘映像と思ったスピルバーグの『宇宙戦争』よりもシャープでいい映像を撮っているのではないか。おそらく監督はこういうものがまず第一に好きなのかなって思った。いやー、拍手喝采!!

 こんな映像をCGでひとりで作ってしまった粟津順監督のセンスには脱帽です。今後もこうした熱い映像を期待します。本当にいい時代になりましたね。

※シネマスコーレの上映は、DLPだったのかどうか不明ですが、苦言をひとつ。あの画面って、ピントがずれていたのでは?? もしかして映画の効果としてぼかしたフィルタが入っていたのかもしれないけれど、スタッフ名とか文字が予告編と比較して、あきらかにピンボケに見えた。こういうのなんとかしてもらいたいものである。

◆関連リンク
スタジオマガラ 自主制作CG映画『惑星大怪獣ネガドン』情報
 怪獣学研究室とか、作品展示室の 『大怪鳥マガラ襲来』 『マガラ撃滅大決戦』のダイジェストが良いです。
・- nikkeibp.jp -インタビュー「惑星大怪獣ネガドン」〜映画づくりの新ビジネスモデル(1)
 (2) (3) これはオススメ!!
・いとうせいこう『インディーズ・アニメの時代』『惑星大怪獣ネガドン』
DVD『惑星大怪獣ネガドン』(Amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2005.12.30

■スーパーハイビジョン:Super Hi-Vision

051224_SHD_Camera_Recoder君はスーパーハイビジョンを見たか!』  
NHKデジタル衛星HD 12/24(土)15:30-16:00

 スーパーハイビジョンは、走査線4000本級、平面にすると、ハイビジョンの16倍のきめこまやかさの、究極の高精細映像である。 音声も、22.2チャンネルという迫力の臨場感で再生される。
(略) 愛知万博の前半で上映された、一面のヒマワリ畑、ミツバチの躍動、小学生900人が唄う合唱など、1つの群を撮影しても個が見えるほど高画質の「地球・いのち育む惑星」。
 万博後半で上映された、金閣寺の紅葉、滝にかかる虹など、日の光で変幻自在に姿を変える地球の美しさを繊細に描いた「地球・光あふれる惑星」。
 この2つのソフトの紹介を中心に、開発の苦闘、撮影秘話、視聴した人々の感想をまじえ、未来技術スーパーハイビジョンの全てをお伝えする。

 という番組をハイビジョンで観ました。感想とスーパーハイビジョンについて最近の情報をまとめます。

ハードウェア
051224_SHD_Camera_Scope  写真は番組をスクリーン投影してHDR-HC1で撮った画像(現在ハイビジョンの画面キャプチャはこの原始的な手しかない)。カメラの大きさを見てください。まるでテレビ黎明期のカメラではないですか。重量は40kgで放送用HDカメラの5倍とのこと。しかもこれはカメラ部だけで、録画はひまわり畑の向こうに見える車に搭載されたハードディスクレコーダ(写真中断)を使用(KEISOKUGIKEN HDP-H6Bのロゴがあった。計測技研製?)
 このハードディスクレコーダは20分撮影用とか。NHKプレスリリースを読むと、18分撮影で3.5テラバイトとある。あれ?テラ級でいいの? なんか少なくないか。うーん、単純計算でも、画素数4320×7680×1億色×60コマ×18分とすると447ペタバイト必要なはず(スーパーハイビジョンの色数は不明)。よくわかりません。(ペタとテラの関係はここ)。

 あと太陽のプロミネンスと月の映像を撮るために、群馬天文台と共同開発した望遠レンズ。これだけでもずいぶんと苦労したようで、全国の天文台に相談してやっと実現したと紹介されていた。
 僕は「地球・命はぐくむ惑星」の方しか観てないので、この天体撮影の映像はスーパーハイビジョンで体験していない。今回、ダウンコンバートしてHDで放映されているけれど、月の映像が地球の大気で揺らぐ様がなかなかの臨場感。でもSHDで観たかった。

051224_H2_A没入感
 番組で蝶の羽化を撮ったカメラマンが「肉眼で観るよりも細部の息づかいが聞こえてくる」、これを「臨場感」を超えた「没入感」であると語っている。また一色隆司ディレクターは、H2-Aの映像の没入感を与えられることにより、「画面からH2-Aが消えても、上空まで飛んでいったことが体感できた」という観客の感想を紹介している。

 たしかに羽化の映像は、肉眼よりも高精細な画素(肉眼が600万:スーパーハイビジョンは3300万画素)で大画面に写されると、それはもう顕微鏡の世界に近づく。観えていなかったものが観えることによるスーパーリアリティは「没入感」と呼べるのかもしれない。

 H2-Aの映像については、ハイビジョン放送の今回の映像を観るだけでも素晴らしい。右の写真ではその感動の1/10も伝わらないと思う(なんでHDキャプチャーできないんだ!<<お前らが悪さするからだとの声あり)。
 噴煙にロケットの火炎の光があたって陰影がダイナミックに変わっていくところの映像と、5.1ch放送の爆音の臨場感が素晴らしい。
 万博会場のスーパーハイビジョンでは、さらにここに肉眼の5倍の解像度と、22.2ch立体音響が加わるわけで、これは体感してみないとわからないが、スーパーリアルな「没入感」を感じるのかもしれない。

関連リンク
スーパーハイビジョン紅白 すでに生放送技術が実現

NHKでは、大みそかに行う「まもなく紅白!スキウタ・カウントダウンスペシャル」の公開生放送に引き続き、下記の通りスーパーハイビジョンの公開を実施します。
12月31日(土)開演/午後7時20分 終演/午後11時45分
会場 みんなの広場 ふれあいホール 入場無料

物欲優等生さんの「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」
 デジタルシネマ版を上映しているようです(AV Watch)。万博でNHKのスーパーハイビジョンを投影したのはビクターの「4K2K D-LIAプロジェクター」。この映画はSONY製での上映でしょうか。んで、4320×7680画素のスーパーハイビジョンに比べると、解像度は低いはずです。
2005年技研公開「公開展示」
【レポート】NHK技研公開2004 -
 一筋縄でいかない人の知覚と「スーパーハイビジョン」 (MYCOM PC WEB)

九州国立博物館のスーパーハイビジョン常設展示 (公式HPには記載なし?)

 スーパーハイビジョンシアターは、スクリーンサイズ350インチ、客席数38、音響は5.1チャンネルで、静止画中心の番組2本を上映します。
 番組内容は、博物館が所蔵する美術品のほか、沖ノ島の遺跡と宗像大社神宝館で公開されている沖ノ島出土品などの解説(略)。
 収蔵品や写真にとって、時が経るにつれて起こる退色や劣化は避けがたい宿命ともいえますが、スーパーハイビジョンにより記録することで、後世に残すことが可能となります。

西川善司の大画面☆マニア 第38回 日本ビクターブース
スーパーハイビジョン VP-8400製品紹介(ASTRODESIGN)

アストロデザインは、2005年3月25日から9月20日まで開催された日本国際博覧会「愛・地球博」(愛知万博)のシンボルパビリオン”グローバル・ハウス”で上映された次世代映像技術「スーパーハイビジョン」の映像処理装置をNHK(日本放送協会)様と共同開発しました。

・当Blog記事
 ■万博レポート スーパーハイビジョンv.s.レーザー ドリームシアター
 ■万博 NHK『スーパーハイビジョンシアター』

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.12.29

■スーパーステレオハイビジョン

sensor_EKL3101
 小野マトペさんにコメント欄で教えてもらったITmedia記事の距離画像センサEKL3101(松下電工HP)。

 原理はプリミティブ。赤外線LEDを一瞬光らせて、それが対象物にあたって跳ね返ってくるまでの時間をCCDの各画素ごとに測定する。

■ディジタル映像の3次元位置情報付与

 これ、凄く可能性のある技術じゃないでしょうか。いや3D立体映像マニア的に(^^;)。

 この技術は、赤外領域の光を使って、CCD等の画素ひとつづつに3Dデータをもたせることが出来るものです。しかも一台のカメラで。現状のハイビジョンカメラに赤外発光部を追加、あとはソフトウェアを付け足すだけで各画素に色情報の他に、三次元位置データを持たせられるわけです。
 三次元位置データの容量アップなんてたかがしれています。わずかなファイル容量で、ハイビジョンでもスーパーハイビジョンでもデジタル映像全て、3次元位置情報を付与することができるわけです。そしてこれは、当然ステレオ視のできる画像データへ変換(左右の眼の視差分ずらした映像を生成)できるわけだし、加えていつでもいろいろなデジタル3次元画像処理が可能になるわけです。

■夢のスーパーステレオビジョン

 このは3次元画像処理は凄い。たとえばハイビジョンの放送で映像データとして今までの各画素の色情報とともに三次元位置データが各家庭へ送られてくる。そのデータを家庭の立体映像処理装置で処理すると、自分のほしい視点での立体映像が観られるわけ。(立体視ディスプレイは当然、必要)
 その立体映像は、好みによって送られてきた三次元映像空間内で、視点や立体感も自由に可変できる。今のテレビで音をボリュームスイッチで変えられるように、自分の好みの奥ゆきに立体映像を変えられる。
 このグランドキャニオンの映像は、もっと近寄った視点で奥ゆきを広げて観たいなとか、遠景でとかいじれるわけ。演劇の中継でも、この役者の演技をアップでとか自由自在。

 これは新しいテレビの誕生を予感させるではないですか。
 スーパーハイビジョンの次は、立体スーパーハイビジョン。しかも映像三次元空間をどの視点にも可変できるスーパーステレオハイビジョンですか。すでに家電メーカでは、このデータのフォーマットの標準化とかもはじまっているのだろうか、、、たぶんまだでしょう。松下のHPを見てもまだモーションキャプチャーの入力装置とかしょぼい使用用途しか書いてないので、、、、。

■家庭用スーパーコンピューティングのキラーコンテンツ

 SONYの久夛良木氏のスーパーコンピュータPS3のCELLチップ。
 能力的にはハイビジョン映像処理だけでは能力余りまくりなので、映像の「熟成」というような用途が考えられているようだけれど、場合によっては上記のようなスーパーステレオハイビジョンがキラーコンテンツになるかも。

 まずはCELLでも上記のリアルタイム処理はしんどいかもしれないので、視点や立体感の指定のみ事前設定しておいて、会社行ってる間にCELLが映像生成の計算をしこしこする。で、帰宅後にステレオメガネを掛けて、ステレオハイビジョンを好みの視点の映像で楽しむ。

 うーん、これぞ究極のホーム立体映像鑑賞。どうですか、久夛良木さん、このコンセプト(^^)。
 特許、書こかなー(でも既にこのBlog記事で公知扱い(^^;)。てゆうか、上の記述だけなら公知技術×ブレードランナーで新規性は認められないか、、、)。いろいろと枝葉の特許含めて、いっぱいアイディアが出てきそうです。

◆関連リンク
スターウォーズを立体映画にする技術 In-Three Dimensionalization®
 当然、立体映画制作にも使えます。Dimensionalizationの精度が格段に向上するのではないでしょうか。
撮影後にどこへでもピントを合せられるカメラ Light Field Camera
 以前紹介したこのアメリカの学生の技術より、松下の技術の方が簡単に実現できますね。
Daily Stereoscopic 3D News 最近見つけた立体映像のニュースサイト。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.12.28

■Texnai : Stereo3D ハイビジョンプレーヤ

stereo3D_hi_vision streo3D_index (Texnai:株式会社テクネHP)

JVC Digital Hi-Vision Movie GR-HD12台から成るステレオハイビジョンカメラと30" microPol3D LCD(イメージ画像)

 ひぇー、こんな製品を既に扱っているメーカが!
 写真はビクターのGR-HD1ですが、カメラを二台並べるというローテク名発想が素敵。GR-HD1は720Pだけど、もし同じように三脚に2台のソニーHDR-HC1を搭載すれば、フルハイビジョンでも撮影できますね。

stereo3D_hi_vision_player_system Stereo3D ハイビジョンプレーヤ

Stereo3D HiBoxは、従来の立体ハイビジョンをできるだけ簡単にしかも経済的に実現するために開発された立体ハイビジョン・プレーヤーです。立体表示に必要なハードウェアは、基本的にはこの3D HiBoxとプロジェクターまたは3D LCDなど立体表示装置だけ。L&R2本のMPEGファイルをHiBoxにコピ-するだけで、簡単に最高品質の立体映像をお楽しみいただけます

 上のようにして撮影した2本のHD映像から、立体上映できるシステム。198万円~。
 3D映像を生成する3D HiBoxというのがこの会社の製品。それにプロジェクタ等をセットにしたシステム販売価格が上記。

 凄いですね。今まで博覧会映像でしか観られなかったステレオハイビジョンが、家庭で撮れて、乗用車一台分の値段で観られるようになるとは。年末ジャンボを当てて、私も購入しようっと!!

◆関連リンク
HDR-HC1(Amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.27

■触覚家具 チェアーズー Chair Zoo

 近所のショッピングモールで見掛けたシュヴァンクマイエル風の毛の生えた椅子(ちゃうちゃう(^^;)) でも思わず触覚の実験をしてみたくなっちゃいます。

chair_zoo☆三京家具通販ショップ・Chair Zooシリーズ

お子様がより親しみやすいように全体を覆っている布は、手触りのよいフェルトを使用さらに、汚れても洗濯可能な着脱式になっています。

 本当はお子様向けの動物椅子なのでした。
 街でハンドバックが毛皮になったやつとか、見掛けると、ついチェコのシュールリアリストを思い出してしまうのは、私だけでしょうか。

 GAUDIA EVAŠVANKMAJERJAN シュヴァンクマイエル展『悦楽共犯者』のジイ装置が飾られていました。あのお笑いのようなオブジェを、芸術作品鑑賞モードのまじめな顔で観ている観客達(私もその一人なのだけれど)の超滑稽な様態を思い出しました。あれ、装置の後ろへ回れるようになっていて、観客の顔を眺められるようなレイアウトだったけれど、わざとかなー。

◆関連リンク
chair zoo(楽天)
『悦楽共犯者』 
『シュヴァンクマイエルの博物館―触覚芸術・オブジェ・コラージュ集』

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.12.26

■京極夏彦氏執筆 『怪』ブログ

『怪』-KWAI Network- - 怪メンバーブログ
「怪のヒミツ・その1」
 (京極夏彦)

 さっきネットをフラフラしていて、知りました。12/7から京極氏が怪メンバーブログの執筆者に加わられたようです。京極ファンとして、この情報収集力のなさは恥ずかしいのですが、最近うちのBlogへ検索で来る人は、「京極夏彦 邪魅の雫」のキーワードの方が多いので、もしかして知らない方がいたら、と思い記事にします。

 今のところ、京極氏が書いた記事は2件だけです。知りたい『邪魅の雫』の執筆状況は不明です。角川のページなので、このネタは書かないでしょうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.25

■プロダクションI..G展 Production I.G at 名古屋パルコ

IG_in_nagoya_etc01
parco-art.com - PARCO MUSEUM - Production I.G展

プロダクションI.G展 オフィシャルサイト Blog

名古屋パルコ 西館7F・パルコギャラリー
期 間 : 2005.12.08(thu)- 2005.12.25(sun)  

 行ってきましたプロダクションI.G展。
 金曜の会社帰りに、閉店ギリギリで行ったのだけれど、お客さんはそこそこいました。

IG_in_nagoya_etc02 まず入ってすぐの『BLOOD+』の展示。
 しっかり1枚1枚の絵に、原画、色指定、彩色等スタッフ名が明記されている。これってスタッフを大事にするプロダクションI.Gらしいなと。原画等の展示は、ある意味、アート作品の展示なのに、それに作者の名前がないというのは非常におかしい、と思っていたので、この展示説明はとてもいい。(と思ったら、不徹底で『BLOOD+』以外の作品には、原画の作者等の表記がないものが多数。次からこういう展示の際は是非にお願いしたい。)

 オブジェも写真のように、いろいろ。『イノセンス』関係が、やはり圧巻。さすが人形テーマの作品だけあって、このガイノイドの作りこみは並ではない。

 下の写真は、『立喰師列伝』の撮影小道具。これも凝ってます。『立喰師列伝』については、プロモーションビデオを何本か、会場で上演してました。山田正紀とかの登場もあり、貴重な映像をみせてもらいました。押井の実写は今まで全然当たりがない自分ですが、なんだか期待です(でも、「今回こそ!」と何度思ったことか!?)。

IG_in_nagoya_tachigui

◆関連リンク
・shamonさんのひねもすのたりの日々 プロダクションI.G展
 いつもコメントいただくshamonさんの記事。展示内容について、丁寧に書かれています。僕も『S・A・C』のDVDパッケージ画の繊細なタッチが気に入りました。いいですね。
押井守監督がトークショー開催 名古屋で21日(読売新聞)
 トークショーがあったのですね。平日になのでどうせ行けなかったけれど、、、。ウェブで探したけれど、これに参加した人のレポートは見つかりませんでした。残念。

「animecs T!FF・Production I.Gスペシャル」スペシャルレポート
 押井守×鈴木敏夫トークショー「『立喰師列伝』の挑戦」
(WEBアニメスタイル_TOPICS)

押井 昔、この国には「道端でものを喰う時代」があった。子どもの頃にそれを見て、おいしそうに見えたんだよね。うちはわりとカタイ家だったから、立ち喰いみたいな事はさせてもらえなくて。大学に入って、そういう店にも行けるようになって、嬉しかった。それはやっぱり、非日常的な時間がそこにあったから。(略)立ってものを喰うと、世界が違って見える。今、普通に見えてる風景が全部嘘で、僕らが昔見ていた世界が蘇るような感覚があって。その世界の方が、僕にとっては真実味がある。戦後っていうのは、その開放感が失われていく過程だと、僕は思ってる。
(略)
鈴木 スチルなんでしょ? 飽きない?
押井 だから動かしてるんだって!(笑) できあがった映像を見ると、ちょっと生っぽいというか、ヌメッとしてるんだよね。生々しいテクスチャを持ったアニメーションになった。これは僕の理想の映像かもしれない。あれだけ予算と手間をかけた『INNOCENCE』でも到達し得なかったものが、この映画にはある。作品的な評価はともかく、映像表現としては確実に映画史に残るよ。だって今までなかったんだから。これから先もないだろうけど(苦笑)。

当Blog ■PARCO MUSEUM - Production I.G展
     ■展示会「押井守 イノセンスの世界」at名古屋ロフト
「立喰師列伝」公式サイト
animeanime news アニメ!アニメ!ニュース押井守新作
プロダクションI.Gの株価 206万円でストップ高!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2005年12月18日 - 2005年12月24日 | トップページ | 2006年1月1日 - 2006年1月7日 »