« 2006年9月3日 - 2006年9月9日 | トップページ | 2006年9月17日 - 2006年9月23日 »

2006年9月10日 - 2006年9月16日

2006.09.16

■「ロボットミュージアム in 名古屋」10月12日オープン
  記念企画展「robotlab(ロボットラボ)」展

Robotlab03_2「ロボットミュージアム in 名古屋」、10月12日オープン
                     (RobotWatchより)

ロボットミュージアム (公式HP)
オープン記念企画展「robotlab(ロボットラボ)」展を開催。

会期:2006年10月オープン日-2007年2月4日(日)
“ロボットをアナロジカルに捉えること”をテーマに、アート/デザインの視点でロボットを捉えた企画展を年に3回開催予定。ロボットを定義できない存在であると定義Robotlab01し、さまざまな切り口から紹介していきます。現代美術作家やロボット研究者をキュレーションした展示、また、アーティストを招聘して制作過程を見せるというプロジェクト型展覧会の開催も予定しています。オープン記念企画展の今回は、日本初公開となるドイツ・カールスルーエを拠点に活動するアーティスト集団“robotlab”の作品をご紹介します。

 いよいよオープンが迫り、詳細が発表になりました。
 注目は、この“robotlab”の展覧会。一番上のミュージアム外観で、ガラスばりの会場内に映るのが、“robotlab”の作品と思われる。

 下記ドイツのウェブに、いくつかのプロジェクトのムービーが掲載されている。単なる工場用マニピュレータにみえるけれど、動きを観るとなかかな面白い。

Robotlab02 robotlab videos (公式HP)

 ひとり檻の中でゆっくり何故かなまめかしく動く工業用ロボットアームの生物感覚がおもしろい。檻に入れた工場用ロボットアームがゆったりしたランダムな動きをするだけで、まるで動物園の動物のようにみえるところが面白い。

 単に工場で観るのと、なんか違う。
 これも「不気味の谷」周辺の人間感性の面白いところなのかもしれない。そんなところをダイレクトに刺激するアート展示になっていたら素晴らしい。

 あと今後もアートプロジェクトを企画していくということなので、いつかヤノベケンジ氏の登場も期待できるのではないだろうか。名古屋栄の街中に、ヤノベアートが鮮烈に登場する日を楽しみに待ちたい。

◆関連リンク
当Blog記事
ロボットミュージアムin名古屋 10月オープン BMWミニクーパーロボットネタ他
ヤノベケンジ ジャイアントトとらやん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.15

■雑誌新刊メモ「文學界_黒沢清とは何者か」
  「STUDIO VOICE 映像表現のニューヴィジョン!」

Bungakukai_kurosawa_1文學界_06年10月号

特集  黒沢清とは何者か

二十一世紀は黒沢を見なければわからない 黒沢清/蓮實重彦
壁と窓、あるいは集積と切断 大寺眞輔
回路は開かれた 樋口泰人
黒沢清の慎み深さが世界の法則を回復する 前田晃一
映画は勝手に生まれる 【『LOFT』をめぐって】 西島秀俊
小説とミイラの恋 山根貞男
映画であるだけで充分怖い 椹木野衣
シネマの記憶喪失 特別版──死体と語らう 阿部和重/中原昌也

 本屋で見かけたのだけど、これ、面白そうな特集です。
 『文學界』で黒沢清というのもなかなか凄い。でも、あの独特の映像文体は、たしかに文学的かも。しかし「黒沢清とは何者か」って、特集タイトルは、あまりに安直(^^;)。

 あ、ついでに紹介。 CATVのチャンネルNECOで9月は映画『LOFT ロフト』公開記念 特集黒沢清の映画術というのをやってます。チャンネルNECOオリジナルの『特番 黒沢清の映画術』(10分)というのもなかなかマニアックでよかった。

STUDIO VOICE (スタジオ・ボイス) 2006年10月号
 『映像表現のニューヴィジョン!
(amazon)

第一特集 映像表現のニューヴィジョン
宇川直宏「You Tube」動画発掘レヴュー!
AC部が教える「モーション・グラフィックス講座!」
映像クリエイター・マップ、DVDマストリスト!

先鋭映像クリエイター対談
PV/MV対談: 辻川幸一郎×野田 凪
VJ対談: 生西康典×鈴木ヒラク
INTERACTIVE対談: EXONEMO×長谷川踏太(TOMATO)
JINGLE対談: 中尾浩之×西郡 勳×井上 卓
ANIMATION対談: タナカカツキ×牧鉄兵×菅原そうた
ART対談: 会田 誠×田中功起

神山健治の「映画は撮ったことがない」Lesson06{良い脚本」とはなにか?
-その3「誤解」がもたらす構造

 今月のスタジオ・ボイスは、うちのBlogにぴったりの話題が満載。全部リンクを張ろうかと思いますが(^^;)、たいへんなので止めときます。それくらい新しい映像表現について、たくさん記事にされています。
 知らないものばかりで、おそまつなBlogに「究極」を名乗っているのが恥ずかしくなります(^^;;)。おまけに今号の特集の英語タイトルは「ULTIMATE MOTION GRAPHICS」だし、、、。

スタジオボイス 公式ページ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.09.14

■『邪魅の雫』発売記念!?
  京極夏彦ラジオドラマシリーズ『百鬼徒然袋 雨・風』

大極宮の目玉情報(06/9/14)によると、

◆豪華キャストによる京極原作ラジオドラマ「百器徒然袋 雨・風」
 10月8日21時放送開始!
 ABCラジオ・ニッポン放送系全国7局ネットで、毎週日曜日21:00~21:30(予定)、全24回の放送になります。お楽しみに!
 ABCラジオ(大阪)、ニッポン放送(東京)、STVラジオ(北海道)、TBCラジオ(仙台)、東海ラジオ(名古屋)、RCCラジオ(広島)、KBCラジオ(福岡)、他

京極夏彦ラジオドラマシリーズ『百鬼徒然袋 雨・風』 (ABCラジオ・abc1008.com)

榎木津礼次郎・・・佐々木蔵之介
僕(語り)・・・・田口浩正
京極堂・・・・・・高嶋政宏
益田・・・・・・・石井 正則(アリtoキリギリス)
ナビゲーター・・・夏木マリ

 高嶋政宏の京極堂、なかなか声が合っているかも。「僕」の田口浩正もイメージより随分体が太いけど(<<声じゃわからんって(^^;))、はまるかも。どっちかっていうと多々良先生って感じだけど、、、。(最近お気に入りの『謎のホームページ サラリーマンNEO』で田口浩正氏がいい味出しています(^^;))

 あのシリーズの雰囲気は映像では相当難しいので、音声のドラマは正解かもしれませんね。ラジオドラマによる脳内映像を楽しみたいと思います。

 放送は7局予定らしいけど、ABCラジオはabc1008.comにPOD CASTやウェブラジオあるので、クリアな音で楽しむことが出来そうです。(今のところ、こうしたラジオ放送以外で流れるかどうかの情報はありませんので要注意。)

 9/26には『邪魅の雫』がいよいよ満を持して発売されるし、今秋は京極三昧の夜長を楽しめそうです。

◆関連リンク
当Blog記事
『百器徒然袋 風』感想(講談社ノベルス)
『邪魅の雫』 06年夏 いよいよ発売!
『邪魅の雫』05年9/22発売はない! 講談社の勇み足
京極夏彦氏執筆 『怪』ブログ
『百器徒然袋―雨』 『百器徒然袋 風』
『邪魅の雫』 堤幸彦監督『巷説百物語 狐者異』(Amazon)

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006.09.13

■唐沢俊一『私のこだわり人物伝 円谷英二 -特撮の神様』

NHK知るを楽しむ『私のこだわり人物伝 円谷英二 - 特撮の神様』
 NHK教育テレビ 火曜日 午後10:25~10:50

講座内容            本放送       再放送
第1回ゴジラは日本人である 9/5 午後10:25~、9/12 午前5:05~
第2回先生は「キング・コング」 9/12午後10:25~、9/19午前5:05~
第3回ウルトラのおやじさん  9/19午後10:25~、9/26午前5:05~
第4回ここに特撮あり!~唐沢俊一が選ぶ円谷特撮名場面
                  9/26午後10:25~、10/3午前5:05~

 あー、第一回を見逃したー。こんな番組があるの、知りませんでした。

 9/12の第二回を偶然観ました。唐沢俊一氏が熱く語る「この世ならざる映像にとりつかれた」(撮り憑かれた?(^^;))円谷英二の映画人生は一見の価値ありです。

 エピソード的には円谷ファンにはどこかで聞いたり読んだ話が多いのですが、唐沢氏独特の語り口で、円谷の特撮映像センスがリアルに画面から立ち上がってきます。やはり圧倒的にパイオニア精神に溢れた方だったのだと、改めて感動します。

◆関連リンク
唐沢俊一氏ホームページ :: 東文研日記 06年09月05日(火) 
 唐沢俊一、円谷英二を語る

制作会社の方に聞いたら、「特撮系やるんだったら私しかいないでしょう!」と立候補したのですって、そのDさん。

 という方がチーフディレクターだそうです。そのこだわりも番組のにおいに影響しているのでしょうね。制作会社はここ→マンガ夜話も作っている[ テレビ番組制作会社 アマゾン ]

唐沢俊一氏ホームページ :: 東文研日記 06年08月09日(水)

昭慶監督の「ウルトラマンの股間について円谷英二が悩んだ話」が爆笑もののエピソードで、監督も「しかしこりゃNHKじゃ放送できないだろうなあ」と言っていたが、アマゾンのMさんは“いや、最近のNHKはこれくらい大丈夫ですよ”と。放送なるか? 

 これは第四回の収録のエピソードとして紹介されている。この日記にある写真-円谷英二実物大人形と唐沢氏の2ショットはなかなか渋い。

Karasawa_tsuburaya_text NHKテキスト『私のこだわり人物伝 2006年8・9月
 ジャイアント馬場~巨人伝説/円谷英二~特撮の神様』
(Amazon)

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006.09.12

■宇宙から初めてのハイビジョン生中継
  HDTV in ISS:International Space Station

NHK INFORMATION「宇宙ステーションからハイビジョン生中継

Hdtviniss  NHKとNASA(National Aeronautics Space Administration)とで共同開発した ハイビジョン生中継システムが、日本時間9月10日に打ち上げられた スペースシャトル「アトランティス」に搭載され、国際宇宙ステーションに向かいました。

 ハイビジョンカメラは、これまでもスペースシャトルに搭載され、宇宙での撮影に成功していますが、いずれも収録後に地球に持ち帰ってから放送されており、宇宙からのハイビジョン生中継が実現すれば世界初となります。

宇宙航空研究開発機構:JAXA 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター
 高精細度ハイビジョンカメラシステム(HDTV)開発レポート

スペースシャトル「アトランティス号」(STS-115/国際宇宙ステーション
 組立てミッション(12A))の打上げについて | JAXA

 9/10に無事打ち上げられたスペースシャトルに映像マニア垂涎のシステムが搭載されている模様。ついに史上初のハイビジョン宇宙生中継が実現される。

 今までも宇宙のハイビジョン映像は放映されていたが、今度は宇宙ステーションに常設となるらしい。NHKが定時的にハイビジョン宇宙中継をしてくれたら、と思うとワクワクします。ハイビジョンの臨場感 + 生放送のリアリティ、宇宙映像の現時点での究極映像となることでしょう。今のところ、放映が実現するのは、調整等を進めて年末とのこと。きっと来年の初日の出は宇宙ステーションからの生映像で拝めることになるでしょう。

 そんなめでたいシーンばかりでなく、たぶん戦火の地を宇宙から放映することもあるだろう。各国要人が、そんな宇宙からの映像で戦乱のむなしさを認識してくれるようならいいのだけど、世の中、そんなに甘くないよね、きっと。9.11後の復讐の連鎖を観るたびに、人の業の深さを思うのだけど、つかの間、宇宙からの高精細な映像で、過酷な現実を少しでもみつめなおせると良いのにね。(あれ、こんな記事にするつもりでなかったのだけど、、、。)

国際宇宙ステーション:ISSの組立フライト 12A(STS-115) - JAXA
NASA - Space Shuttle
NHK INFORMATION「◆宇宙仕様ハイビジョンカムコーダの開発(平成10年10月27日)~スペースシャトルに初の搭載~」 こちらはテープ持ち帰りでの初HD映像の記事。

月周回衛星セレーネ(SELENE:SELenological and ENgineering Explorer)
   月からのハイビジョン映像!!(宇宙科学研究本部:JAXA)
 紹介ビデオ 

【レポート】筑波宇宙センター特別公開 - 来年は「きぼう」や「SELENE」の活躍に期待 (MYCOMジャーナル)

 搭載するハイビジョンカメラにより、鮮明な月の映像が得られるということだ。特に、アポロでも印象的だった"地球の出"(月の地平線上から地球が出てくること)などは楽しみなところで、もちろん月からのハイビジョン映像の送信などは世界で初めての試みだ。2005年は「はやぶさ」の活躍が国民の注目を集めたが、2007年度は「SELENE」がそうなるかもしれない。

NHK INFORMATION「月探査衛星にNHKのハイビジョンカメラ搭載決定」.

収録装置を含めて重さが約16.5kg、広角レンズと望遠レンズを装備していて、月の上空約100kmの軌道を周りながら、青い地球が月の地平線から昇る「地球の出」や月面のクレーターなどを高精細なハイビジョン映像でとらえようとする計画です。

 も一個、これも素晴らしい宇宙映像の企画を知りました。

 2007年度H2Aロケットで打ち上げ予定の月周回衛星にハイビジョンカメラが搭載されるらしい。高度100kmからのハイビジョン映像の撮影が実施され、地球へ映像がダウンリンクされてくる予定。こっちはまさに初めての月と地球の高精細映像になるわけで、激しく興奮します(^^;)。しかもアメリカの力を借りていない国産での月探査の実現。各種の探査ミッションが計画されているようだけど、ハイビジョン中継が最も一般にはアピールするんじゃないかな。

 これが受けたら、太陽系内全惑星(+かわいそうな冥王星)にハイビジョンカメラを飛ばしてほしいものです。なんならスーパーハイビジョンでもいいけど、開発陣は悲鳴を上げそう、、、(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.09.11

■映画メモ 塩田明彦監督『どろろ』

Dororo_posterどろろ(公式HP) TBS 映画『どろろ』

2007年新春 公開
【主演】
妻夫木聡,柴咲コウ
【原作】手塚治虫
【脚本】
NAKA雅MURA,塩田明彦
【アクション監督】程小東
【監督】塩田明彦
 ある国に目・耳・口・手・足といった体の部位を奪われた肉の塊のような子供が生まれた。彼の父で武将の醍醐影光が強大な力を手にいれようと48体の魔物と契約を交わし、生まれてくる子供の体の部位をそれぞれの魔物に捧げた。その捨てられた子供を拾った医師の寿海は、医術を駆使して作り物の体を与えて彼を百鬼丸と命名する。
 やがて成長した百鬼丸は、魔物を倒すことで自分の体の部位が取り戻せることを知る。自分の体を取り戻すため旅に出た百鬼丸は、その途中、自分の左手に仕込まれた妖刀を欲しがる泥棒・どろろと出会い、一緒に旅をすることに。こうして二人の魔物退治の旅が始まった。

 上のは映画館のチラシの写真と同じ図柄。色合いが素晴らしく良いので気に入ってしまいました。特に衣装が素晴らしい(これが載せたくて記事にしました)。これ、スタッフリストでは黒沢和子氏によるもの。すごく良いですね。

 もともと子供の頃、アニメ『どろろ』はなんかおどろおどろしくて、ちゃんと全部観てませんでした。塩田明彦監督が今回、どう描いてくれるか、なかなか見ものです。ニュージーランドロケらしいけど、『ロード・オブ・ザ・リング』のような雄大な自然を背景に描かれるのでしょうか。残念ながら公式サイトでもまだ予告編は公開されていません。

 ということで、塩田監督のまわりを固めるスタッフ陣のリンク集です。

・衣装デザイン:黒澤和子

・コンセプトデザイン:正子公也
 正子公也氏は絵巻作家とのこと。公式HPのギャラリーの絵がいいです。

・VFXプロデューサ:浅野秀二
 浅野秀二氏はリンクスデジタルワークスの方のようです。
 この方、黒沢清監督作品のスタッフとしての経歴が何作品か。あと塩田監督の『黄泉がえり』でもVFXプロデューサー。自身監督した『こいつは朝から』(1980)というのには黒沢清監督が出演しているようです。
 リンクスデジタルワークスのCGメイキングの紹介がなかなか充実。

・VFXディレクター:鹿住朗生 
 鹿住朗生氏は映画『ポケットモンスター』アンドロメディア』のCGIディレクター

どろろ-Wikipedia

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.09.10

■墨岡雅聡監督 『前向きでいこう』

Maemuki01
YouTube - 『前向きで行こう』 - Let's go positively (1991)

 インディーズフィルムのコンテスト番組「えび天(えびぞり巨匠天国)」第十三回(1991/4/6深夜)に登場した素晴らしい自主映画。YouTubeに掲載されていたので、リンクをご紹介。(僕は今でもVHSのビデオを保存していますが、掲載したのは僕ではないので、念のため(^^;)。上記写真は自分のVHSからのキャプチャーです)

 この快活な作品は、今でもネットのそこかしこで話題になっています。僕も自分の(今は更新していない)HPで採りあげて、モノローグを全編書き出したりしていました。→『前向きでいこう

 そのHPの記事が縁で、職場が同じだった方からメールをいただいて、2000年夏に墨岡監督が亡くなられたことを知りました。もっとこの監督のセンスでいろいろな映像をみせてほしかったので、本当に残念なことです。職場はコクヨだったそうですが、「えび天」という番組がもっとヒットしていたら、プロ監督としてのデビューの可能性もあったはず、、、、。心からご冥福をお祈りします。

Maemuki03
 この写真はえび天のサマージャンボリーというスペシャル番組で、えびぞりー賞を受賞して挨拶する墨岡監督。この時は、いっしょに登場した保田克史監督の『パルサー(PULSAR)』という作品の動きを真似て、会場に爆笑をさそっていました。エスプリにとんで、しかしどっか繊細なしゃべりが印象的でした。

 「えび天」は、そのオープニングにシュヴァンクマイエルの『対話の可能性』を使っていて、僕はそれで初めて彼の作品に触れました。熱心に観てたので、思い出深い番組です。(YouTubeには「えび天」の作品が他にもいくつかアップされています。)

◆関連リンク
・「hi-lite」 監督:墨岡雅聡 (ぴあフィルムフェスティバル(PFF)公式ホームページ)

1986年/8ミリ/カラー/32分 監督・脚本 : 墨岡雅聡
制作 : 岐部俊夫/山本康晴 撮影 : 田中 徹/山本康晴
編集 : 山本康晴/墨岡雅聡
出演 : 墨岡雅聡/山本康晴/長沼秀幸/島田一久

ショート・ショート作品集とでも言おうか、32分の中に短いエピソード、ギャグが10数本も散りばめられた一篇。(略) 特に後半の“23歳のなった僕の右手と左足と後頭部”のエピソードは、機関銃のように発せられるウィットの利いたモノローグとそれに合わせてリズミカルに展開する映像が見事にシンクロし、軽いけれどしなやかな“23歳の僕”の存在論を雄弁に語って小気味良い。(略)

 この作品は未見ですが、1986年のものなので、『前向きにいこう』の原型かもしれません。どなたかご存知の方、コメントいただけると嬉しいです。

・「右手と左足と後頭部」(Google)で検索すると、ネットのいろんなところでこのフレーズが使われていて、ファン層の広さが確認できます。
・自主映画データベース 三宅裕二のえびぞり巨匠天国

以下、モノローグの採録。(自分のHPから再録。)

続きを読む "■墨岡雅聡監督 『前向きでいこう』"

| | コメント (12) | トラックバック (4)

« 2006年9月3日 - 2006年9月9日 | トップページ | 2006年9月17日 - 2006年9月23日 »