« ■第19回東京国際映画祭 animecs TIFF 2006
  今敏監督『パプリカ』 4Kシネマ上映
| トップページ | ■押井守監督 『立喰師列伝』 »

2006.09.30

■世界初の民間宇宙ステーション
   ビジロウ・エアロスペース社 ジェネシスⅠ

Bigelowaerospace_genesisi史上初、米国の個人企業が宇宙ステーションの打ち上げに成功(Technobahnより)

 創立者となる社長が資本金(約88億円)のほとんどを個人出資して設立された米国の「中小企業」が史上初の民間宇宙ステーションの打ち上げに成功した。

 世界初の民間宇宙ステーションの名誉を獲得したのは米国の企業家ロバート・ビジロウ氏が1999年に設立したビジロウ・エアロスペース社が開発を行い、大陸間弾道ミサイルから改造されたロシアのドニエプル・ロケット(SS-18型ミサイル)を使って今年の6月に打ち上げられたジェネシス1となる。

 どのニュースも引用してコメントしたくなってしまうTechnobahnですが、これもインパクトありました。
Bigelowaerospace_blue_print02  すでに6月に打ち上げられているので、知っている人は知っている、当たり前ニュースかもしれませんが、僕は知らなかったので、結構ビックリ。すでに宇宙もベンチャーの時代に本格的に突入していたのですね。
 国内では宇宙産業は国家予算に支えられた所詮たたみ産業と同じビジネス規模で、たいしたうまみのない事業と考えられていましたが、アメリカでは観光という要素の投入で、りっぱなベンチャーキャピタルの対象になってきているようです。すげぇ。

ロッキード・マーチン社 アトラスV型ロケットを有人用に改装する計画(Technobahn)
 これを使って宇宙ホテルへのツアーが企画されるようです。ビジロウ氏はホテルビジネスで財を築いた人のようで、本気ですね、きっと。この着想は、ある意味当たり前だけれど、素晴らしいと思います。宇宙の材料実験や生物科学実験ではなかなか産業としての成功はみえてこないのだけど、たとえば100万円で宇宙ホテル滞在が可能になったら、かなりの数のお客が期待できるのではないかな。

 もう自分は諦めていたけど、もしかしたら生きているうちに宇宙へ行けるかもしれません。

Bigelowaerospace_blue_print01_1ビジロウ・エアロスペース社 BIGELOWAEROSPACE(公式HP)
GenesisⅠ詳細 ISSとの比較 
 大きさは、Genesis I : ISS = 13:146 feets。日米露が宇宙開発費の大部分をつぎ込んで建造する宇宙ステーションの1/10の大きさ。10年以上かかっているISSに比して、ビジロウ社のGenesis I は、たいへん効率的です。
 要するに外殻が150mm厚の風船なんですね。このMultilayer systemがミソですね。どんな材質を使っているか、気になります。放射線もスペースデブリもこれで防げるのか??
・Video from genesis I 基地の窓から観た宇宙 基地内
295ドルであなたの写真を宇宙ステーションへ搭載
 こんな企画もあるみたい。でも写真だけじゃね。

◆関連リンク
livedoor ニュース - 民間の宇宙居住計画!

彼は2015年までの間に「スペース・コンプレックス建設」に5億ドル(575億円)を拠出する予定だという。(略)宇宙船は人工繊維で作られ、隕石から守るために泡の層で保護されており、将来は放射線から守るため水の毛布を使う予定だ。(略)ビジロウ氏はスペース・ホテルや軌道研究施設といった市場があるだろうと見ているようだ。

膨張式の宇宙船が打ち上げられた(宇宙と天文学) / 科学ニュースあらかると - inflatable spacecraft,Genesis I
 BBCのニュースを翻訳した詳細な紹介記事があります。

・蛇足
 しかしこういうニュース、日本のマスコミでは報道されていない。
 スポーツと、芸能化した政治、腹立たしい殺人のニュースばかりの自称報道番組は、そろそろ廃業して、もう少しみんなが元気になるテクノロジーや文化のニュースを前面に出す日がこないものかと夢想。はやく切り替えないと取りかえしがつかなくなると思うけど、、、。
 殺人事件のニュースなんて、本当に報道する必要性があるのだろうか。あんなもの報道して高い給料もらってる馬鹿がいるかと思うと本当に憤りを覚える。(以下自粛)

|

« ■第19回東京国際映画祭 animecs TIFF 2006
  今敏監督『パプリカ』 4Kシネマ上映
| トップページ | ■押井守監督 『立喰師列伝』 »

コメント

宇宙時代に宇宙を目指すだけで人類の意識は変わって地球での問題は嘘のようになくなるかもしれない 宇宙生活は非常に制限されるみんなが宇宙生活なら問題ない 宇宙商品開発でみんなが宇宙生活になるかもしれない 宇宙船も最高に安くなれば宇宙ブームになるかもしれない

投稿: 増田二三生 | 2008.12.11 13:52

 増田二三生さん、コメントありがとうございます。

>>個人が宇宙利用が可能になることは大変な宣伝効果がある その企業の技術がコマーシャルになる何を販売しても人々がその企業の繁栄を望むので買ってくれるだろう 宇宙からの事業展開は何もかも最も速い事業展開になるだろう宇宙企業で企業のリーダーシップをとれるかもしれない
 
 宇宙の事業開発は、人類にやはりいまだに夢をもたらしますね。

 宇宙企業の株価が上がって、是非個人宇宙旅行の道が広く開かれていくことを望みたいものです。

投稿: BP | 2008.01.16 22:13

個人が宇宙利用が可能になることは大変な宣伝効果がある その企業の技術がコマーシャルになる 何を販売しても人々がその企業の繁栄を望むので買ってくれるだろう 宇宙からの事業展開は何もかも最も速い事業展開になるだろう 宇宙企業で企業のリーダーシップをとれるかもしれない

投稿: 増田二三生 | 2008.01.14 23:49

 青山さん、はじめまして。

>>僕も宇宙に行ってみたいです。

 文中100万円と書きましたが、きっと安くても1000万円くらいかもしれないですね。当分は。

 でも行ってみたいです。宝くじ当てるしかないな>>自分(^^;)。

投稿: BP | 2006.10.24 00:32

僕も宇宙に行ってみたいです。

投稿: 青山 | 2006.10.22 10:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/12097096

この記事へのトラックバック一覧です: ■世界初の民間宇宙ステーション
   ビジロウ・エアロスペース社 ジェネシスⅠ
:

« ■第19回東京国際映画祭 animecs TIFF 2006
  今敏監督『パプリカ』 4Kシネマ上映
| トップページ | ■押井守監督 『立喰師列伝』 »