« 2005年2月13日 - 2005年2月19日 | トップページ | 2005年2月27日 - 2005年3月5日 »

2005年2月20日 - 2005年2月26日

2005.02.26

■ピーター・ジャクソン『キング・コング』公式サイト
   コングイズキング.net

kong_is_king_pict Kong is King.net
   | King Kong movie news and rumors

 HPの名前がいいですね。
 Peter Jackson's Production Diaryという現在進行形のメイキングも動画で観られます。
 『キング・コング』へのピーター・ジャクソンの愛が感じられるファンキーな公式ページです。これはお薦め!! 公式ページなのにこの溢れんばかりのファンサイト魂はなんなんですか!!
naomi_watts
 それほど実は期待してなかった映画なのだけれど、このHPの雰囲気が良くって、映画公開が楽しみになりました。ナオミ・マルホランド・ワッツが主演なのもグゥ!

ここのスクラップブックも楽しいっす!!映画にかかわる記事や雑誌の写真を集めたことのある方は、このページを作りたくなる気持ちがわかると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■『ロング・エンゲージメント』の原作『長い日曜日』

nagai_nichiyoubi 以前、記事にしたジャン=ピエール・ジュネ監督待望の新作『ロング・エンゲージメント』(3/19公開)ですが、原作が出版されていたのですね。フランスではベストセラーのミステリーとのことです。

『長い日曜日』セバスチアン ジャプリゾ,田部 武光訳(ハードカバー) こちらは既に絶版。1994/11発行。
・映画公開にあわせて、文庫が刊行されるようです。『長い日曜日』セバスチアン ジャプリゾ,田部 武光訳
復刊.comでもとりあげられミステリーとしても傑作だとか、、、、。文庫が出てよかったですね。

 雑誌Cut2005.3のインタビューによれば、ジュネ監督は、91年にこの原作を読んで長いこと映画化を暖めていた作品とのことです。映画公開後に良かったら読んでみようかな。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.25

■映像を脳内で処理する神経回路の最小単位

 究極映像関連の研究成果が、世の中にまたひとつ発表されました。これはうちのページのような在野のインチキ映像研究とは異なり、本物の学者さんの研究成果です。

 中日新聞より。脳の情報処理「最小単位」 名大吉村由美子助手が発見

 大脳皮質には「機能コラム」と呼ばれる、直径約0・5ミリで円柱の形をした神経細胞の結合体がいくつもある。視覚野の機能コラムは物体の位置や動き、「右目からの情報」「左目からの情報」など、それぞれの“得意分野”で反応し、物体の形状や位置、奥行きを導き出すことが分かっている。
 この発見から立体視の秘密が解き明かされるのかもしれません。

◆関連リンク
・名古屋大の環境医学研究所 視覚神経科学分野については、ホームページ等の情報が少なくウェブでは研究成果が追えません。残念。詳細は「2/24付の英科学誌ネイチャーに発表」とのことです。
・で、論文冒頭がネイチャーのHPにありました。
 Excitatory cortical neurons form fine-scale functional networks
 YUMIKO YOSHIMURA*, JAMI L. M. DANTZKER* & EDWARD M. CALLAWAY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■有限会社はじめ研究所 「はじめロボット、走る!」

 fuRo ---未来ロボット技術研究センター の記事で知りました。有限会社はじめ研究所はじめロボット走っている動画です。

 やく5秒ほど奥から手前に走ってきます。ちゃんと両足が宙に浮いているのが見えます。ソニー、産総研、ホンダの次、トヨタより先にROBO-ONEのロボットが走ったというのは快挙ですね。

◆関連リンク
 ROBO-ONE関係の書籍がほしくなってきます。
『ROBO‐ONEのための二足歩行ロボット製作ガイド』
『自立型ロボット製作バイブル―AUTONOMOUS ROBOT』
『二足歩行ロボットのモデルベース開発―Autodesk Inventor MSC.visualNastran 4D MATLAB/Simulink』
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.20

■NHK名古屋 『万博・夢のアーカイブス』

banpaku_yume_no_archives 万博・夢のアーカイブス
 この5分間の番組は、映画『スワロウテイル』の物悲しく切ないサウンドトラックを微かに鳴らしながら始まる。
 愛・地球博(愛知万博)のキャンペーンの一環として流されている番組だけれど、各万博当時のニュースフィルムを編集してコンパクトにテーマごとにまとめてある。 万博を「夢のアーカイブ」と表現したセンスがとてもいいと思う。かっこいい。
 あとWorld Expositionを「万博:万国博覧会」と訳した明治の精神も大好きです。今なら、「世界展」とかつまんない訳になっていたのでしょうね。
 番組は、憧れの1939年のニューヨーク万博("The World of Tomorrow")でのGMのフューチュラマ Futuramaや、ウェスチングハウス・エレクトリック社のロボット エレクトロ Elektro(残念ながら愛犬スパルコ Sparkoの映像は映らない)を初めて動画で観ることができた。こういう番組は5分と言わず、もっと長く放映してほしいものである。
 エレクトロの二足歩行姿とタバコを吸うシーンの動画、内部構造図が観えたのは大収穫。
yume_no_archives_erectro yume_no_archives_erectro02
 僕は先週BS2で録画してみたのだけれど、NHKの番組表では下記のラインナップで、ハイビジョンによる再放映がある。必見。(それにしても実際に観た番組タイトル(掲載した写真)と、下記の番組表のタイトル名が異なるのはどうしてなのかな?)

万博・夢のアーカイブス 103. NHKハイビジョン
2月21-25日(月-金) 21:50
2月26日(土) 11:54,12:10,12:45,13:40,18:54
2月28日-3月2日(月-水) 21:50
2/21(月)「新時代のプロローグ ~1851年 第1回ロンドン博~
2/22(火)「19世紀のパリ~花の都誕生
2/23(水)「科学技術~輝ける未来への予感
2/24(木)「明治日本の国際デビュー~1873年ウィーン博
2/25(金)「アメリカの時代到来~1939年ニューヨーク博
2/26(土)「アートを創(つく)った万博」「大阪万博~100年の夢物語

◆関連リンク
Ohio Humanities Council - Yesterdays Tomorrows エレクトロ Elektroと愛犬スパルコ Sparkoの姿が観えるここもお薦め。
・今度の土曜は愛知番組の連続特番がBS-hiで放映されます!!

2月26日(土)“愛・地球博”がやってくる" チャンネル: 103. NHKハイビジョン
11:00-11:54「カウントダウン・21世紀の万国博覧会
12:15-12:45「初公開!21世紀の夢テレビ
12:55-13:40「45分で世界一周!
13:50-15:00「見どころパビリオン・徹底紹介
19:30-20:45「これで納得“万博のココロ”」[出]荒俣宏他

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月13日 - 2005年2月19日 | トップページ | 2005年2月27日 - 2005年3月5日 »