« ■『日本沈没』スクラップNo.2
    岡本愛彦演出ラジオドラマ『日本沈没』
| トップページ | ■磯光雄監督 NHK教育『電脳コイル』 COIL A CIRCLE OF CHILDREN »

2007.01.24

■新刊メモ スタニスワフ・レム『フィアスコ(大失敗)』
 吾妻 ひでお『逃亡日記』 レイモンド・カーヴァー『水と水とが出会うところ』

スタニスワフ・レム, 久山 宏一訳『フィアスコ(大失敗)』』 (公式HP)  

任務に失敗し自らをガラス固化した飛行士パルヴィスは、二十二世紀に蘇生して太陽系外惑星との遭遇任務に再び志願する。不可避の大失敗を予感しつつ新たな出発をする「人間」を神話的に捉えた、レム最後の長篇。

 最近になって、『宇宙創世記ロボットの旅』を初めて読んで、奇想作家としてのレムにカンドーしていたのですが、これは別系列の作品のようです(未確認)。

スタニスワフ・レム (Wikipedia)   スタニスワフ・レム - 評山の一角:書評wiki

吾妻 ひでお『逃亡日記』 
オンライン書店 本やタウン:新刊展望:エディターの注目本 2007年2月号

 『失踪日記』で日本漫画家協会賞大賞・手塚治虫文化賞マンガ大賞・文化庁メディア芸術祭大賞の3冠受賞を達成した吾妻ひでおさんに、ご自身の生い立ちから人気漫画家としての生活、そして失踪・アル中体験から『失踪日記』ブレイク後の現在の生活に至るまで、漫画の中では描かれなかった事柄をインタビュー形式で引き出そうというのが、本書の狙いです。(略)
 ルポ以外にも、書き下ろし漫画、奥様・お嬢様など関係者によるコラムといった付録も満載、まさに「吾妻ひでお」のできるまでがすべてわかる1冊です。

 失踪していた頃徘徊した場所等を巡る写真ルポ。吾妻ひでおの素顔でまくり、以外に(?)本人自画像に似てますね。吾妻ひでおが自分について1冊まるごと語ったインタビュー集。

レイモンド・カーヴァー, 村上春樹訳『水と水とが出会うところ』 (公式HP)

温かかなユーモアと深い愛情、そして打ち消しがたい死の予感…詩人カーヴァーの危ういまでに研ぎ澄まされた心象世界を映し出す円熟期の詩集。

 カーヴァーの詩集はまだ読んだことがない。いつもその凄い感性にドキドキしてしまうカーヴァー作品、詩なので、さらに鋭く突き刺さるものがあるかも。『マルドゥック・ベロシティ』(やっと読了間際)でささくれ立った感情を沈めるのに適した本かも。

|

« ■『日本沈没』スクラップNo.2
    岡本愛彦演出ラジオドラマ『日本沈没』
| トップページ | ■磯光雄監督 NHK教育『電脳コイル』 COIL A CIRCLE OF CHILDREN »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/13647563

この記事へのトラックバック一覧です: ■新刊メモ スタニスワフ・レム『フィアスコ(大失敗)』
 吾妻 ひでお『逃亡日記』 レイモンド・カーヴァー『水と水とが出会うところ』
:

» どろろは手塚治虫の最高傑作 [どろろは手塚治虫の最高傑作]
劇場版も始まるどろろ、手塚治虫の最高傑作ともいえるどろろの魅力について勝手に(笑)語ってしまうどろろブログです。 貴方が少しでもどろろを好きになってくれれば嬉しいです。 [続きを読む]

受信: 2007.01.28 23:23

« ■『日本沈没』スクラップNo.2
    岡本愛彦演出ラジオドラマ『日本沈没』
| トップページ | ■磯光雄監督 NHK教育『電脳コイル』 COIL A CIRCLE OF CHILDREN »