« ■新刊メモ 滝本誠『渋く、薄汚れ。ノワール・ジャンルの快楽』 | トップページ | ■現実の都市がミニチュア化 写真家 本城直季 »

2006.04.17

■イメージフォーラム・フェスティバル2006 IFF

Iff2006
イメージフォーラム・フェスティバル2006

プログラム タイムテーブル (公式HP)

東京:2006年4月30日(日)~5月7日(日)パークタワーホール
京都:2006年5月16日(火)~21日(日)京都ドイツ文化センター

福岡:6月7日(水)~11日(日) 福岡市総合図書館
名古屋:7月1日(土)~2日(日) 愛知芸術文化センター
横浜:7月7日(金)~9日(日) 横浜美術館

特集 アニメーション:新世紀の力!
特集1 奇想の博物誌 イギリス・アニメーション作品集 10作品76分
 ブラザーズ・クエイ「ファントム・ミュージアム」(2003)他
特集2 マスターズ・オブ・アブストラクト 13作品78分
 ジョン・ウィットニー「セロリ・ストークス・アット・ミッドナイト」(1953)他
特集3 TOKYO LOOP 1作品75分
 佐藤雅彦+植田美緒「TOKYO STRUT」他のオムニバス(2006)

 特集「アニメーション:新世紀の力!」は3 プログラム24 作品で構成されています。
 1906 年4 月のアニメーション映画誕生(J.S. ブラックトン『愉快な百面相』)100 年を記念して製作された『TOKYO LOOP』は、日本のアニメーション作家、美術家、イラストレーター、漫画家16 名が参加した全く新しいオムニバス・アニメーション作品です。
 他に、英米の抽象映画の巨匠達を特集した「マスターズ・オブ・アブストラクト」や、ブラザーズ・クエイやティム・マクミラン、ラン・ラーク等、実験的アニメーションで世界をリードする作家を輩出するイギリスから、博覧強記とフェティッシュな魅力に富んだ最新アニメーション作品を上映します。

 プログラムをご覧下さい。
 アニメーションだけでなく、多彩な作品が楽しめます。名古屋でも開催されるので、7月になりますが、行ってみようかと思います。最近、こういうの全くご無沙汰なので、たまには行かないと、、、。

|

« ■新刊メモ 滝本誠『渋く、薄汚れ。ノワール・ジャンルの快楽』 | トップページ | ■現実の都市がミニチュア化 写真家 本城直季 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/9642413

この記事へのトラックバック一覧です: ■イメージフォーラム・フェスティバル2006 IFF:

« ■新刊メモ 滝本誠『渋く、薄汚れ。ノワール・ジャンルの快楽』 | トップページ | ■現実の都市がミニチュア化 写真家 本城直季 »