« ■アーシュラ・K・ル=グウィン公式コメント ジブリ映画化『ゲド戦記』
  Ursula K. Le Guin: Gedo Senki, a First Response
| トップページ | ■エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァー回顧展カタログ »

2006.08.19

■DAVID LYNCH 新作 『Inland Empire』

Inland_empire_still◆ヴェネチア(ベニス)映画祭 La Biennale di Venezia (公式HP)
 6 settembre 2006 

18:30  SALA GRANDE
Consegna del Leone d’oro alla carriera a David Lyncha seguire
FUORI CONCORSO
INLAND EMPIRE di David Lynch (Usa, 166', v.o. inglese, s/t in italiano) con Laura Dern, Jeremy Irons, Justin Theroux, Julia Ormond

 カンヌ映画祭で上映される予定が延期されていたようですが、ついにイタリアはヴェネチアでデヴィッド・リンチの新作『Inland Empire』が2006.9/6上映!とのこと。イタリア在住の熱狂的リンチファンの方、どなたかレポートしていただけると嬉しいです(^^;)。

 写真はヴェネチア映画祭のサイトにあったスチル。ローラ・ダーン、ふけましたね、というコメントしか浮かばない、なんとも平凡にみえるショットですが、右上の額縁の中を観てください。なかなか気持ち悪いイメージが隠れています。ここからまたリンチワンダーランドがその凶暴なイメージを炸裂させるのでしょうか。
 (このヴェネチアのサイトにはブライアン・デ・パルマ監督『ブラックダリア』のスチルも有)

INLAND EMPIRE「インランド・エンパイア」(原題)(eiga.com)

全米公開 2006年9月29日。日本公開 2007年

◆リンチ・ネット http://www.lynchnet.com/
 こちらで『Inland Empire』の撮影風景?の画像を見ることができます。

Justin Theroux Dishes on David Lynch’s Inland Empire (Now Playing Magazine)
 『マルホランドドライブ』の映画監督役だったジャスティン・セローが今回の撮影についてインタビューで語っています。

Lynch_Inland_Empire

◆関連リンク
Lynch invades an 'Empire' Digital pic details a mystery (Variety.com May 11, 2005)
・IMDb "Inland Empire"(2006)
 Plot Outline: Set in the inland valley outside of Los Angeles, David Lynch's new film is a mystery about a woman in trouble.
Cast (in credits order) Laura Dern, Jeremy Irons, Harry Dean Stanton, Justin Theroux, Ian Abercrombie, Henry Peter J. Lucas, Terryn Westbrook
"Inland Empire" Eyewitness Report (Dark Horizons)
 新作の「Inland Empire」のレポート。カイル・マクラクランが撮影現場にいたらしい。
HERALD ONLINE すでに配給は決まっているようです。日本ヘラルド映画とコムストック オーガニゼーション。
当Blog関連記事 ■DEVID LYNCH 新作 "Inland Empire"

|

« ■アーシュラ・K・ル=グウィン公式コメント ジブリ映画化『ゲド戦記』
  Ursula K. Le Guin: Gedo Senki, a First Response
| トップページ | ■エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァー回顧展カタログ »

コメント

 あまりとなえさん、こんにちは!
 リンチの新作、本当に楽しみですね! ベニスへ行きたい!!

>>ご指摘の額縁の写真、手前に置かれた
>>コーヒーカップ、テーブルライトの仄かな
>>光が擦り込み済みのリンチテイストを醸し
>>出してます。

 神は細部に宿る、とはよく言ったもので、本物のクリエータの作品って、一枚の画像のたたずまいで何かわかりますよね。(絵画だったら当たり前なのだけど、、、)

 今度のは160分とかなり長い作品なので、たっぷりとリンチワールドにひたれそう。

投稿: BP | 2006.08.20 09:43

たしかに、一見平凡なカットですが
ご指摘の額縁の写真、手前に置かれた
コーヒーカップ、テーブルライトの仄かな
光が擦り込み済みのリンチテイストを醸し
出してます。
恐らくバダラメンティの、抑制されたしかし
何か不吉な予感を感じさせる音楽がかぶるの
だろうなあとわくわくさせてくれます。
にしても…何時もの如く公開は遅れに遅れるんでしょうねえ…。

投稿: あまりとなえ | 2006.08.19 23:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/11501426

この記事へのトラックバック一覧です: ■DAVID LYNCH 新作 『Inland Empire』:

» 詳細! 第63回ベネチア国際映画祭 コンペティション部門 [海から始まる!?]
 昨年の金獅子賞が『ブロークバック・マウンテン』であり、出品作品の中から多数の作品が米国アカデミー賞を賑わわせたということから、俄然注目度がアップしたベネチア国際映画祭。第63回ベネチア国際映画祭(2006年8月30日~9月9日)のラインナップが発表されたので、現時点でわかることを調べてみました。... [続きを読む]

受信: 2006.08.22 01:57

« ■アーシュラ・K・ル=グウィン公式コメント ジブリ映画化『ゲド戦記』
  Ursula K. Le Guin: Gedo Senki, a First Response
| トップページ | ■エヴァ・シュヴァンクマイエロヴァー回顧展カタログ »