« ■対談会 押井守צ松岡正剛
 「21世紀のISIS:イシス ~想像力と映像~」 レポート.0
| トップページ | ■池谷裕二 『進化しすぎた脳
   中高生と語る「大脳生理学」の最前線』 感想・1 »

2007.03.15

■新刊メモ 『攻殻機動隊SACアルティメットアーカイブ』
  『BIRTH:バース スペシャルボックス』

ロマンアルバム『攻殻SAC』発売(野良犬の塒)

 実は私、都々目さとしがこちらの本の制作のお手伝いをさせていただいております。現在編集作業の大詰め段階です。私の担当部分では、以前HPや同人誌などに掲載した文章を加筆訂正して、一部流用させていただきました。(略) 神山監督のインタヴューについては、がっつりやっていただけたと思います。

 ロマンアルバム『攻殻機動隊SACアルティメットアーカイブ』

DVDセールス累計150万本を突破するという記録的大ヒットとなった「攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX」シリーズ。今回、なんと全てのシリーズを総括したコンプリートブックが登場!!
【内容】
◇後藤隆幸による描きおろしカバー ◇攻殻機動隊SACの世界観
◇設定資料集 ◇メインキャラクター紹介
◇公安9課紹介 ◇各話紹介 ◇版権イラスト紹介
◇神山監督1問1答 ◇神山監督インタビュー

 野良犬の塒の都々目さとし氏が参加された『攻殻機動隊SAC』の本が3/31に出版されるとのこと。
 都々目氏による文章が楽しみです。氏が発行されているファンジン『犬からの手紙』では押井守をはじめ、神山監督のインタビュー等、他で読めないほど、濃い話が詰まっており、今回のロマンアルバムでの記事、とても楽しみ。(実物を見る前からこれは(^^))お薦め。

金田伊功監督DVD『BIRTH:バース スペシャルボックス』(公式HP)

「1/10ユピテル・ラサ」PVCフィギュアの限定カラー版に、DVDをセットした完全受注生産のコレクターアイテムが登場。フィギュアにはバイクが付属し、劇中でのアクションシーンを再現、更にベースはアニメーター金田氏の特徴ともいえるパース的表現を表した仕様になっている。

 なんともマニアックな商品です。
 『バース』と言えば、野放図に金田アニメートが炸裂しすぎて、不発の感がいなめない金田ファンとしては忸怩たるものがある一品。この主人公のフィギュアは、「金田的パース表現」になっているとあるが、写真で見る限り、太目すぎて金田キャラの再現というにはあまりな感じ。顔のアップ(このページ中段をクリック)も全く似てないし。
 僕も金田伊功ファンだけど、これはちと、、、。

 出たという事実だけが素晴らしいスペシャルDVD。ということにしておきましょう。

|

« ■対談会 押井守צ松岡正剛
 「21世紀のISIS:イシス ~想像力と映像~」 レポート.0
| トップページ | ■池谷裕二 『進化しすぎた脳
   中高生と語る「大脳生理学」の最前線』 感想・1 »

コメント

 都々目さとしさん、こんばんは!

 わざわざお手間取らせてすみませんでした。

>>誌面には神山監督のインタヴューが掲載されておりますが、私はインタヴューの担当ではありません。内容の方は見せていただきましたが。

 すっかり誤解してました。紹介文をちゃんと読めばわかるようなものなのに、思い込みで書いてしまいました。本当に失礼しました。

 3/31の発売が楽しみです。以前いただいた『犬からの手紙』、とにかく感動して読ませていただきました。特に押井守インタビューは素晴らしかったです。なかなか商業誌でもあのように深いコメントはなかったように思いますので、じっくりと読みふけってしまいました。押井守の哲学がよりいっそう明確になっているように思いました。

 ではでは、本の発売、心待ちにさせていただきます。

投稿: BP | 2007.03.16 01:05

野良犬の塒の都々目です。「アルティメットアーカイヴ」について誤解があるので1つ。
誌面には神山監督のインタヴューが掲載されておりますが、私はインタヴューの担当ではありません。内容の方は見せていただきましたが。

投稿: 都々目さとし | 2007.03.15 02:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24373/14266379

この記事へのトラックバック一覧です: ■新刊メモ 『攻殻機動隊SACアルティメットアーカイブ』
  『BIRTH:バース スペシャルボックス』
:

« ■対談会 押井守צ松岡正剛
 「21世紀のISIS:イシス ~想像力と映像~」 レポート.0
| トップページ | ■池谷裕二 『進化しすぎた脳
   中高生と語る「大脳生理学」の最前線』 感想・1 »