« 2006年1月8日 - 2006年1月14日 | トップページ | 2006年1月22日 - 2006年1月28日 »

2006年1月15日 - 2006年1月21日

2006.01.18

■NHK BS-hi 『サイボーグ革命 人間とロボットの融合』

サイボーグ革命 ロボットと人間の融合

1月18日(水)20:00~21:50/衛星ハイビジョン
1月21日(土)21:00~22:50/衛星第二
ロボット技術とサイボーグ技術。人間が操作できるロボット技術として、「考えることで動かせる」サイボーグ技術は、究極のヒューマンインターフェース技術と言うことができる。ロボット技術はどこへ向かい、人間はどこへ行くのか。その最前線と未来を伝える。健常者がチップを埋めこみ、人類初の「サイボーグ」になったというケビン・ウォーウィック教授のサイボーグ実験など、未来の文明論も登場する。

 立花隆氏の<サイボーグ>関係のドキュメンタリー。以前放映された「”サイボーグ医療の時代”」(◆関連リンク参照)を観てなかったので、今回が初。(しかも残念ながら後半しか観てません)

 脊椎を損傷された方が脳から直接電極を出してコンピュータを操作するシーンから観始めた。こういう技術の映像はネットでちょこちょこ観ていたけれど、ハイビジョンの解像度によるリアリティがなかなか衝撃的。
 その他、夫妻で電極を腕に埋めコミュニケーションしているケビン・ワーウィック博士とか、指令どおりに無線と電極で動くロボットラットとか、米国防総省のDARPAによる無人ロボット兵器との脳-機械インターフェースだとかの紹介がされた。
 スタジオでは筑波大のパワードスーツ開発者の山海教授とATRの川人光男氏が脳インターフェースについて技術的哲学的倫理的(ニューロエミックス)に立花氏と語っていた。

 総じてSFの想像してきた範囲(ジョン・ヴァーリー、ブルース・スターリングや士郎正宗『攻殻機動隊』を思い出す)に全て入っていて、概念や哲学自体はそれほど新味はない。ただそれが現実の映像として提示されていたり、スタジオでそんなSFをまじめに現在の世界の問題として語っていたりすることは、なかなかのインパクト。既にここまで現代がSFの未来に追いついてきたのか、という感慨。

 あと印象的だったのが、2点。

・川人光男氏発言。アメリカが政府主導で主に軍事領域で侵襲型(物理的に差し込むタイプ)の脳インターフェースをやっているのに対して(予算数百億ドル(!))、日本は民生目的の非侵襲脳活動計測技術(電極を差し込まないでfMRI等で非接触にとらえるタイプ)を進めていく、というコンセプト。これ、なかなか象徴的ですね。僕はその技術が安全なら、脳にプラグインするのもやぶさかではありませんが(それで究極の映像体験ができるなら(^^;))、できればヘッドギアをかぶるぐらいですませたいので、是非、アメリカに先行してほしいと思ってしまった。

・ミグエル・ニコレリス教授発言。ロボットから脳への情報伝達を研究。ロボットの感覚を人間にインターフェイスすることで、いずれ火星へロボットを送り込んで、火星表面を体感したい、とコメント。こういう使い方も是非体験したいものです。脳インターフェースを使ったテレイグジスタンスですね。アールキューブ構想に近いコンセプト。高臨場感のヴァーチャルリアリティ機器で体感させるか、プラグインするかの違いです。立花隆は以前はアールキューブ構想が次代の産業として期待できるといっていたけれど、今回それとの関連はコメントなし。すっかりサイボーグビジネスがロボット産業のビジネスモデルだという認識に代わっているようです。

◆関連リンク
・紹介された関係技術のHPへのリンク集を作ろうと思ったら、既に立花隆氏ご本人のサイト「SCI」にて、立花隆の解説文 関連リンク というのがありました。たいへん興味深いです。
・NHKスペシャル「立花隆が探る”サイボーグ医療の時代”」
 再放送 1月19日(木)20:00~21:50/衛星ハイビジョン 
 ハイビジョン特集 立花隆が語る “サイボーグ”の時代 2本まとめて放送。
  第一回 人体と機械の融合 第二回 脳をどこまで変えるのか
・この番組のリンク集
  1章 脳の信号を利用するサイボーグ技術
  2章 脳は機械に合わせて進化する
  3章  脳が機械で調整される
  4章  脳が全ての機械と直結した
NHKスペシャル補遺
・「東大の産学共同研究センターで人間サイボーグの実験台に立つ
 (shamonさんの「ひねもすのたりの日々」経由)
 立花隆が手に電極をさして自ら実験したレポート。この実感からテレイグジスタンスはリアルに可能だと想像できます。僕も体感してみたい。

 人間の言葉はすべて日常感覚の世界のために作られているのだということがよくわかる。いままでの日常生活で体験したことがない感覚におそわれたとき、人間は言葉を失うのである。(略)
 受容野を刺激すると電気信号が生じる部位に、逆に電極から電気信号を入れてやると、受容野のあたりを触覚刺激されたような感覚が生まれるのである。これが人工触覚の基礎原理なのである。(略)
 突然、手先から腕の肘あたりまでの裏側を人の手で大きくなであげられたような、驚くほどリアルな速い動きをともなった肉体感覚(皮膚感覚)がして。(略)

| | コメント (7) | トラックバック (5)

2006.01.17

■特殊映像データベース『特殊映像博物館』

特殊映像博物館 作成:大口孝之氏(映像クリエータ/ジャーナリスト)

 このWEBページ、凄い労作で、大画面映像(ジャイアントスクリーン)や立体映像のファンとっては素晴らしいデータベースになっています。
 大口孝之氏は富士通の全天周立体アイマックスCG映像『ユニバース』、NHKスペシャル「生命・40億年はるかな旅」等で有名なクリエーター。ジャーナリストとしても『スター・ログ』の連載「VFX analysis engine」等で活躍されています。僕はこの『ユニバース』の凄さが忘れられず、「究極映像」(吉本隆明『ハイ・イメージ論』より)という名をブログに付けたので、この方の作品にはいつも襟を正してしまいます。

 この特殊映像博物館のコンテンツは下記のようになっています。

立体映像作品リスト
 1952-現在までの緻密なリスト。こんなの他で観たことありません。必見。

立体映像システムの原理
 幅広い各種機材とシステムの紹介。ちなみに、大阪花博『ユニバース2』はIMAX-SOLIDO(アイマックス・ソリッド)というプロジェクターが使われたとか。

ドームスクリーンの歴史
 ドームスクリーンのルーツとして「ルネッサンス・バロック時代の天井画」紹介からはじまり、最新の技術と、ドーム映像作品のリストまで。これも凄い。

ワイド&ジャイアント・スクリーンの歴史
 連続写真装置“Chronophotographe”から、愛知万博のスーパーハイビジョンまで。またまた凄い。

 いずれも写真付きで詳細な解説が読めます。とにかく素晴らしいです。
 このデータベースを前にすると、私の「究極映像研究」はネットの隅っこへ退散するしかありません(^^;)。

◆関連リンク
「超IT社会を疑似体験できる 選りすぐりSF講座」(Smart Woman)というのの講師もされているみたい。
ジャイアントスクリーンのしくみ ローマン・クロイター(『ユニバース2―太陽の響―』監督)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.01.16

■検索エンジンは世界を変えるタイムマシン??
   ジョン・バッテル著『ザ・サーチ グーグルが世界を変えた』 The Search

『ザ・サーチ グーグルが世界を変えた』

 GoogleにはうちのBlogも、お世話になっているので、たまたま図書館で見かけて読んでみた。Google(というか検索エンジン)がなかったら、いろいろなウェブの情報にアクセスするこのようなBlogは運用できなかっただろう。
 本書の中で、マスコミの記事がいつもGoogleに好意的なのは、記者が検索にいつもGoogleを使っているからだ、という記述があるが、まさにその通りかもしれない。僕らのネット生活は検索エンジンなくして成り立たなくなっている。最近はめっきり「お気に入り」も使用しない。整理できていない「お気に入り」よりも、Googleの方が早いからである。

 これだけお世話になっているグーグルの成り立ちと、ビジネスモデルの形成過程が描かれていて興味深く読んだ。以前から疑問だったDECのアルタビスタ:ALTA VISTAが知らないうちに衰退し、Googleにとって変わった理由もわかった。
 あとオーバーチュアのビル・グロスの「ペイドサーチ(キーワード広告)」との関係とか、なかなか興味深い。僕らとしてはグーグルのような優秀な検索エンジンが、ちゃんとビジネスモデルを成立させ進化していってくれるのは非常に有り難い、とまずは思う。(いささかビジネス的に巨大になりすぎている感は否めないが、、、。)

 本書の最終章で著者のジョン・バッテルが将来の検索エンジンについて書いている。ここで興味深かったのが、これから未来では過去の情報のアーカイブとしてネットが当然重要になり、検索エンジンは過去のいつの時点かを指定した上で検索が可能になるのではないか、という記述。つまりグーグルなり検索エンジン自体が膨大なネットの情報を過去のアーカイブとして記録に留め、時間軸を指定して過去のデータを検索できる時代が来るのではないか、というもの。
 それ以上の未来予測はこの本には書かれていないが、、、。以下、こんな想像をしてみた。

◆未来の検索エンジンは改ざんされた歴史を見せるタイムマシン??

 未来の検索エンジンが、時間軸で輪切りにして過去のネット上のデータを提示することが歴史的な意味を持ってくる、という視点がまず思い浮かぶ。こういうコンセプトで考えると、想像力をいたく刺激する。

 いままでの歴史は、歴史学者等が過去の文献を調査して記述していたわけであるが、人工知能を進化させるていくと、これからは検索エンジンがその役割を担う可能性がある、ということ。たとえば「グーグル 2010年」と検索すると、検索エンジンは2010年時点でのグーグルについてアーカイブにあるネットの情報を調べ、未来のネットワーカーにそのサマリーを2010年時点のアーカイブ内のウェブ各所の情報と合わせて提示する。ここでサマリーと書いたのは、ただ無秩序に提示したのでは、ただでさえ膨大なネットデータなので、人間にはなんらかの処理をした上でないと、既に扱えないボリュウムになっていると仮定したからだ。

 個人の歴史で言うと、自分の祖先の例えば「野比のびた」を検索すると、その人の情報はディジタルでネットにあげられたものは全て検索エンジンのアーカイブから取り出せる。そうなった時は、それが本物かどうか誰が証明するのだろう。そこから考えると、歴史というのを検索エンジンの持つ過去のデータとそれを処理するアルゴリズムが支配できる時代がくるかもしれない。もちろん恣意的な改ざんも可能。なので、いずれ過去のデータのアーカイブを、どう公平性を保って管理するかということが重要な焦点になるかもしれない。

 (もし最終戦争等で死滅していなければ)1万年後に、人類のディジタルデータの分量はどのくらいになっているのだろうか。それはそれはもの凄いものではないか。だって今こうして書いているような与太話のブログデータまで入れたら、人間の生み出している(垂れ流しいる)データは膨大だ。過去の文献の既に何億倍ものデータがインターネット上のデータとして発生しているのではないか。

 1万年後に、2006年というのはウェブの超古代として扱われているのだろう。古代のデータをみて我々の子孫はどう思うのだろうか。僕の子孫は祖先の書いた「究極映像研究所」のデータから、はるかなおじいちゃんが何を考えていたかを(文章自体は今の状態からデータとして全く劣化することなく)、読み取るようなこともあるのだろう、、、。その時にグーグルかどうかは分からないが、人工知能を持った検索エンジンは、それら莫大なデータをサマリーして(順位付けして)、どう歴史を表現(改ざん?)するのだろう。こうして考えると、検索エンジンというのは、未来において、場合によっては恣意的なディジタルデータのタイムマシンの機能も持つことになる。

 ディジタル時代のスタートによって、人類の歴史というのがある意味劣化しないデータとして残る時代が到来したわけである。ディジタル歴史家、ディジタル古代史家は1万年前のディジタルデータをどう発掘するのだろう。未来の歴史家の視点で、インターネットのデータと検索エンジンを考えると、また一つ別の新しいビジネスモデルが見えてくるのかもしれない。政治的な歴史改ざんの仕組みもここから構築される可能性があり、なんか怖かったりもする。本書のタイトルについて、著者もそんなことまで言及していないが、真の意味で「グーグルが世界を変え」るのは、未来においてなのかもしれない。それは誰もいまだかって想像したことのない、まさに人工知能によって管理された過去をいつでも覗ける未来なのである。

※ついダラダラと書いてしまいましたが、論旨がしっかりしてないですね。少し頭のほとぼりが冷めたら、いずれ整理して書き直してみます。まずは、陳謝!!

◆関連リンク
・ラリー・ペイジとサーゲイ・ブリンの「バックラブ」のことを書いた検束エンジンのキーになる論文について、本書はhttp://www.db.edu/~backrub/google.htmlにあると書いているがリンク先が現在不明。興味のある方は、ここを見ると良いでしょう。
・本書に関するジョン・バッテルのBlogが、後書きではbattllemedia.com/thesearchにあると記されていますが、これも不明。
・本書のあらすじは、NV-CLUB ONLINE参照。
『検索エンジン戦争 インターネットの覇権をめぐる興亡と争奪戦の物語』 (Amazon)

 ヤフー、グーグル、MSNなど、検索エンジンの攻防を描いた本。中でも、グーグルが優れた精度やテキスト広告の提供で、ネット広告やWebマーケティングを“儲かるビジネス”に変え、ライバルの地位を脅かす存在に成長していく過程に焦点を当てている。同社の勝因として、高価なサーバーを使わずに大量の低価格パソコンを運用する分散システムで投資を抑えたことを紹介。著作権やプライバシの保護、表現の自由など、検索エンジンが直面する課題にも触れている。

Google video
 最近始まったグーグルの新ビジネス。冒頭ページにボブ・サップがでる日本のTVのビデオが入っていたりするが全体像がつかめません。どうやらプライベートビデオ作品も掲載できるようなのですが、、、。自主映画のアーカイブになってくれたら嬉しいな。ちなみに「David Lynch」で検索してもめぼしいものは出てきませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月8日 - 2006年1月14日 | トップページ | 2006年1月22日 - 2006年1月28日 »