« ■東京駅前 直径6m球体スクリーン ビデオバルーン
   フランス カザール・ビジョン社 シティスフェアー360°
| トップページ | ■ジェームズ・キャメロン監督『アバター』
  パフォーマンス・キャプチャー技術と3Dフュージョンカメラ »

2006.12.30

■デヴィッド・リンチ監督と牛@『インランド・エンパイア』
   Nate & Matt meet David Lynch (and a cow)

YouTube - Nate & Matt meet David Lynch (and a cow)
 Youtubeで定点観測しているDavid Lynch×Inland Empireのキーワードで、面白いビデオがみつかりました。

 "Inland Empire"に主演したローラ・ダーンのアカデミー賞ノミネートへのキャンペーンを監督自らがハリウッドの路上でやっているという信じられない光景。今回、配給をリンチ自身がやっているということから、このような状況になっているのでしょうか。、、、それにしても、楽しんでやっているとしか思えませんが(^^;)。

 タイトルどおり、この映像はNateとMattというリンチファンがドライブ中に偶然見かけた光景をビデオに収めたもののようで、この臨場感がたまりません。

Lynch__cow
 "CHEESE IS MADE FROM MILK."、このリンチが口にするセリフは一体何なのでしょう。そして牛の横に置かれた垂れ幕の文字。

WITHOUT CHEESE THERE WOULDN'T BE AN INLAND EMPIRE
FOR YOUR CONSIDERATION LAURA DERN

 この言葉でローラ・ダーンをアカデミーに売り込んでいるわけですが、にしても"CHEESE IS MADE FROM MILK."っていったい。リンチ一流のギャグなのか、それともついに向こうの世界に逝ってしまったのか。つくづく不思議な監督です。ますますこの映画の公開が待ち遠しい!!

◆関連リンク
INLAND EMPIRE 「インランド・エンパイア[eiga.com 話題作超先取り]
 ここに牛の意味が書かれていました。でも謎。

 デビッド・リンチ監督自身が北米での配給を行うことが決定。製作会社のスタジオ・カナルは配給を離れ、518メディアという会社が劇場ブッキングをサポートする。
 リンチは全米10都市を回るプロモーション・ツアーをすると発表した、しかも牛を連れて。牛を連れて回る理由は、リンチいわく「この映画の撮影中にチーズをたくさん食べて、しあわせな気持ちになったから」だそう。またDVD権はライノ・エンターテインメントが入手。このDVDには3時間の本編とは別に特典映像が付き、発売は劇場公開後の07年夏を予定。リンチは「自分で配給することになったので、作品をどのような形で見せていくかを、自分で決められるようになった」と意欲満々。

・Sherilyn's Favoriteさんの「インランド・エンパイア プロモ&プレミア
 牛とプロモートするリンチの写真が掲載されています。

<当Blog記事>
デヴィッド・リンチ監督『インランド・エンパイア』予告篇
『インランド・エンパイア』ベネチア映画祭上映
新作 "Inland Empire" ・Inland Empire続報
YouTube - デビット・リンチ作品 vol.1

|

« ■東京駅前 直径6m球体スクリーン ビデオバルーン
   フランス カザール・ビジョン社 シティスフェアー360°
| トップページ | ■ジェームズ・キャメロン監督『アバター』
  パフォーマンス・キャプチャー技術と3Dフュージョンカメラ »

コメント

 SACさん、あまりとなえさん、皆さん、あけましておめでとうございます。今年もBlogで遊んでやってください。よろしくです。

>>でも一瞬、善光寺ネタ(「牛に引かれて善光寺」はご存知ですか?)かと。

 実は"INLAND EMPIRE"のクライマックスは善光寺で撮られていた、、、なーんてことはありませんよね。

>>あと関係ないんですが映画トランスフォーマー、予告
>>公開されましたけど何かすごいです…話は「生物都市」
>>みたいな感じ?…いや違うんでしょうが…かなり期待。

 友人の年賀状にもそんなことが書いてあり、Trailer探してみました(実はQuickTimeのTrailerページでしかチェックしてなかったので、最新版は未見でした)。そしたら、このようなバージョンが→トランスフォーマー日本公式HP 予告アメリカ公式HP 予告Yahoo! Movies予告(アメリカ版のハイビジョン)

 おー、生物都市って、そういうことですか。あの不気味さが出てたらいいですね。マイケル・ベイというのが少々不安ではありますが、エグゼクティブプロデューサーが『宇宙戦争』のスピルバーグなので期待しましょう。

投稿: BP | 2007.01.03 00:19

こんばんは。

これはまた貴重な映像…YouTubeの真価がまた発揮された
レアなムービ(いいって)
リンチ、ちょっとイッちゃってる風ですね(笑)
先日ウェイン町山氏が紹介してた「パラパラアニメ」
Dumblandも相当逝っちゃってましたけど

あと関係ないんですが映画トランスフォーマー、予告
公開されましたけど何かすごいです…話は「生物都市」
みたいな感じ?…いや違うんでしょうが…かなり期待。

それでは、1年間貴重な、為になる、楽しい情報をありがとうございました。
また来年もよろしくお願い致します。

ではよいお年をー。

投稿: あまりとなえ | 2006.12.31 18:30

BPさん、こんにちは。

う、牛と一緒に廻るプロモーションとは…さすがリンチ監督、恐れ入りました(^^;)
でも一瞬、善光寺ネタ(「牛に引かれて善光寺」はご存知ですか?)かと。http://www.zenkoji.jp/
あとこんなのもあります「長野の善光寺と飯田の元善光寺と両方にお詣りしなければ片詣り」http://www.localinfo.nagano-idc.com/iida/jiman/zenkoji/index.html

BPさんには今年一年色々な情報を提供頂き、感謝しております。
どうか来年も様々なご指導をひとつよろしくお願い致します<(_ _)>
それと、3~5月のご「来飯」を楽しみにしております♪
4月でしたら桜も身頃ですので、是非ご家族で。
http://ikpm.exblog.jp/
http://www.nagano-tabi.net/f_menu/200542011444/nanshin/nanshin.html

それでは良いお年を。

投稿: SAC | 2006.12.31 13:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/13258763

この記事へのトラックバック一覧です: ■デヴィッド・リンチ監督と牛@『インランド・エンパイア』
   Nate & Matt meet David Lynch (and a cow)
:

« ■東京駅前 直径6m球体スクリーン ビデオバルーン
   フランス カザール・ビジョン社 シティスフェアー360°
| トップページ | ■ジェームズ・キャメロン監督『アバター』
  パフォーマンス・キャプチャー技術と3Dフュージョンカメラ »