« ■黒沢清監督 映画『叫』公式サイト | トップページ | ■アスリートヒューマノイド "マノイ PF01"
  1/5 Scale Athlete Humanoid Series "MANOI PF01" »

2007.02.08

■島田荘司著 士郎正宗画 大河ノベル2008予定
   徳川幕府の21世紀メカアクション

ShiromasaAmazon.co.jpメッセージ

大河ノベル2008について
2008年の執筆者は島田荘司氏に決定! 奇数月6冊、偶数月6冊の2シリーズ、全12冊を2008年1月より毎月刊行予定。
奇数月のイラストレーションは、攻殻機動隊で知られる士郎正宗氏。

島田荘司のデジカメ日記
 (士郎正宗の温故知新! 「大河ノベル」 2008年版に士郎正宗氏のイラストが起用経由)

 ぼくの脳裏にあるイメージのひとつは、明治維新が起こらず、軍事政府たる徳川幕府が、21世紀まで生き延びたなら江戸はどうなっていたか、といった一種のシミュレーションのファンタジーで、闘いのメカを縦横に駆使するような活劇になるかもしれない。ぼくは彼の絵の、高品位な塊り感表現、ビリーヴァブルなメカ感覚が大変好きなので、そうなら彼がよいと思ったのだ。もしも彼が可能なら、ぼくはむしろ彼のメカ画を盛りあげるように物語を構想し、文字を書く──、とそんなことまで考える。

 島田 荘司の本も随分ご無沙汰にしていますが、これは士郎正宗画ということでご紹介。
 島田荘司でファンタジーかつメカアクションというのは相当異色。
 徳川幕府の21世紀というのはなんか凄そう。そのイメージを士郎正宗が描くということで、なかなかエキサイティング。南部鉄でできたタチコマに乗って、ちょんまげ結ったバトーが刀を下げて登場、なんてイメージを髣髴とさせる。

 2008年とは鬼が笑いそうだけど、2ヶ月に一度、士郎正宗のイラストが間に合うことを祈るばかりである(^^)。

※写真はレトロなメカがほしかったので、自前の蔵から。あまりイメージ合わずにすみません。

|

« ■黒沢清監督 映画『叫』公式サイト | トップページ | ■アスリートヒューマノイド "マノイ PF01"
  1/5 Scale Athlete Humanoid Series "MANOI PF01" »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/13661110

この記事へのトラックバック一覧です: ■島田荘司著 士郎正宗画 大河ノベル2008予定
   徳川幕府の21世紀メカアクション
:

« ■黒沢清監督 映画『叫』公式サイト | トップページ | ■アスリートヒューマノイド "マノイ PF01"
  1/5 Scale Athlete Humanoid Series "MANOI PF01" »