« 2006年10月8日 - 2006年10月14日 | トップページ | 2006年10月22日 - 2006年10月28日 »

2006年10月15日 - 2006年10月21日

2006.10.21

■cinra magazine vol.11
  特集:ヤン・シュヴァンクマイエル

cinra magazine vol.11 特集:ヤン・シュヴァンクマイエル

Lunacy・新作、「LUNACY」を観よ!
・インタビュー:
 チェコカルチャーの仕掛人
 くまがいマキ氏
   (配給会社チェスキー・ケー)
 田中廉也氏
   (レン・コーポレーション)
・ヤン・シュヴァンクマイエル作品、徹底解剖!
・Who is ヤン・シュヴァンクマイエル
「芸術新潮」06.7、「CGWORLD」06.7、「TONE」05.11の三誌からインタビュー転載

 私の作品の基礎は、世界を≪類推的に≫受け入れることです。≪類推≫は最も繊細な言語で、人間の感情の繊細な震えさえも捕らえることができます。一方でアイデンティティの上に建てられた実用的な文明が生んだのは道理にかなった言語です。繊細な言語をヨーロッパの文明はルネサンス期にどこかで捨ててしまいました。もう一度ヨーロッパが、かつて(マニエリスム、ロマン主義、シュルレアリスム)の時代に短期間戻ったとしても、大陸文明の主流を昔に戻すことはできません。日本では<古代の>自然や人間、時間への魔術的な知覚がまだ生きています。

 シュヴァンクマイエルの発言でこの部分がクローズアップして紹介されているが、素晴らしい言葉だと噛みしめて読んだ。
 近代が科学を根拠にして工業社会を立ち上げたことで世界が得たものは大きい。だけれどもそこから抜け落ちてしまった人間の言語≪類推≫(とシュヴァンクマイエルは名づけている)。

 エンジニアリングの世界でメシを喰っている身として、工学のロジックと言語で、不可思議なヒトの感情の動きが整理されて、いろんな物事がある意味、公平に決まっていくことの便利さは日々実感しているのだけれど、一方でそこで殺されていく≪類推≫の悲鳴も自分の中で痛感している。(特に今週、つらかったし、、、(^^;))

 まさにその実感にこれほどピッタリの言葉に今日行き当たったことで、シュヴァンクマイエルの作品の持つ自分への印象の意味に、また一つ強く気づかされたという感じ。

 あとくまがいマキさんのチェスキー・ケーの成り立ちと今後の配給したい作品はイジー・バルタとか、面白いインタビューが読めます。読ませる特集です。

◆関連リンク
cinra magazine
『Lunacy ルナシー』作品情報@CINEMA COMIN'SOON
・ 『ルナシー』(レン・コーポレーション)11/18日本公開にあわせて、各種のイベントが紹介されています!ドキュメンタリーが一番、観たい!! 
 ・『オールアバウト・シュヴァンクマイエル』
  エスクァイア マガジン ジャパンより刊行  
 ・シュヴァンクマイエル作品回顧上映
 12月、新宿 K’s cinema
 ・『シュヴァンクマイエルのアリス』展 
  チェコセンター 11/1(水)~12/4(月)
 ・『シュヴァンクマイエルのキメラ的世界』(イメージフォーラム)
  シュヴァンクマイエル氏とエヴァ夫人についてのドキュメンタリー作品。
  日本版宣伝チラシのデザインを担当されたゆさかずや氏の紹介文

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.10.20

■「メッセージ.jp」 冨田勲 立体音響へのチャレンジ

メッセージ.jp (BS Fuji)

冨田勲さん(シンセサイザー奏者)
聞き手:福田和也(文芸評論家 慶應義塾大学教授)

 ひさびさに冨田勲出演のインタビュー番組をテレビで観た。70代というのに、その語りの熱さに感動。シンセサイザー『惑星』の革新的な音をはじめてラジカセで聴いた、中学生の自分の興奮を想い出す。

 番組は音との出会いと学生時代、そして世界の冨田へ、という内容。
 中国の天壇公園で音の不思議な魅力に出会った少年時代の冨田氏の回想とか、手塚との出会いと『ジャングル大帝』での主題歌のエピソードとか、僕ははじめて聞いたので、とても興味深かった。『ジャングル大帝』は本当に今聴いても名曲!

 NHK「今日の料理」の「チャッ チャカチャカチャカ チャチャチャ-」が冨田作曲というのも知らなかった。

 そして一番興味深かったのが、作曲家としてデビューしてすぐのラジオでの仕事「立体音楽堂」(1954)。どんなものかというと、、、、。

 たふらんけさんのBlog
 二〇世紀ひみつ基地  立体音楽堂・カーネギーホールより抜粋させていただくと、

*「立体音楽堂」とは

昭和二十九年(1954)NHK第一・第二放送で、世界初の立体放送による、日曜昼の定時番組放送開始。その番組名が「立体音楽堂」。放送は1960年代半ばまで続けられた。 立体ラジオ放送「立体音楽堂」の冒頭は、「この放送を立体放送としてお聞きになる場合は、二台の受信機をご用意ください。一台を第一放送、二台目を第二放送の周波数に合わせ、それぞれの受信機を結ぶ線の、ちょうど三角形の頂点の位置でお聞きになり、私の声が真中から聞こえるように調節してください」というアナウンスではじまり、バランス調節のために蒸気機関車が走り去る音などが流されたという。クラシックのほかに放送劇なども放送している。

ステレオということばが、まだ市民権を得ていない時代から始まった「立体音楽堂」は、オーディオマニアやクラシックファンにとっては特別な存在であり、そのタイトルは立体音響を象徴するものであったのだ。

 凄いなー。人間の聴覚の立体感の獲得のための努力は、こんな形でトライされたんだ。
 そして今では当たり前のステレオ放送に感動する人々の姿が思い浮かぶ。わずか50年、人間が立体音響の放送メディアを持ったのは、たったの50年なんだ。

 番組のラスト。冨田が今、興味を持っているサラウンドの可能性へのチャレンジについて語る。少年時代の中国の回廊での音の不思議の体感、大学時代にFENで聴いた「春の祭典」の感動、そしてシンセサイザーとトミタサウンドクラウド(長良川で僕も聴いた)。冨田少年のたどってきた立体音楽との関係が、いま、サラウンドの凄さをもっと体感できるソフトを実現するという夢を持った活動に見事につながっている。

 立体聴覚の拡張、という視点を縦糸に冨田勲をとらえたインタビューになっていて、刺激的だった。今なお、若々しく究極の音像を求めてやまない冨田勲になんか元気をもらいました。(ちょっと仕事で落ち込み気味だったのだけど、、、(^^;))

◆関連リンク
DVDオーディオ『惑星サラウンドバージョン』 
 冨田勲『惑星<2003>』(Amazon)
 探したら、こんなサラウンド作品が2003年に出てました。さっそく注文!届くのが楽しみでしょうがありません。(DVDオーディオプレーヤー、持ってませんが、DVDビデオでの4.1ch再生ができるとのこと。)
5.1サラウンド・サウンド セミナー報告(PDF)
 サラウンド版の「冨田勲:源氏物語幻想交響絵巻」。立体音響の歴史も書いてある。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.10.19

■<幻想の画廊からリンク集01>幻想の城 シュヴァルの理想宮

Chevals_ideal_palace

澁澤龍彦コレクション―幻想の画廊から(amazon)

 郵便配達を職業とするシュヴァルは、まったくの独力で、ただ自分の手と脚とを用いるだけで、ドローム州オートリヴの静かな村に、あの壮大な理想の宮殿を完成したのである。「古今無比の、世界で最も独創的な建造物。たった一人の男が、この厖大な仕事を独力で完成するのに、三十四年の片意地な努力を要した」と作者自ら誇らしげに語っている通りである。

Postman Cheval's Ideal Palace(公式HP)

 カンボジアを思わせる建造物。これをひとりの人間が毎日自分の街で石を拾い、こつこつと築きあげたという事実が凄いインパクト。素晴らしい妄想力です。

 年を経るとともに、人生短いなー、と最近感じますが、こういうものに打ち込むのってとてもいいですね。後世に自分の妄想の建造物が残るって。ネットに妄想のBlogを垂れ流すだけとは、銀河の距離ほどの差があります。

 あとシュールリアリストの誰かが、こういうものを作り出したら、その構内に入って探検してみたいものです。ワクワクするなー。シュヴァンクマイエルなら、さしずめ「触覚の宮殿」。くすぐったそう(^^;)

 下記のサイトの写真などでお楽しみください。

◆関連リンク
Facteur Cheval's Palais Ideal BEST PHOTOS
シュヴァルの理想宮 (サイト カンボジア書記さん)
岡谷 公二著『郵便配達夫シュヴァルの理想宮』(Amazon)

日本珍スポット100景-B級スポット観光ガイド-さんの知多半島のシュバル理想宮「貝がら公園」【愛知】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.15

■澁澤龍彦コレクション『幻想の画廊から』

Gensou_no_garou_01『澁澤龍彦コレクション―幻想の画廊から』

 「幻想的な美術や芸術作品に惹かれる」生来の資質から渉猟しはじめられた膨大な「ヨーロッパの幻想画家の画集」や「悪魔学や錬金術やエロティシズムに関するテキストならびに研究書」のエッセンスを自由自在に組み合せ、渋沢龍彦自身の強い“好み”から見事に統一を与えられた伝説の美術論集。
 「マニエリスムからシュルレアリスムへ」という革命は本書から始まった。

 食わず嫌いで読んだことがなかった渋澤龍彦。
 たまたまいつも行く本屋に、2001年刊行の本書が何故か平積みになっていた。アルチンボルドの有名な絵に引かれて、手にとってみると、下記の画家たちの名前が幻惑的な章題とともに並んでいた(ほとんど知らない体たらく(^^;))。思わず、購入、帰りの電車でざっと目を通した。

 各章が画家たちの紹介になっているのだけれど、エッセイは簡単な紹介程度で少し物足りない。画家たちの作品は、文庫版の場合モノクロ印刷で各1-2枚掲載されている。どれもモノクロながら妖しい魅力を放っている。が、これもモノクロで欲求不満になる。これをインデックスとしてネットで各画家の作品にあたると、広大なシュルリアリスティックな空間が目の前に開けそうで、ワクワクしながら電車を降りた。

 というわけで、今日もネットでフランスの郵便屋シュヴァルが一生かけて構築した幻想の城などをググってドキドキしていた。これから何回か、この幻想の作家たちのネットでのリンク集を作成したいと思う(不定期です(^^;))。

 それにしても、巻末の<河出文庫 渋澤龍彦コレクション>のラインナップを眺めると、どれも面白そう。ポチポチとこれから手にとることになりそうな予感。いまさらですみません。

◆関連リンク集
・各作家ごとに記事を作成し、できたところから下記にリンクさせるつもり。ということで最初はまだリンクがありません。明日にでもまずは郵便屋シュヴァルへのリンクを作る予定。

空間恐怖と魔術―スワンベルクとブロオネル
女の王国―デルヴォーとベルメエル
イメージの解剖学―ふたたびベルメエル
卵・仮面・スフィンクス―レオノール・フィニーの世界
夢みる少女―バルテュスの場合
混沌から生成へ―タンギーの世界
マグリットの冷たい夢―終末の青空
神の香具師ゾンネンシュターン―月の精の画家
サルバドール・ダリの両極性―堅いものと軟らかいもの
光り輝くルネサンスの幻影―ダリ展を見て
『百頭の女』と『スナーク狩り』―マックス・エルンスト
ピカビアと機械崇拝―あるダダイスト
存在し得ない空間―M・C・エッシャー
ボマルツォの「聖なる森」
崩壊の画家モンス・デシデリオ
だまし絵・ひずみ絵―ホルバインその他
メタモルフォシス―アルチンボルドを中心に
一角獣と貴婦人の物語
北欧の詩と夢―ベックリンとクリンガー
密封された神話の宇宙―ギュスターヴ・モロオ展を見て
幻想の城―ルドヴィヒ2世と郵便屋シュヴァル
人形愛―あるいはデカルト・コンプレックス
玩具考―古き魔術の理想
仮面のファンタジア

・「幻想の画廊から」で検索してたら、こんな画集のHPがありました。
 →幻想の画廊から。この中の「深井克美」作品が素晴らしい!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2006年10月8日 - 2006年10月14日 | トップページ | 2006年10月22日 - 2006年10月28日 »