« 2006年4月9日 - 2006年4月15日 | トップページ | 2006年4月23日 - 2006年4月29日 »

2006年4月16日 - 2006年4月22日

2006.04.22

■リチャード・リンクレイター監督
   『ウェーキングライフ』 Waking Life

Wakinglife01_1
dream is destiny ... : Waking Life :(国内公式HP)、米国サイト
予告篇:Trailer メイキング映像他クリップ

映像革命のポスト・モダニズム・アート・アニメ
 主人公が、ある街に戻ってくる。偶然なのか必然なのか、彼は様々な人々と出会い、彼らの溢れ出る言葉に耳を傾けて行く。出会った人々が何者で、何処から来て何処へ行くのかも分からぬまま、そして、彼自身も何処から来て何処へ行くのかも分からぬまま、その言葉の洪水を浴びつづける主人公。幾度となく夢の中で目覚める夢を見る。夢と現実の境界線もわからぬまま、運命に突き動かされるように、彼の迷宮の旅は続く……。

Wakinglife02メイキング手法
 「ウェイキング・ライフ」の撮影をスタートするにあたり、脚本兼監督のリチャード・リンクレイターにとっての最初の挑戦は、「すべて頭の中で起きたと思われることを、どうやって映画にするか」だった。
 一般用のソニーTRV900sとPCIカメラを使用して、生身の俳優で実写を撮り、撮影と同時進行していた編集を完成させたところで、アニメーションの魔法に取り掛かった。
 30人以上のアーチストから構成されたチームは、ひとりひとりのアニメーターがそれぞれひとりの登場人物を担当した。アーチストは、独自のスタイルに従い、自分でその場面を解釈し、MacG4というコンピューターを駆使してペイント(実写フィルムへの色塗り)をする。

 これは傑作。P・K・ディック原作の『スキャナー・ダークリー』を映画化するリチャード・リンクレイター監督の同一手法の作品ということで、観てみたのだけれど、こんな素晴らしいアートフィルムだとは思いませんでした。
 自分なりに「アートフィルム」というのは定義があるのだけれど、絵画や彫刻といった静止したメディアの芸術を映画として動的に描き出すもの、作家が自分の心象風景を映像としてフィルム(または電子メディア)に定着させるもの、といったところ。

 この作品は、見事にそのテーマと、その表象として表われる映像形態まで、アートフィルムになっています。ここまで自主映画っぽいテーマと形態を、みごとなエンターティンメントとして(いや、退屈する人は多いと思うけど)、昇華できた作品はそうそうありません。

 手法はディジタルを用いたロトスコーピングかと思っていたのだけれど、単純なそれとはずいぶん違います。上の公式ページにある実写フィルムへの色塗りということだけでもない。実写映像を用いてディジタルに人物と背景を別々のレイヤーに置いて、それらを絶えず浮遊させて描いている。クールでとにかくかっこいい。

 哲学的な言葉が語られ続ける前半。ここの言葉のいくつかは凡庸、いくつかはついていけないくらいにたぶん先鋭。で、全体に描き出そうとしたものはたぶん一回観たくらいじゃわからないのだろうけれど、、、、。作中で語られるように、死んで行く老女が夢を見ている。肉体の死の後の、6~12分の脳の活動が観る夢。それがウェーキングライフ。『マルホランドドライブ』に通じる人の一生の圧縮された形での映像記録(現実と夢とその感情、哲学)。

 この監督には、今までの作品も含めて注目したいと思います。この作品のクライマックス付近で、海外SFファンにとって嬉しいシーケンスがあります。P・K・ディックの『暗闇のスキャナー』の成功は決まったかも。早く観てみたい。

◆関連リンク
Richard Linklater Waking Life (2001) (IMDb)
・ボブ・サビストン(アニメ・美術監督)Bob Sabiston たぶん公式HP

 1967年生まれ。マサチューセッツ工科大学大学院を卒業後、アニメーション作家を志し、デジタル・アニメ・ソフトも独自で開発してきたサビストンは1988年“Beat Dedication”でアニメ界にデビュー、その後も多くの短編を発表。
 1997年、サビストンは仲間のトニー・パロッタとともにMTV用にアニメーション・シリーズを製作する。二人はニューヨークからオースティンへ活動の拠点を移し、実写インタビューにアニメーション加工した“Roadhead”(97)を完成、幾多の映画祭で上映され、アスペン短編映画祭で特別賞を、アトランタ映画ビデオ映画祭で最優秀アニメ作品賞を獲得。
 PBSのTVシリーズ“Figures of Speech”の監督も務める。 「ウェイキング・ライフ」の原点ともいえる“Snack and Drink”(99) はニューヨーク近代美術館の永久保存作品に選ばれるほど好評を博した。ある意味リンクレイター以上に重要な役割を果たしたといえる「ウェイキング・ライフ」は、サビストンか試みた初めての劇場用長編映画である。

滝本誠氏の評(公式HPのCOLUMN) 

 「ウェイキング・ライフ」は、会話/対話にレクチャーが加わり、ジャン=リュック・ゴダールでもここまでは、というぐらいの「言葉の映画」となっている。しかし、リンクレイターがこの映画で仕掛けた映画のフォルムの革新によってこれが時間を感じさせずまったくあたらしい映画体験となるのだ。

 ウエイク・アップ!(起きろ) がキー・ワードだが、この台詞は「ウェイキング・ライフ」と同時期に公開されたデイヴィッド・リンチ「マルホランド・ドライブ」のキー・ワードでもあった。
 ナッシング・イズ・リアル、すべては夢。あるいは今やわれわれのリアルとは存在がナッシングであること。リンクレイターはよくわかっている!!

越川芳明氏 出口ナシの夢の放浪をつづる斬新なアニメ映画『ウェイキング・ライフ』
・当Blog記事 フィリップ・K・ディック "Scanner Darkly"映画化

・作品 DVD    『ウェーキングライフ』
『ビフォア・サンセット / ビフォア・サンライズ 恋人までの距離』
『スクール・オブ・ロック』 『がんばれ!ベアーズ ニュー・シーズン』
                      げげ、こんなリメイク物もやっている??
『ニュートン・ボーイズ』 『テープ』

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.04.21

■PA works スタジオ紹介 Anime Runner
  『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX
    Solid State Society』スタッフインタヴュー

PA works スタジオスタッフインタビュー (野良犬の塒さん経由)

後藤隆幸    キャラクターデザイン・総作画監督
関口可奈味、中村 悟  作画監督
古川尚哉   レイアウト作画監督
橘 正紀、河野利幸、吉原正行 演 出
遠藤 誠   3D監督

後藤 決起集会で言ったこと。(2005.10.24に攻殻SSSスタッフを集めて行われた)「僕は黄瀬(和哉)君でも西尾(鉄也)君でもないけれど、自分のいいところをいかした作監ができればいい、スタッフに助けてもらいながら頑張っていきたい」

中村:攻殻S.A.Cの1stと2 ndを見た人は、これは見ないと損するでしょう(笑)。
あまり言っちゃうと、ネタがバレちゃうのはマズイので(笑)。
堀川:そう、内容に関しては言えない(笑)。
中村:これを見ないと勿体ないよって感じですよね。
堀川:ぼくなんか一言のセリフにポロポロきてしまって。そこがP.A.の担当になって、「いいんですか、ここ貰って?」っていう感じです。
堀川:Cパートの絵コンテ完成もいよいよです。スケジュールを考えると、もう緊張感を超えていますが。

 『SAC』の作画をしているPA works スタジオって、富山の会社なんですね。
 このインタビューは、代表取締役の堀川憲司氏が各スタッフへインタビュアー。「これをHPに上げて、今回中村さんがどう云うスタンスで、これから何に取り組もうとしているかをスタッフのみんなに伝えたいんです。外で作業をしているフリーの原画マンの方にもそれが刺激になればいいと考えています。」 ファンに向けられているのではなく、自社のスタッフと求人向けのインタビュー。このHPって、社内報&リクルート広報みたいなものなのですね。でも、普段読めない生々しい話があって、興味深いです。

◆関連リンク
・その他にも興味深いインタビューがいろいろ。
 第1回 神山健治 2003.11.12
 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 監督 過激なインタビュー

神山:企画「エグザスケルトン」でチームがやろうとしたことは、全て「攻殻機動隊」という器にも入れられるものだから大丈夫だ。「騙されたと思ってこれをやろう。」神山さんはスタッフが納得して参加できるよう、説得に時間をかけて巻き込んでいった。

神山:「俺は24歳で独立してフリーになる」とずっと思ってたんです。そうしたら23歳で晴れて独立したんですよ。で、「28歳で演出家になる」、これももう決めていたし言ってた。そしたら28歳で演出になった。本当に。
 その頃俺は将来、攻殻―マンガを見ててね、「俺はこれを監督したいな」、と。そしたら、「バカ言ってんじゃねーよ。今残念ながら押井さんが攻殻の監督してるよ、もう」。・・・嗚呼、そうか。じゃあ駄目だな。「じゃあ、攻殻み、た、い、なのをやるよ(笑)」と、そのころ言ったんですよ。でね、「33で俺は監督になる」ってね。
 さすがに段々ハードル高くなってきたからさ、監督になったの35でしたよ。2年目標より遅れたけど監督になった。で、気が付いたら攻殻の監督やってましたよ。

・インタビューで触れられている「エグザスケルトン」はゲーム化。
 Xboxゲーム『エグザスケルトン』(Amazon)

ロボットデザインは佐藤道明が担当
ゲームの開発は、「攻殻機動隊」を製作したI.Gが担当 舞台は西暦2022年。反動体の発見と急速な電子技術の発展により、すでになくてはならない存在となった精密外骨格「エグザスケルトン」。

 こんなものがあるのも知りませんでした。神山インタビューによれば、この企画「エグザスケルトン」の中味が『SAC』に注入されているとか。ゲームと『SAC』はどっか似ている部分があるのでしょうか。どなたか、ゲームをされた方、コメントいただけると幸いです。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006.04.20

■予習 NHK 『立花隆が探るサイボーグの衝撃』
   河合隼雄 押井守 川人光男

shamonさんのひねもすのたりの日々 再び「サイボーグ革命」特集 より

立花隆の「メディア ソシオ-ポリティクス 第69回
 押井守監督、川人光男所長らとサイボーグ革命最前線を語る - nikkeibp.jp - 」

06年4月24日(月)22:00~23:29/NHK総合テレビ

 NHKで作りつづけてきたサイボーグ関連の番組がもう1本できる。これまでの総集篇にプラスする形で、3人の有識者との討論を交えた、“徹底討論『サイボーグ革命・脳とマシーンの融合』”(仮題)という番組で、4月24日夜10時の「プレミアム・テン」という新しい枠組で放送される。
  3人の識者とは、「攻殻機動隊」「イノセンス」「アヴァロン」などで有名な映画監督の押井守さん。もう一人は脳科学者であると同時に、ロボット工学者として有名なATR研究所脳情報研究所所長の川人光男さん。それに文化庁長官であると同時にユング派の臨床心理学者として有名な河合隼雄さんである。

Kawato_db この番組は見逃せません。すでに録画予約済です。
 ATRの川人光男氏は、脳の研究は身体の運動と不可分であり、ヒューマノイドの体を持たせた上での人工知能の研究(違ってたらごめんなさい)というアプローチをされている研究者。
 この考え方って、なんだかとても正しいような気がします。特に京極夏彦『魍魎の匣』で久保竣公の視点から考えると、実感をともなって迫ってきます。
 右のヒューマノイドDBがその研究対象。歩行できない繋がれたロボットという不自由さが何故か痛々しい。

 漫画『攻殻機動隊』で描かれている脳(およびゴースト)とサイボーグの体の関係性に対して、川人光男氏視点で何か語ってほしいところですが、でも話題はそんなところへは行かないのでしょうね。

 押井守だと、『イノセンス』でハラウェイに語らせている人形と人間の関係(下記)といった話題になるような予感。でも本当は脳とサイボーグの関係を語ってほしいんだけどな。

 人間とロボットは違う。でもその種の信仰は白が黒でないという意味において、人間が機械ではないというレベルの認識にすぎない。
 工業ロボットはともかく、少なくとも愛玩用のアンドロイドやガイノイドは功利主義や実用主義とは無縁の存在だもの。なぜ彼等は人のカタチ…それも人体の理想型を模して作られる必要があるだろうか?人間はなぜこうまでして自分の似姿を作りたがるのかしらね?

◆関連リンク
ヒューマノイドロボット DB : Dynamic Brain ムービー
・東大 立花研 SCI(サイ) NHKスペシャル補遺
 サイボーグ革命 ~脳とマシーンの融合(仮題)~

・番組で紹介される 「脳を活かす」研究会
ERATO 川人学習動態脳プロジェクト
Kawato_bukimi・川人光男 「“ブキミの谷”をめぐってー真贋のはざま」

 人間の姿から遠い造形物に対しては、我々は情動的には何も感じません。それが人間に近づいてくると愛着が湧くのですが、もっと人間に近くなるとブキミに感じるようになり、そこに負の情動が生じる。そして最終的に人間にまで来るとまた好感度が増します。この負の情動を表す凹み部分が“ブキミの谷”です。

・ ロボットは「脳進化」の夢をみるか -川人光男

 (ATR人間情報科学研究所第三研究室長)は「脳を創らなければ、脳を知ることはできない」という観点からロボットの脳を研究しており、本格的な学習能力を備えた日本で一番優秀なロボット『DB』(ダイナミックブレイン)を作った方である(立花隆)。
 例えば学習の結果、ある優れた能力を身につけたロボットがいたとする。その記憶や脳そのもののコピーを他のロボットに移植したら、そのロボットも全く同じ優れた能力を会得するかというと決してそうはならない。なぜなら、最初のロボットの体とロボットがいた環境に特有の能力が獲得されているからである。

・当Blog記事 NHK BS-hi 『サイボーグ革命 人間とロボットの融合』

◆追記 当Blog記事
『立花隆が探るサイボーグの衝撃』感想
立花隆東大ゼミ企画 SCI(サイ)アンケート   組織票求む!!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006.04.19

■IMAX 予告篇 Roving Mars - Trailer

Rovingmars
Apple - Trailers - Roving Mars - Trailer 4  Roving Mars (公式HP)

監督:George Butler
プロデュース:Frank Marshall, Kathleen Kennedy

 Appleの予告篇サイトには、IMAXの映像がいくつも紹介されている。これがハイビジョンの予告篇として掲載されていていつも楽しめる。

 今回紹介するのは、マーズローバー(火星探査機) スピリットとオポチュニティの映画。プロデュースはあのフランク・マーシャルとキャサリン・ケネディ。アメリカではこんな大物がIMAXのプロデュースをしているのですね。
 予告篇では、ロケット発射シーンから迫力の画像が観えます。日本のハイビジョン番組ではなかなか宇宙ものは放映されないので、とりあえずこのサイトで楽しみましょう。

◆関連リンク
・IMDb Roving Mars
・「世界4人目の民間宇宙飛行士」DICE-K.comさんのMER、アイマックス映画となる。今のところ、日本での公開予定はないようです。
Steven W. Squyres
 『Roving Mars: Spirit, Opportunity, And The Exploration Of The Red Planet』
(Amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■大友克洋のアニメCM カップヌードル
   FREEDOM-PROJECT.JP

Otomo_freedam FREEDOM-PROJECT.JP

 「100年ブラック」に引き続き、CMネタです。

 カップヌードルがティザーキャンペーンで大友克洋のアニメの予告をしています。なんか金田を優等生にしたようなキャラが月を舞台にレースを繰り広げるって感じ。ちょっと予告のCGは今ひとつです。今のところ、ワンダの勝利。

 写真右端の数字は、秒表示のカウントダウン。
現時点であと153時間後、6日後公開。これって大友が完全主義でなかなか完成しないでいたとしたら、もの凄いプレッシャーですよね(^^;)。

 ほら、この記事書いてる間に既に553478secになってる。命が縮まりそう。

◆関連リンク
日清食品(公式HP) ここでもCM「宣言篇」が観えます。

★4/19追記
大友データベース Apple ParadiseよりキャノンのCFの情報
 OTOMO KATSUHIRO: Illustration: T-70 (camera) ad (1984)
 ここのBBSからたどったら、YouTubeに一部動画 懐かしい。
★5/20追記
・当Blog記事 「広告批評」[特集 FREEDOM]  OVAとしてDVD化の情報!

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006.04.18

■現実の都市がミニチュア化 写真家 本城直季

Honnjou 「都市のうそっぽさを表現したい」本城 直季

 本城直季は、都市や建物をミニチュアのように撮る写真家だ。
 彼の手に掛かると、どんな重厚な建物もどこか現実感を失って、代わりに作りものっぽさ、軽やかさ、そしてかわいらしさといったものが付加される。本城直季は、都市や建物をミニチュアのように撮る写真家だ。
 彼の手に掛かると、どんな重厚な建物もどこか現実感を失って、代わりに作りものっぽさ、軽やかさ、そしてかわいらしさといったものが付加される。

 上のコンビナートとリンク先の写真を観てください。これを観て、実景と思う人はほとんどいないでしょう。
 写真の技法を使って、リアルさをこのように改変できるというのが、とても面白い。円谷特撮で育った身としては、この逆転の発想には脱帽です。

 さらに考えてしまうのは、この手法をさらに逆転して、ミニチュアをハイパーリアルに撮る方法はないのかなー、ということ。そんな写真があったら見てみたいものです。

◆関連リンク
本城 直季著『small planet』(Amazon)
Miklos Gaal『Sightseeing Tour』(Amazon)
TOKATSU Film Festival 2005 東葛映画祭 上映映画詳細.

フォトグラファー:本城 直季 Naoki Honjo 1978年生まれ。
東京工芸大学芸術学部写真学科卒業、同大学院芸術研究科メディアアート修了。人物や建造物をミニチュアのように撮る独特の手法 で人気を集め、現在雑誌や広告の分野で活躍中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.17

■イメージフォーラム・フェスティバル2006 IFF

Iff2006
イメージフォーラム・フェスティバル2006

プログラム タイムテーブル (公式HP)

東京:2006年4月30日(日)~5月7日(日)パークタワーホール
京都:2006年5月16日(火)~21日(日)京都ドイツ文化センター

福岡:6月7日(水)~11日(日) 福岡市総合図書館
名古屋:7月1日(土)~2日(日) 愛知芸術文化センター
横浜:7月7日(金)~9日(日) 横浜美術館

特集 アニメーション:新世紀の力!
特集1 奇想の博物誌 イギリス・アニメーション作品集 10作品76分
 ブラザーズ・クエイ「ファントム・ミュージアム」(2003)他
特集2 マスターズ・オブ・アブストラクト 13作品78分
 ジョン・ウィットニー「セロリ・ストークス・アット・ミッドナイト」(1953)他
特集3 TOKYO LOOP 1作品75分
 佐藤雅彦+植田美緒「TOKYO STRUT」他のオムニバス(2006)

 特集「アニメーション:新世紀の力!」は3 プログラム24 作品で構成されています。
 1906 年4 月のアニメーション映画誕生(J.S. ブラックトン『愉快な百面相』)100 年を記念して製作された『TOKYO LOOP』は、日本のアニメーション作家、美術家、イラストレーター、漫画家16 名が参加した全く新しいオムニバス・アニメーション作品です。
 他に、英米の抽象映画の巨匠達を特集した「マスターズ・オブ・アブストラクト」や、ブラザーズ・クエイやティム・マクミラン、ラン・ラーク等、実験的アニメーションで世界をリードする作家を輩出するイギリスから、博覧強記とフェティッシュな魅力に富んだ最新アニメーション作品を上映します。

 プログラムをご覧下さい。
 アニメーションだけでなく、多彩な作品が楽しめます。名古屋でも開催されるので、7月になりますが、行ってみようかと思います。最近、こういうの全くご無沙汰なので、たまには行かないと、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.04.16

■新刊メモ 滝本誠『渋く、薄汚れ。ノワール・ジャンルの快楽』

Takimoto_shibuku_usuyogore フィルムアート社のホームページより
『渋く、薄汚れ。フィルム・ノワールの快楽』
滝本誠 著/308ページ/菊判/1800円+税/4月発売予定

映画・小説・絵画などの背後に蠢く闘争、ハリウッドスキャンダル、......世界の底辺(ワイルドサイド)にただずむ快楽を丸裸にする、滝本誠のノワールワールド!

 滝本氏、ひさぴさの新刊が刊行予定(4月のいつか不明)。ずいぶん前、書き下ろしと言われていた『アメリカン・ノワール』とは別物でしょうか。
 リンチファンにはお待ちかね。このタイトルからいくと『マルホランド・ドライブ』とか『ブラック・ダリア』とか、触れてあるんでしょうね。

 関係ありませんが、うちの近所の犬の名が「ノワール」(^^;)。黒くて大きいですが、たいへん優しい犬です。最近、この言葉からは必ずこのワンちゃんをイメージしてしまうので、あまりハードなイメージは浮かばないです。いや、まったく個人的な話ですみません。

◆関連リンク
滝本誠『渋く、薄汚れ。―ノワール・ジャンルの快楽』(Amazon)

・『映画の乳首、 絵画の腓(こむら)』(ダゲレオ出版)
 もう絶版みたいですね。これ、名著なのに。

滝本誠『映画のアウトサイド』
 これもオススメ。

滝本誠『美女と殺しとデイヴィッド―タキヤンの書き捨て映画コラム100連発+α』

滝本誠公認ページ  タキヤンの部屋 なかなかのインパクト
タキヤン・ショップ
 ここのタキヤン・Tシャツとか、のけぞります。誰が買うんだろ??(失礼)
滝本誠(Amazon)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年4月9日 - 2006年4月15日 | トップページ | 2006年4月23日 - 2006年4月29日 »