« ■墨岡雅聡監督 『前向きでいこう』 | トップページ | ■宇宙から初めてのハイビジョン生中継
  HDTV in ISS:International Space Station »

2006.09.11

■映画メモ 塩田明彦監督『どろろ』

Dororo_posterどろろ(公式HP) TBS 映画『どろろ』

2007年新春 公開
【主演】
妻夫木聡,柴咲コウ
【原作】手塚治虫
【脚本】
NAKA雅MURA,塩田明彦
【アクション監督】程小東
【監督】塩田明彦
 ある国に目・耳・口・手・足といった体の部位を奪われた肉の塊のような子供が生まれた。彼の父で武将の醍醐影光が強大な力を手にいれようと48体の魔物と契約を交わし、生まれてくる子供の体の部位をそれぞれの魔物に捧げた。その捨てられた子供を拾った医師の寿海は、医術を駆使して作り物の体を与えて彼を百鬼丸と命名する。
 やがて成長した百鬼丸は、魔物を倒すことで自分の体の部位が取り戻せることを知る。自分の体を取り戻すため旅に出た百鬼丸は、その途中、自分の左手に仕込まれた妖刀を欲しがる泥棒・どろろと出会い、一緒に旅をすることに。こうして二人の魔物退治の旅が始まった。

 上のは映画館のチラシの写真と同じ図柄。色合いが素晴らしく良いので気に入ってしまいました。特に衣装が素晴らしい(これが載せたくて記事にしました)。これ、スタッフリストでは黒沢和子氏によるもの。すごく良いですね。

 もともと子供の頃、アニメ『どろろ』はなんかおどろおどろしくて、ちゃんと全部観てませんでした。塩田明彦監督が今回、どう描いてくれるか、なかなか見ものです。ニュージーランドロケらしいけど、『ロード・オブ・ザ・リング』のような雄大な自然を背景に描かれるのでしょうか。残念ながら公式サイトでもまだ予告編は公開されていません。

 ということで、塩田監督のまわりを固めるスタッフ陣のリンク集です。

・衣装デザイン:黒澤和子

・コンセプトデザイン:正子公也
 正子公也氏は絵巻作家とのこと。公式HPのギャラリーの絵がいいです。

・VFXプロデューサ:浅野秀二
 浅野秀二氏はリンクスデジタルワークスの方のようです。
 この方、黒沢清監督作品のスタッフとしての経歴が何作品か。あと塩田監督の『黄泉がえり』でもVFXプロデューサー。自身監督した『こいつは朝から』(1980)というのには黒沢清監督が出演しているようです。
 リンクスデジタルワークスのCGメイキングの紹介がなかなか充実。

・VFXディレクター:鹿住朗生 
 鹿住朗生氏は映画『ポケットモンスター』アンドロメディア』のCGIディレクター

どろろ-Wikipedia

|

« ■墨岡雅聡監督 『前向きでいこう』 | トップページ | ■宇宙から初めてのハイビジョン生中継
  HDTV in ISS:International Space Station »

コメント

 shamonさん、こばわ。

 手塚治虫は何故かあまり好きになれません。手塚アニメではあまり手塚っぽさがない『御空の大冒険』が一番好きだし、、、。

 嘘か本当か知りませんが、2chでは、宮崎駿の次回作が『火の鳥』とのうわさがあります、、、、いろいろと手塚には複雑な感情があるらしい宮崎が描く『火の鳥』も想像すると、凄いです。

投稿: BP | 2006.09.14 00:16

こんばんは。
「リーンの翼」をようやく全部観終わりました。

はるか昔、アニメージュか何かで特集があったような^^;。うーん、記憶が・・・
アニメよりは原作のほうが強く記憶に残ってますね。アニメはOPくらいしか覚えていません。
今から考えたらこんなおどろおどろしいお話を小学生のガキ(しかも女の子)のくせによく読んでたもんだ^^;。


投稿: shamon | 2006.09.12 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/11738726

この記事へのトラックバック一覧です: ■映画メモ 塩田明彦監督『どろろ』:

» 妻夫木&柴咲「どろろ」世界制覇へ!米でも配給! [どろろ最強計画!]
【妻夫木&柴咲「どろろ」世界制覇へ!米でも配給!】  「どろろ」、世界制覇へ〓。... [続きを読む]

受信: 2007.07.16 11:33

« ■墨岡雅聡監督 『前向きでいこう』 | トップページ | ■宇宙から初めてのハイビジョン生中継
  HDTV in ISS:International Space Station »