« ■凸版印刷 『トッパンVRシステム』究極ナスカ映像 | トップページ | ■スタニスワフ・レム Stanislaw Lem 死去 »

2006.03.28

■CeBIT 2006他 ハイビジョン光ディスク関係リンク

 いよいよ光ディスクもハイビジョンソフトの時代がやってきます。(米Warnerは当初本日3/28にHD DVDソフト発売の予定だったが、4/18に延期。価格は28.99ドルからスタート)。
 ハイビジョンに最近どっぷりと、はまっているので嬉しくてしかたありません。

 最近、早朝暗いうちに会社へ出かけ、遅くに帰ってくる生活。おまけに会社でもほとんど外へ出ないので、平日は昼間の風景にハイビジョンでしか出会いません(^^;)。
 先日、たまたま出張で外へ出た時、外の明るい鮮明な風景を観て、お、なんかハイビジョンっぽい、と感じてしまいました。末期的ですね(^^;;)。

 というわけで、ここ最近のハイビジョン光ディスク関連のニュースリンク集です。溜めてあったので、ニュースと言うにはいささか古いものもありますが、最近の動向は把握できるかと思います。

 プレイヤーはPS3の影響で、とんでもなく安い値段からスタートするようだけれど、肝心のレコーダはどうなるのでしょう。今のところ、ハイビジョンレコーダとしての発表は少ないですね。PCに搭載されて出てくるのがスタートになるかも。
 方式は結局メーカの利害だけで、ユーザを混乱させるBD(ブルーレイ)とHD DVDの2方式に分離。さーてどちらを買うか、悩みどころです。にしてもDVDソフトはかつてのLDと同じで値崩れでしょう。今でも500円とかあるけど、、、。

◆CeBIT 2006 06.3/9-
グーグルニュース CeBIT
・会場レポート(AV Watch)
VAIOは夏モデルでBD対応-「BDは勝利の準備ができた」
 →続報・米Sony、Blu-ray Discドライブ採用VAIOを初夏に発売
    -価格は2,300ドル。メディアは4月から

CeBIT 2006【PC編】NECが記録型HD DVDをデモ
 -HDMI出力搭載ビデオカードも登場

ITmedia News:東芝、HD DVDドライブ搭載ノートPCを発表

東芝、HD DVDドライブ搭載ノートPCを発表 HD DVD対応Qosmioは小売価格2500~3500ユーロ、2~3週間以内に発売される予定 

◆2006 International CES
2006 International CES【Blu-ray編】
International CES 2006【HD DVD編】
東芝、499ドルのHD DVDプレーヤーを3月に投入
Warner、HD DVDで3月28日より24タイトルを発売
 →続報 ・米Warner、HD DVDソフトの発売を4月18日に延期
Paramount、Blu-ray/HD DVDタイトル発表
 -HD DVDで「Mission Impossible」トリロジー

SPE、Blu-rayタイトル第一弾の20作品を発表
 -フィフス・エレメント/ロボコップなど。2層は今夏

FOX、Blu-rayプレーヤーと同時期に20タイトル発売
 -リーグ・オブ・レジェンド、アイス・エイジなど

◆その他リンク
米Sony、1,000ドルでBDプレーヤーを7月発売
 -HDMI 1080p出力対応の「BDP-S1」

記録型DVD、2層化から始まる多層化、大容量化への道次世代、
 次々世代ディスクは100層、テラバイトへ

Blu-rayソフトは5月23日発売。価格は29,99ドル~
Merrill LynchのPS3コスト分析
PC処世術 - 雑感:次世代DVDの規格争いはビデオテープの再現か

 さらに次世代型DVDが浸透する時代(4~5年後)を考えてみると、それは恐らくテラバイト級HDDが安価に売られ、PCへの搭載が常識となる頃のことだ。その時代における30~50GBのメディアのインパクトというのはどんなものだろうか。それは、かつてHDDが1GB程度だった頃のフロプティカルディスクとMD-DATAの中間くらいの容量に相当する。

|

« ■凸版印刷 『トッパンVRシステム』究極ナスカ映像 | トップページ | ■スタニスワフ・レム Stanislaw Lem 死去 »

コメント

 なるちゃん、こっちではお久さ!!

>>あっちには書かないんですね。

 mixiで日記を書き出したら、たぶん体が持ちましぇん(^^;)。ともだおれになるのがオチなので、こっちだけでいくつもり。
 あとまじめな話、SNは好きでない。インターネットって基本はopenで誰でもその情報にアクセスできるというのが魅力なわけだから、、、。あと都市的な匿名性に似たところもネットの魅力のはずなので、、、。考えが古いのか。

 あれ?光ディスクの話だったっけ。

>>早く、BDレコーダが欲しいのには同意。HDDに溜めているHDデータを早く待避したいですよ。

 そうそう、そういうこと。うちのHVR-HD250M君はいつも容量90%以上で使ってます。
 でもBDも「かつてHDDが1GB程度だった頃のフロプティカルディスクとMD-DATAの中間くらいの容量に相当する」という記述を読みつつ安いハードディスクを見てると、本当にディスクに焼くのがこれからの姿かな??と疑問に思うのもまた事実。こういう時代だったりしますからね。

投稿: BP | 2006.04.01 00:22

 あっちには書かないんですね。
 個人的には、HD-DVDとBDではBDの圧勝だと思います。なんだかんだと言っても容量は力ですよ。
 容量とセキュリティでBDが上まっていますからね。製造コストなんて直ぐに下がりますから、現状の差を比較しても意味が無いと思いますし。
 早く、BDレコーダが欲しいのには同意。HDDに溜めているHDデータを早く待避したいですよ。

投稿: なるちゃん | 2006.03.31 20:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/8884540

この記事へのトラックバック一覧です: ■CeBIT 2006他 ハイビジョン光ディスク関係リンク:

« ■凸版印刷 『トッパンVRシステム』究極ナスカ映像 | トップページ | ■スタニスワフ・レム Stanislaw Lem 死去 »