« 2005年2月6日 - 2005年2月12日 | トップページ | 2005年2月20日 - 2005年2月26日 »

2005年2月13日 - 2005年2月19日

2005.02.19

■押井守,篠崎亨『「イノセンス」methods
       押井守演出ノート―From layouts of “Innocence”』

innosence_methods この本の絵コンテの横に書き込まれた押井守のコメントを読んでいくことで、この映画の製作過程でどんなコンセプトを押井が構想し演出したかの一端に触れることができる。それは絵作りであったり思想であったりアニメとしての段取りであったり多種のアプローチであるが、いずれもが映画としての『イノセンス』という何ものかを現出させる試みであったことがわかる。
 特に『イノセンス』が物語というより画面の質感であったりイメージの連鎖であったりするため、絵コンテによる各スタッフへの指示が重要な意味を持つ。そこが臨場感を持って読者に伝わってくる。
 そして本編を思い出していくと、各レイアウター、アニメーター、CGクリエータがどう演出指示を受けとめ、そして超えていったか、というのがわかる仕掛けになっている。
 革新的な映画の誕生の軌跡として、興味深い記録本であると思う。

ランダム・メモ
・監督のコンセプトはいろいろあったようだけれど、あの緻密に過剰に描き出された映像について、特にチャイニーズゴシックは、押井守監督のコンセプトの勝利なのだろうけれど、アニメータたちの完成度の追求が凄かったようで、想像以上のできであったというコメントがいくつかあった。そういう意味からも、レイアウトと原画家、CGクリエータの名前をシーンごとに記述しておいてほしかった。この映画の革新は監督だけでなく、彼らの成果なのだと思う。映画一般にスタッフの総力なのだろうけれど、これについては特筆しても良いのではないかと思ったので。

3D-CGで出すことのできないパース(単純なひとつだけの消失点で描かれていないような)2Dのアニメータの腕を賞賛している部分がいくつかあった。ここで思ったのが、PIXERの『Mr.インクレディブル』。あの3D-CGは既にそうしたCGの課題をクリアしてダイナミックなアニメートを作り出していると感じたのは僕だけでないと思う。ジョブズCEOが年2-3作映画を作れるようになっていると語っているのをどっかで読んだけれど、日本アニメの脅威になるのは間違いないと思うのだけれど。

・監督がこの映画で描きたかったことも、コメントの中でかなり直接的に書かれている。アニメで出てくるものが人形だろうが人間だろうが、どちらも等価な作り物に見えるということを意識的に用いている。人間と人形の等価性犬と子供で描き出すそれとは異なる何者かの描写。ラストシーンに顕著なその描写について、かなりしつこくコメントで語っている。

・私ごとだけれど、最近犬を飼い始めて、この犬と子供(特に幼児)の等価性についてしばし考えている。自分の子供は既にある程度大きくて、明らかに押井守が犬を用いて表現したかったものと違ってきている。しかし人間の幼児と犬はなんかかなり似ている存在に思える。脳に人間というものをインストールされる前の存在、というか、、、、。犬を飼って『イノセンス』が少しわかる気がしたって感じです。(少し謎)

・この本で特に感じたのは、映画やテレビの映像の進化に対して、印刷技術の停滞の痛々しさ。せっかく映画のシーンをカラーで再現しているのに、まったく画面の緻密さが印刷で再現されていない。これではDVD画面をキャプチャーして自分ちでインクジェットでプリントしても今なら勝てるのでは?と思ってしまう。技術革新がないと本は本当に終わるかもしれない。

◆関連リンク
『「イノセンス」 methods押井守演出ノート―From layouts of “Innocence”』(Amazon)
Pinxterbloemの日記さんが篠崎 亨氏(CGIアートディレクター)の『イノセンス』に関する発言(月刊アスキー 2004/4)を引用されています。それにしても解像度が低い!DVDの解像度720×480より少し高いくらい。ということはかなり映画を再現できているということなのか、、、。PIXERのとかはどのくらいなのだろう。

解像度ってどれくらいなんですか?
篠崎:意外にこの作品は映画の中では低いほうなんです。ハイビジョンより低い。横1212×縦655だったかな?
Discreet >3ds maxユーザー事例 3ds maxと独自の実写的方法で創る3次元CG空間-アニメーション映画「イノセンス」のチャレンジ
・篠崎亨氏のパートで、「カメラマップ」というのが恥ずかしながら良くわからなかったので、調べてみました。カメラマップとは(古賀信明氏(有)スペシャルエフエックススタジオ)
 通常のCGではUVWマップというのが一般的。つまりオブジェクトの面に対し直角に貼り付けるというのをやると、ポリゴン(ワイヤーフレームで構成される面)同志の直角に合わさった境界線がものすごくシャープに出てしまい、それがCG独特のリアリティのなさを生むというデメリットになる。それを何とか解消すべく考案された方法がカメラマップで、広範囲のモデルに対し一度に質感を与えられる。
 凸凹した建物の立体、何もディテイルのないものに、カメラの位置からこういう風に見えるべきだというもの、例えば家の形をした真っ白な石膏のミニチュアに対しそれなりの家のディテイルを投影したと思っていただければいいと思う。プロジェクターで単純な面に投影されているにもかかわらず、非常にリアルなものとなる。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

■京都精華大学shin-bi第3回企画展
   チェコアニメのヒミツ展

czech_anime_no_himitsukrtka

 animation soup blog pageさんより。
 京都はうちからだと東京よりは近いので、行ってみたいのですが、、、、。人形30体が気になります。どっかに写真レポートはないかと探したのですが、今のところ見つかりません。どなたか知りません?

京都精華大学shin-bi第3回企画展「チェコアニメのヒミツ」展

 チェコアニメーションの巨匠、ヤン・シュヴァンクマイエルや新世代作家アウレル・クリムト、ヴラスタ・ポスピーシロヴァーのリトグラフやポスター、アニメーションに用いられた世界に30体しかない人形など、チェコアニメーションにまつわる様々なものを展示・販売いたします。
場所: shin-biギャラリー
期間: 2月11日~2月28日 入場料無料
開館時間: 11:00~21:00(無休)

◆この展示会の開催されているCOCON KARASUMAにクルテクも来てるようです! これはK's cinema(新宿)でのプログラム(ゆらゆら大陸のununさん既報)と同じようです。 
クルテクとズデネック・ミレルの世界
監督: ズデネック・ミレル
上映期間: 2005年2月12日(金)~2月25日(金)2/16(水)は休館
会場: 京都シネマ
料金: 当日一般1800円/特別鑑賞券発売中(一般1300円)
各プログラム: 14:30(Aプロ)/16:30(Aプロ)/18:30
[2/12~18はBプロ、2/19~25はCプロ]

 チェコのアニメーター、ズデネック・ミレル。キュートな魅力でいまや世界中で愛されている代表作,もぐらのクルテクをはじめ、彼は今までに95本もの?作品を監督,数多くのアニメーションを生み出してきました。ぬくもりと優しさにあふれた彼の作品は、ヴェネチア国際映画祭などで賞に輝くなど国際的にも高く評価されています。今回は、彼が監督あるいは美術として係った選りすぐりの26作品を、A、B、C、3つのプログラムで公開します。

◆関連リンク
・上のズデネック・ミレルの世界の配給に関係しているART @ ARMZ WEB ポーランドのポスターとか良さそう。
 大阪にギャラリーもあるようですね。
読んだ 聴いた 観た - はふはふさんの感想
確証はない。それを信じるしかない。Blogさんの京都芸術センターと「ピエロの赤い鼻」


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.02.18

■BENZ CLS

benz_cls_big
 メルセデス・ベンツ オフィシャルサイト
 ベンツは全然趣味でない(し買えないし)興味なかったのだけれど、実車を見掛けてあまりのかっこよさに見惚れて掲載。こうなると芸術品ですね。値段も芸術的レベル。我々庶民には手も足も出ません。
 ドイツでのビデオがここにあります。

 以前のっけた■未来の車 GM Firebird Ⅲとの比較。
benz_cls_red

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.13

■TOYOTA SCION 3D-CG CM

toyota_scion

 ■iron-kettle.com : Scion "Transformer" CM
 いつも3D-CG等のクールなPVを紹介されている■iron-kettle.comさんより。(はっきり言って、こちらのBlogの記事は全部リンクさせていただくくらい好きです! そういうわけにもいかないので、時々トピック的に紹介させていただきます。)

 トヨタの北米でのブランドSCIONのCM。車自体はカローラみたいなデザイン(^^)なのだけれど、CM映像の切れでだまされそう。
 日本でもトヨタの若モノ向けは今一だから、こういうCMを流せば良いのに。家族的イメージのCMばかりでなく、こういうやつが観たい。

 あと■iron-kettleさんの記事のこれもお薦め。「はーい」「ぱぷー」!!!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

■タイムスリップグリコ
   『日本万国博覧会がフィギュアで蘇る<大阪万博編>』

 日本万国博覧会がフィギュアで蘇る<大阪万博編>/江崎グリコのニュースリリース
 大阪万博編 公式ページ
 ついに愛知万博を直前に控え、タイムスリップグリコからあの大阪万博が登場!!(岡田斗司夫プロデュースとか。)
 僕は「太陽の塔」もいいけれど、行きたくても行けなかった立体映画の「日立グループ館」とか、愛嬌のある「ガスパビリオン」がほしいです。

 今日、帰りにコンビニで買ったら、「お祭り広場」でした。
 あれ、でもお祭り広場の屋根って、あんな分厚くて透明だったか??
 というわけで比較写真。タイムスリップグリコでは前の半分を再現しただけのようです。屋根はやはりもっと奥行きがあったのですね。夜の太陽の塔には畏怖を覚えます。あとどっか自分の中では子供の時にウルトラセブンとかに似てる、と感じたのを今、この夜の写真で思い出しました。
taiyou_no_tou
 太陽の塔の周りの人と比較するとかなり巨大感があります。タイムスリップグリコ史上、もしかしてこれは最大のサイズのものにチャレンジしたフィギュアになるのかも。さすがに海洋堂でもこの縮尺じゃ、リアリティは今ひとつ。階段とかくらいはちゃんと再現したらよかったのに。あと本当は太陽の塔の後ろがお祭り広場なので、本来の再現ではないですね、これ。

 あと心配なのは、愛知万博。30年後にこの万博は、グリコがタイムスリップグリコで取り上げるくらいのインパクトを、今の子供達にあたえられるのだろうか、、、?? 少なくとも建造物をみる限り、大阪ほどのインパクトがない(と言うか、なんであんなプレハブっぽいんだ>>愛・地球博)。

◆関連リンク
太陽の塔のファンサイト。トップページの夜の映像にしびれます。僕が観た記憶のイメージはこの雄大な陰影の顔の映像です。
・この太陽の塔ロボというのも最高!!
・Quicktime VRによる360°パノラマ太陽の塔
・太陽の塔の建造時のエピソード 「大屋根に穴」で ひと騒動
万博SOUVENIR SHOP(タイムスリップグリコの説明書に記載されたサイト) 
★すみません、比較写真を作りたくて、自分で撮ったタイムスリップグリコのと下記のページの写真を並べさせていただきました。
 ・70年大阪万博の写真を公開されているページ 蛞蝓万博 EXPO '70
 ・こちらは全景がわかりやすく撮られています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年2月6日 - 2005年2月12日 | トップページ | 2005年2月20日 - 2005年2月26日 »