« ■フィリップ・K・ディック アンドロイド・プロジェクト | トップページ | ■山田太一脚本・堀川とんこう演出 『やがて来る日のために』 »

2006.01.13

■一色登希彦作 漫画『日本沈没』スタート

comic_japan_Sinks SPINET/今週のスピリッツ 5,6合併号 1/4発売
株式会社イオ・小松左京事務所 トピックス

一挙60頁掲載。リキが入っています。一年間の連載、お楽しみに。
第1話「序章/地下の竜巻1」 作・一色登希彦 原作・小松左京

一色登希彦 ウェブサイト コラム/ブログ

 小松左京さんにもお会いし、こちらの裁量で脚色してゆくご了解をいただいたので、かねてより望んでいた「今の日本を描く」というテーマをこの作品の中にたたき込んでみたいと思いました。

 こちらの漫画家のBLOGでキャラクタの絵の拡大版を観ることができます。小野寺も阿部令子もグッと若返ったという感じ。田所博士は小林桂樹に似てますがさらにマッドでトンデモな感じ(^^;)。
 上の文面と、映画関係者のクレジットがないところを見ると、映画ともまた違った話なのかも。でも阿部令子は消防のレスキュー隊のようなので、映画に沿っているのかも。

 第一話は、突然、ある飲み屋の雑居ビルがそこだけ沈んでいくというストーリー。そしてそこになんらかの異常を計測して来ていた田所と、偶然来ていた小野寺、阿部が会うという強引な展開。さてどうなるか、次週を待て。

◆関連リンク
一色登希彦(Amazon)
・当Blog記事 ■映画『日本沈没』製作発表

|

« ■フィリップ・K・ディック アンドロイド・プロジェクト | トップページ | ■山田太一脚本・堀川とんこう演出 『やがて来る日のために』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/8136276

この記事へのトラックバック一覧です: ■一色登希彦作 漫画『日本沈没』スタート:

« ■フィリップ・K・ディック アンドロイド・プロジェクト | トップページ | ■山田太一脚本・堀川とんこう演出 『やがて来る日のために』 »