« ■小松左京 『SF魂』 | トップページ | ■NHK週刊ブックレビュー 特集 古川日出男『LOVE』を語る »

2006.07.23

■スチュアート・サミュエルズ『ミッドナイトムービー』
  MIDNIGHT MOVIES From the Margin to the Mainstream

ミッドナイトムービー[MIDNIGHT MOVIE] - cinemacafe.net 
トルネード・フィルム [ラインナップ] 予告篇はここ
原題:MIDNIGHT MOVIES From the Margin to the Mainstream

Midnightmovies  1970年代初頭のアメリカは、近代文化の転機である。時代は反骨精神と戦後社会の抑圧的なムードに包まれる反面、音楽、芸術、映画といった様々なジャンルから若者文化が世界中で急速に広まっていった。映画界においては興行的な成功ではなく観客に媚びない映画作りを目指し、「悪趣味」「社会のタブー」――今までの常識を覆した“ミッドナイトムービー”と呼ばれる作品が誕生したのであった。監督、プロデューサー、脚本家、俳優、そして作品を上映した配給主や観客のインタビューからわかるムーブメントの真実。

アレハンドロ・ホドロフスキー監督作『エル・トポ』(70)
ジョージ・A・ロメロ監督作『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』(68)
ペリー・ヘンゼル監督作『ハーダー・ゼイ・カム』(72)
ジョン・ウォーターズ監督作『ピンク・フラミンゴ』(72)
リチャード・オブライエン脚本・出演作『ロッキー・ホラー・ショー』(75)
デイヴィッド・リンチ監督作『イレイザーヘッド』(77)

S-Fマガジン 06年08月号スタニスワフ・レム追悼特集だったので、ひさびさに購入したら、滝本誠氏の映画紹介コラムでこの映画の紹介がありました。なかなか面白そうです、この映画。当時のムーブメントを追体験できそうなのがいいです。
 プロデューサー・監督・脚本のスチュアート・サミュエルズは、ノンフィクション畑の人らしい。ユーロスペース2006.7.15-を皮切りに全国単館系で公開されるようです。

 上記リンク、予告編がしびれます。

◆関連リンク 
eiga.com [話題作超先取り]にこの系列の作品が紹介されていたので。
ひさびさのリンチの新作は待ちきれない。
INLAND EMPIRE 「インランド・エンパイア」(原題)

スタジオ Canal Plus 日本配給 角川ヘラルド映画
全米公開 2006年9月29日 日本公開 2007年
監督 デビッド・リンチ
出演 ローラ・ダーン、ジェレミー・アイアンズ、ハリー・ディーン・スタントン
内容 デビッド・リンチの名作「ワイルド・アット・ハート」のローラ・ダーンとハリー・ディーン・スタントンが再び共演。そして、かつてのリンチ作品の常連カイル・マクラクランが久々に出演。音楽もリンチ作の常連アンジェロ・バダラメンティ。

THE BLACK DAHLIA「ブラック・ダリア

スタジオ Universal 日本配給 東宝東和
全米公開 2006年9月15日 日本公開 2006年秋
監督 ブライアン・デ・パルマ
出演 ジョシュ・ハートネット、アーロン・エッカート、スカーレット・ヨハンソン、ヒラリー・スワンク

|

« ■小松左京 『SF魂』 | トップページ | ■NHK週刊ブックレビュー 特集 古川日出男『LOVE』を語る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/11035482

この記事へのトラックバック一覧です: ■スチュアート・サミュエルズ『ミッドナイトムービー』
  MIDNIGHT MOVIES From the Margin to the Mainstream
:

« ■小松左京 『SF魂』 | トップページ | ■NHK週刊ブックレビュー 特集 古川日出男『LOVE』を語る »