« ■宇宙から初めてのハイビジョン生中継 06.11/15 | トップページ | ■新刊メモ 『昭和モダン建築巡礼/西日本編』
   『プラネットアースメイキング―究極の映像への挑戦』
   『オールアバウトシュヴァンクマイエル』 »

2006.11.17

■押井守 大学の講義で×××

06.11/16更新 元情報を書かれた方から情報の削除依頼がありましたので、下記の通り伏字にして訂正します。これだけ伏字にすれば問題ないかと思いますが、、、かえって意味深ですね。ごめんなさい。

チロ日誌。さんの 「押井守が学校に来た」
(野良犬の塒さんのBBS野良犬の溜まり場経由)

 氏は×××の、×××が登場するアニメーション作品で、 (氏は作品の内容について×××) ×××はCGでモデリングしてその輪郭を活かしてトレースし、作画していることを挙げました。

 このことについてIGの若いアニメーターが全部手描きでやればいいのにともらしたところ、 じゃあ全部描き直すかと氏が問うと「いやそれは無理」と答えたそうです。 既にこの方針で作画が進んでいるのに途中から手書きに直してしまうと強い違和感が生じますね、
(略) しかしこれに対して、×××や×××などは氏は徹底して手描きを要求したそうです。

(略) ともかく、氏が言うには、 どういう風に見えるのかな、ということを考える作業はどこまでいっても何をしても、二次元の世界である、ということのようです。

 大学の講義をきっちりと採録されており、読み応え充分なレポートです。(チロ日誌。さん、書き起こし、ありがとうございます。)

 ×××がでてくるアニメ(?)ということしか内容の情報はありませんが、×××が×××の予定ということがわかったのがポイントですね。もっと×××じゃないかと心配だったので、このまま順調に仕上がることを祈りたいと思います。また×××なのでしょうか。

 あと2次元と3次元について述べたところがなかなか興味深いです。
 学生の鋭い質問に、詭弁(?)と勢いで切り抜けるツワモノの講師の姿が見事に描写されています(違うか、、、(^^;))。
 人間の視認識が所詮2次元だという解釈は、なんとなくわかるのですが、2つの眼による視差を利用した3次元での外界の認識というのは、それが視認識かどうかはともかく脳内情報処理としては確実にあるわけで、そこを2次元と言い切るのは詭弁だと思うけれどいかがでしょう。

|

« ■宇宙から初めてのハイビジョン生中継 06.11/15 | トップページ | ■新刊メモ 『昭和モダン建築巡礼/西日本編』
   『プラネットアースメイキング―究極の映像への挑戦』
   『オールアバウトシュヴァンクマイエル』 »

コメント

 半さん、はじめまして。

>>聞いた講義の内容を公開するのが問題になるんでしょうか・・

 そーですね、わたしもよくわかりません。
 チロさんの学校の特有の取り決めもあるかもしれませんね。

投稿: BP | 2006.11.23 23:50

大学の講義って録音してる人も録画してる人も居ると考えるのが(有名人の講義なら尚更)普通かと思うんですが聞いた講義の内容を公開するのが問題になるんでしょうか・・
講義の合間の雑談ならまだ分かるんですが

投稿: 半 | 2006.11.21 23:57

 チロさん、はじめまして。

 了解しました。まずい情報と思われる部分は削除しました。

 ただ大学の講義とはいえ、公の場で発言されているということは、このネット時代、押井守氏も情報が広がることは承知の上と思います。あまり問題になるようなことはないのではないでしょうか。

 大学が講義に際して、守秘義務契約を結ぶというようなことは通常考えられないので、おとがめがあるとしても話してしまった押井氏の問題だし、そもそも監督本人が話したのならスタジオもそう厳しいことは言わないのでは?(もしかして海外の映画会社が金を出して守秘義務契約しているというケースもありえないことはないですが、、、。)

 ともあれ、上記のような削除をしましたので、このページに関しては問題ないと思いますが、もしまだまずいことがあれば、言ってください。

 あとわたしが知っているだけでも既に次のブログでもチロさんのページから引用をされているようなので、お知らせします。→押井さんが大学で講義!! - KUNIの回収日誌(仮)さん。あとグーグルのキャッシュにはチロさんの日記もまだそのまま残っていますね。

投稿: BP | 2006.11.17 20:24

トラックバック元の記事を書いたチロと申しますが、
申し訳ありません、
押井守監督が次回作の情報を講演会で漏らしたとの今回の記事、
できれば下げていただけないでしょうか。

公式にはまだ発表されていないことだと思いますし、
僕が耳で聞いたことをうちに帰ってからパソコンで書いたことですから、
信憑性に乏しく、押井守監督やスタジオの方々にとっては迷惑に当たるかもしれません。
僕の日記の方でも、友人の勧めで削除を行いました。

どうか、できるだけ早い内にお聞き入れしていただけることを願います。

投稿: チロ | 2006.11.17 19:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/12716019

この記事へのトラックバック一覧です: ■押井守 大学の講義で×××:

« ■宇宙から初めてのハイビジョン生中継 06.11/15 | トップページ | ■新刊メモ 『昭和モダン建築巡礼/西日本編』
   『プラネットアースメイキング―究極の映像への挑戦』
   『オールアバウトシュヴァンクマイエル』 »