« ■世界大風呂敷 | トップページ | ■YouTube - デビット・リンチ作品 vol.1 »

2006.03.18

■攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX Solid State Society

SSS

攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX Solid State Society」の製作決定のお知らせ(PDF) (shamonさんのひねもすのたりの日々経由)
 このPDF、テキスト保存できないので、以下泣く泣くハンドで打ち込みました。

西暦2034年。難民蜂起事件から2年が経過していた。新人20名を増強した新生公安9課に新たな事件が舞い込んできた。梵の刺青を入れた13人のテロリストの連続自殺事件に絡む空港人質立て篭もり事件の鎮圧だ。結果、公安9課に追い詰められた立て篭もり犯は「傀儡廻し(くぐつまわし)が来る」と言い残し自ら命を絶ってしまった。時を同じくして数々の難事件が同時に多発していく・・・その影に潜む超ウィザード級ハッカー「傀儡廻」の存在。

新生9課の前に次から次へと立ちはだかる難事件全てが芸術的にリンクしていく。「傀儡廻」とは? 「傀儡廻」と素子の関係は?全ての事件の犯人は?そして結末は?謎が謎を呼ぶSolid State Society。

 ついに発表!! 2006.夏完成予定(100分)。酎犬八号さんの情報によれば、このPDFは、東証の情報開示サービス3月17日13時付よりとのこと。IGの株式公開で、ディスクローズが進んでいるわけです。しかしこのPDF読むと、「劇場作品クラスの制作費を投入」とあり、どうも劇場公開ということではないみたい。ハイビジョンと書いてあるので、もしかしてBSとかで放映か?? WOWOWなら即加入しなきゃ(^^;)。

plamo_tachikoma  それにしても神山監督節が炸裂しそうなストーリーですね、今回も。僕の期待は『攻殻機動隊S.A.C.2nd GIG』26話で描かれた日本独立路線(米帝への反旗)と「低きへ流れる水」である民衆がどう今度のストーリーで描かれるかということ。上の紹介文を読むと、「傀儡廻」とクゼを結び付けて考えたくなるのですが、そういう観客の予測を期待して書かれている文なので、どうひっくり返してくれるのか、まずは期待。

 それにしても、IGの下記公式ページの絵は、タチコマなのですが今度も登場するのか?!!キャストにはタチコマくんの名前はありませんが、、、。

 写真は、このニュースに喜ぶうちのタチコマ。塗りがあまくって、すみません。なにしろプラモは20年ぶり、許してたもれ。

Production I.G [最新情報]

東京国際アニメフェア2006のお知らせ@東京ビッグサイトイベント
3/25(土)13:00~13:30 攻殻sssトークショー
      14:00~14:30 押井監督・神山監督トークショー

◆関連リンク
東京国際アニメフェア2006 IG以外もいろいろ面白そう。
プロダクション I..G 松竹株式会社 最新TV アニメーション 製作発表会見
日時: 3月23日(木) 14:00~14:30 これはTV作品
最近の国内外の立体映画の動向
「広島アニメーションビエンナーレ2006 」開催発表
スペインの漫画家、ミゲランショ・プラドの新作長編アニメーション
 「DE PROFUNDIS (FROM THE SEA)」

ディグラ・フィルムズ (DYGRA FILMS)
 3D アニメーションの最新作「真夏の夜の夢」、2006 年スペイン・ゴヤ賞を受賞!


1/24プラモ S.A.C. 2nd GIG シリーズ No.1 タチコマ(Amazon)

|

« ■世界大風呂敷 | トップページ | ■YouTube - デビット・リンチ作品 vol.1 »

コメント

 SACさん、おはようございます。

 あ、すみません、「信州」で気が付くべきでした。失礼しました。

 川本喜八郎ネタの時に教えていただいた「川本喜八郎人形美術館(仮称)」の建造はその後、順調でしょうか。秋の開館が楽しみですね。

 川本喜八郎と言えば、まさに日本でも有数の「傀儡廻」。SSSの人形(があったとして)デザインが川本氏と言うことは、、、あり得ないですね(^^;)。
 

投稿: BP | 2006.03.21 05:52

BPさん、こんばんは(という時間ではないですね、既に)

僕がコメントさせて頂いたのは、初めてではないですよ。2005.11.20の川本喜八郎ネタが「初」です(笑)
これからもよろしくお願い致します。

投稿: SAC | 2006.03.21 04:11

 SACさん、はじめまして、こんばんは。

>>新作は「ソリッド・ステイト・ソサエティー(SSS)」ですかぁ、ソリッド・ステイト・サバイバー(YMOの
>>セカンドアルバム、「無国籍な未来+電子音」を志向?)かと思いました。

 同感でーす。同世代ですね。SSSと並ぶのも気持ちいいです。YMOと菅野よう子の音楽はあまり近い位置にいないような気がしますが、僕のiPODでは同居してます。

>>僕も大した内容ではないのですが、blog始めました(^^ゞ

singular points…特異点における日常の風景、拝見しました。信州ですか、お隣ですね。お互い田舎ですが、ネットにはローカルはありません。今日もスタンドアローンで頑張りましょう!!

投稿: BP | 2006.03.19 23:25

BPさん、こんばんは。
いつも楽しく・真剣に拝見しております。僕もハンドル名の通り、攻殻にハマッた凡人の一人です。新作は「ソリッド・ステイト・ソサエティー(SSS)」ですかぁ、ソリッド・ステイト・サバイバー(YMOのセカンドアルバム、「無国籍な未来+電子音」を志向?)かと思いました。
ま、神山監督は僕と同世代(でも、桁違いの頭の良さ^_^;)なので、YMOにオマージュしたんすかねぇ?

僕も大した内容ではないのですが、blog始めました(^^ゞ
(コンビニの「肉まん始めました」「おでん始めました」、レストランの「ランチ始めました」みたいに、この言い回し一般化するんだろうなぁ…)
これからも色々な知識を吸収させて下さい。よろしくお願い致します。

投稿: SAC | 2006.03.19 22:40

 shamonさん、酎犬八号さん、おはようございます。お二人の情報で、3/18の朝をサプライズなものにしていただき、感謝してます。

>>新作を読み解くキーワードは「13」という数字で?2ndラストのキリストを思わせる描写に
>>13をかけたら、出てくるのは「ユダ=裏切り者」。
>>「誰」が「誰」をどう「裏切る」のか興味あるところです。それに伴う心理描写も。

 うへー、そう言われてみれば、かなり怪しい。新人20名の追加はその伏線?
 にしても20名とは、茅葺総理にしっかり予算付けてもらったのですね。

>>タチコマとフチコマ、クゼと人形遣い、原作とアニメ、これらの関係が今作では どうリンクし
>>ていくのか、神山監督の手腕に期待が高まりますね。

 そーですよね。「傀儡廻」って言葉は実は「人形使い」と同義。SAC 2ndで登場したフチコマは映画『攻殻機動隊』には出てこないので、ここで世界は分岐したわけです。
 つまり「傀儡廻」は、神山攻殻機動隊ワールドの「人形使い事件」。
 さて、弟子は師匠の映画をどう超えていくのか、これは見ものです。

 また夏へ向けて盛り上がりましょう!!

投稿: BP | 2006.03.19 05:39

なるほど、よく読むと劇場版とは書いてないですね。100分という時間と、劇場作品クラスという情報から、勘違いしていました。失礼しました。
まぁ、どちらにしてもワタクシの場合は、DVDレンタルを待つしかありませんが。。。 ^_^;

タチコマとフチコマ、クゼと人形遣い、原作とアニメ、これらの関係が今作では どうリンクしていくのか、神山監督の手腕に期待が高まりますね。

投稿: 酎犬八号 | 2006.03.18 23:28

おはよーございます^^。BPさん。
TB&リンク感謝ですm(__)m。

朝から「タチコマファイル」を再度チェックしてました。神山監督の「一応新作があるとしか言いようがない。」発言はこの「SSS」を指してたんでしょうね、きっと。

新作を読み解くキーワードは「13」という数字で?2ndラストのキリストを思わせる描写に13をかけたら、出てくるのは「ユダ=裏切り者」。
「誰」が「誰」をどう「裏切る」のか興味あるところです。それに伴う心理描写も。

キャストも変更なしで一安心^^。
出島から2年、登場人物たちの”心の軌跡”をあの声優陣がどう演じるか期待は膨らむばかりです。

投稿: shamon | 2006.03.18 10:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/9138696

この記事へのトラックバック一覧です: ■攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX Solid State Society:

» サプライズ~~(^0^)×2 [ひねもすのたりの日々]
メキシコ勝ったぁーーーーっ!!ニッポン準決勝進出ーーーーっ!!!(^0^)。頑張 [続きを読む]

受信: 2006.03.18 01:32

« ■世界大風呂敷 | トップページ | ■YouTube - デビット・リンチ作品 vol.1 »