« ■山田太一作 木村光一演出 『流星に捧げる』 | トップページ | ■宮崎吾郎監督『ゲド戦記』試写会と漫画映画DNA »

2006.07.03

■雑誌EYESCREAM 高橋盾×ヤン・シュヴァンクマイエル
  甲本ヒロトソロデビューCD『真夏のストレート/天国うまれ』

KoumotoEYESCREAM (USEN MAGAZINE SITE)

 そりゃ、ブルーハーツは好きだけれど、さすがにこの表紙の雑誌を本屋で観た時はひきました(^^;)。しかし、しっかり買って帰った私。理由はこの目次。

コレクター天国 僕らを夢中にさせるモノ
 甲本ヒロト
 テリー・リチャードソン
 高橋盾×ヤン・シュバンクマイエル
 ラブ・サイケデリコ

 今年の春に開催された「アンダーカバー・ミーツ・シュヴァンクマイエル」展で来日したチェコのシュールリアリストと日本のデザイナーの対談。写真に惹かれて買ってしまったわけです。この対談自体は2ページの見開き写真と4ページの対談で構成され、写真はその展示作品を含めて、12枚が並んでいる。

 圧巻は見開きの高橋盾のアトリエのシュバンクマイエルとの写真。アンダーカバーのデザインを彷彿とさせるオブジェ、絵画、ガジェットが板張りの巨大な空間に並び、中心に対話するシュールリアリストとデザイナー。この写真だけでもポスターとしてほしいくらい。こんな空間、とても気持ちよさそうです。

 そして対談。UNDERCOVERとシュヴァンクマイエルのファーストコンタクトはホロスコープで予言されていたという話から始まって、ふたりの幼少の話、ゴミやアートのコレクション、そして新作『ルナシー』について語られている。ファンはこっそり立ち読みしませう。甲本ヒロトのおもちゃコレクション写真も素晴らしいのでおすすめ。

◆関連リンク 
・当Blog記事 UNDERCOVER MEETS ŠVANKMAJER 
-THE BLUE HEARTS甲本ヒロト名言集- by INTERESTING!!

 インターネットを僕は一切見ない。不特定多数の人が、匿名で語ることっているのは効力ゼロだと思うのね。何も言ってないのと同じだし。言えば言うほど、その人の人生が削れていくだけだと思う。

 うーん、複雑な気持ちだけれど、頷いてしまう(^^;)。これは肝に銘じましょう。
甲本ソロデビューCD『真夏のストレート/天国うまれ』

|

« ■山田太一作 木村光一演出 『流星に捧げる』 | トップページ | ■宮崎吾郎監督『ゲド戦記』試写会と漫画映画DNA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/10778442

この記事へのトラックバック一覧です: ■雑誌EYESCREAM 高橋盾×ヤン・シュヴァンクマイエル
  甲本ヒロトソロデビューCD『真夏のストレート/天国うまれ』
:

« ■山田太一作 木村光一演出 『流星に捧げる』 | トップページ | ■宮崎吾郎監督『ゲド戦記』試写会と漫画映画DNA »