« ■宮崎駿 初期原画<1> 『侍ジャイアンツ』第一話 | トップページ | ■アニメータ磯光雄 と 監督作『電脳コイル』 »

2006.11.08

■岩井俊二監督の新作 ドキュメンタリー『市川崑の世界(仮)』

Iwai_ichikawa

市川崑監督を岩井俊二監督が撮る - シネマニュース : nikkansports.com
「市川崑の世界(仮)」(eiga.com)
岩井俊二が巨匠の人生を衝撃のドキュメンタリーに? 岩井監督コメント

「そう、衝撃のドキュメンタリーですよ。ふふふ」と含みを持たせる。「映画って罪深いですよね。90年もの人生を1時間とちょっとにしなければいけないんだから。それで、その人の人生を見せたことにするんですから。『24』みたいに、リアルタイムで描ければいいんですけどね(笑)。でも、90年ですから」と冗談めいた口調で語っていた。

 ひさびさの新作はドキュメンタリーということです。
 『犬神家の一族』のリメイクに合わせて、岩井俊二が市川崑をどう撮ったのか、ただのメイキングではないはずで、気になる映画です。

 にしてもこの引用コメントにある『24』のようなリアルタイムの90年を描く映画があったら、トンでもない、、、、。ほとんど『トゥルーマンショー』の世界(^^;)

※上の文字、このネタの時は、お約束の明朝体。本当は極太明朝体というのが適切らしいですが持っていないので、DHP平成明朝体というので作成しました。(はてな参照。「極太明朝体 フォントワークスが販売する『マティスPlus-EB』という書体・劇場版ではもう少し太いUBを使用」とのこと)

◆関連リンク
『虹の女神 Rainbow Song』 プロデューサーと脚本 岩井俊二(桜井亜美と共同脚本)
『虹の女神』(公式HP)
・新装したラジオ 円都通信 最終映像 -Final Cut-
フォントワークス マティス(amazon) フォントワークス(公式HP)

|

« ■宮崎駿 初期原画<1> 『侍ジャイアンツ』第一話 | トップページ | ■アニメータ磯光雄 と 監督作『電脳コイル』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/12559154

この記事へのトラックバック一覧です: ■岩井俊二監督の新作 ドキュメンタリー『市川崑の世界(仮)』:

» 岩井俊二の新作はドキュメンタリー [#! usr/bin/ooshima -blog]
ネタ元★究極映像研究所★: ■岩井俊二監督の新作 ドキュメンタリー『市川崑の世界(仮)』によると、岩井俊二の新作は、最近『犬神家の一族』のリメイクを発表した市川崑監督のドキュメンタリーだそうな。 関連リンク 市川崑監督を岩井俊二監督が撮る - シネマニュース : nikkansports.com 篠田昇氏の他界後初の作品。そういえば『虹の女神』の特集で『目覚ましテレビ』にちょこっと出演していた岩井俊二は、やけに老けてしまっているように見えたのがとても気になる。...... [続きを読む]

受信: 2006.11.08 11:28

» お邪魔します。アカデミー賞1960年前半をご紹介、古典映画です。 [映画館(こや)の木戸はあいている]
古典映画は時代を教えてくれます。そのときの秀作を見ることもまたよしです。 [続きを読む]

受信: 2006.11.12 23:54

« ■宮崎駿 初期原画<1> 『侍ジャイアンツ』第一話 | トップページ | ■アニメータ磯光雄 と 監督作『電脳コイル』 »